「衝撃作」とは?

関連ニュース

13日の金曜日…暑~い夏をホラーで乗り切れ!Netflixで観られる最恐映画8選 - 07月13日(金)21:00 

本日は“13日の金曜日”。本格的な夏が訪れ猛暑が続くが、そんな時こそ家にこもって背筋の凍るようなホラー映画を観るというのも、また一興。明日からの三連休も全国各地で30℃超えが続きそうということで、この週末にうってつけな、Netflixで配信中のホラー作品を紹介しよう! 【写真を見る】あなたは耐えられるか?身の毛もよだつホラー作品8選『ババドック ~暗闇の魔物~』/[c]2013 Babadook Films Pty Ltd, Causeway Films Pty Ltd, South Australian Film Corporation and Screen Australia. ■ 幽霊、モンスターより怖いのは“に・ん・げ・ん”! ホラーと一口で言っても様々なジャンルがあるが、何よりも観る者をゾッとさせるのが、「自分にも起こり得るかも」と思わせる“人間の怖さ”を描いた作品。映画化もされたスティーヴン・キングの原作をNetflixがオリジナルドラマ化した「ザ・ミスト」はまさに、それを突きつけるような衝撃作だ。舞台は、町全体を覆う白い霧が発生した田舎町。しかも、霧の中には正体不明の生物が潜んでおり…という一見モンスタームービーのようだが、真骨頂は、この事態に追い詰められて平静を失っていく人々の姿。窮地に追い詰められて化けの皮がはがれた時の人間の醜さと恐ろしさと言ったら…。 また、...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】筒井康隆のシャバドゥビから、宇宙駆ける仏寺スペースオペラまで - 07月10日(火)12:43 

 年刊日本SF傑作選の十一冊目。  ぼくがこのアンソロジーを楽しみにしている理由のひとつ(もっとも大きなひとつ)は、ジャンル作品以外の「こんな小説を書くひとがいたんだ!」という出逢いだ。本書のなかでは「山の同窓会」を書いた彩瀬まる。  ありふれた同窓会の雰囲気だが、はしばしに異様な言葉があらわれる。「クラスでまだ一回も卵をつくっていないのは、ニウラを入れて三人だって」「より衰弱の進んだひと、より山に還る日が近い人ほど美しく見える」「乳母とは、大体一クラスに一人ぐらいの確率で生まれる卵の世話係のことだ」......。読み進むうちに、この世界と異なった生殖システムのうえに築かれた社会だとわかってくる。男女の性意識も異なっており、ひとことでいえば穏やかだ。しかし、だから平穏とも限らない。この作中世界ではほとんどの女性は卵をつくる本能を備えているが、主人公のニウラはそれがない。また、乳母でもない(乳母は乳腺が発達する)。まわりはそれを不思議に思ってそう口にするが、この世界ではそれがハラスメントというわけでもない。ただ、ニウラ自身は、三回の卵を産み終えてこの世を去って行く友だちを見送る、そこはかとない寂寥感がある。しかし、その感情が直接に描かれるわけではなく、たんたんとした叙述のなかに立ちのぼるのだ。この文章が非常にうまい。さらに興味深いのは、先述したように乳母になる者のほか、わずかながら海...more
カテゴリー:

【ネタばれ】『プリーチャー』シーズン3スタート! 蘇るチューリップ、故郷で過去と向き合うジェシー - 07月08日(日)12:00 

DCコミック原作の『プリーチャー』は、マニアックでディープな世界観が売りの新感覚アクションドラマ。スーパーパワーの宿る牧師ジェシー(ドミニク・クーパー)が、不死身の吸血鬼キャシディ(ジョセフ・ギルガン)を相棒に、生死をかけた冒険をテキサスの田舎町で繰り広げる。ダークでバイオレントな人気シリーズが、米AMCに帰ってきた。(以下は、同作の重要なネタばれを含みますのでご注意ください)【関連記事】牧師に宇宙の何かが憑依!?異色ドラマ『プリーチャー』のポイントが4分で分かる!解説映像◆元カノへの愛に気づいた牧師、魔女を頼る昨シーズンで主人公ジェシーは、元カノのチューリップ(ルース・ネッガ)を亡くしている。シーズン3の第1話では、死の世界の入り口に佇むチューリップの救出作戦が展開。彼女は在りし日を回想する中で、父親を守るため、銃を片手に警官に歯向かおうとしていた。死が決定的になろうとした刹那、チューリップが閉ざされている煉獄に、ジェシーの祖母(ベティ・バックリー)の魔力が届く。チューリップと過ごした日々を忘れることのできないジェシーは、彼女を復活させるよう魔女である祖母に懇願していたのだった。生と死のパワーがぶつかり合い、空間は粉々に破壊される。チューリップは神によって復活を許されるが、それと引き換えに果たさなければならない秘密の使命が。さらに、彼女の生還はジェシーとキャシディを巻き込んだ三角...more
カテゴリー:

北原里英、初めて尽くしの舞台で感じさせる期待と充実感<「新・幕末純情伝」インタビュー前編> - 07月07日(土)08:00 

北原里英が、舞台「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」(7月7日~30日、東京・紀伊國屋ホール)で初めて本格的な舞台に挑み、初主演を務める。 【写真を見る】りりしい佇まいを見せる北原里英。彼女なりの沖田総司とは? 同作品は、「新撰組の沖田総司は女だった」という物語で、劇作家・つかこうへいの代表作の一つ。これまで牧瀬里穂、広末涼子、石原さとみ、桐谷美玲らそうそうたる女優が主演を務めてきており、北原は10代目の沖田総司となる。 今作では、トレンディードラマをはじめ、数々の話題作を手掛けてきたフジテレビ・河毛俊作エグゼクティブディレクターを演出に迎え、これまでとは違った「新・幕末純情伝」に期待が掛かる。 「ザテレビジョン」では、6月上旬の稽古が始まったばかりの北原を直撃。4月にNGT48を卒業し、女優として「一つ目の大きな仕事」となる北原に、初めての舞台出演や座長としての意気込みなどを語ってもらった。 ■ “アイドル上がりの子”の舞台にはしない ――初舞台が決まったときの心境から教えてください。 舞台はいずれやってみたいと思っていたんです。観劇するのはすごく好きだったんですけど、(アイドル)現役時代にはほとんど演技をやったことがなかったので、卒業して時間が取れるようになったら、挑戦してみたいなと思っていました。ただ、こんなにも早く機会をいただけるとは思っていなかったし、こんな大きな作品だ...more
カテゴリー:

神秘の声を持つ歌姫・Aimer「ひとつの夢でもありました」初の実写映画主題歌に - 07月06日(金)20:20 

“神秘のハスキーボイス”を武器に、音楽ファンをとりこにする実力派アーティスト・Aimer(エメ)の15th single収録曲「Black Bird」が、9月7日(金)に公開される映画「累-かさね-」の主題歌に決定した。 【写真を見る】黒い羽根が背中に…まさに「Black Bird」 同映画は、“美醜”をテーマにした、松浦だるまの同名人気コミックを実写化。 伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いて生きてきた淵累と、美貌に恵まれながらも女優として花開かずにいた舞台女優・丹沢ニナの美醜を巡る人間の業を描く衝撃作だ。 そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。 「まれ」(2015年)と「べっぴんさん」(2016-2017年、共にNHK総合ほか)で、NHK連続テレビ小説に主演した土屋太鳳と芳根京子の2人が、口紅の力で “キスをした相手と顔が入れ替わる”という設定を踏まえ、1人2役(累&ニナ)であり、2人1役という難役に挑む。 ■ Aimerが主題歌を担当 そしてこのたび、深みのあるハスキーボイスで、若者を中心に多くのファンを魅了し続ける女性シンガー・Aimer(エメ)が主題歌を担当することが明らかになった。 本作のために書き下ろした「Black Bird」は、主人公の心の叫...more
カテゴリー:

「蜘蛛ですが、なにか?」がアニメ化企画進行中!著者&イラストレーターのコメントも公開! - 07月10日(火)18:53 

「小説家になろう」発、PV数は3億7000万突破、シリーズ累計120万部突破(2018年7月現在)の大人気作「蜘蛛ですが、なにか?」。本日7月10日に発売された「蜘蛛ですが、なにか? 9」と、コミック「蜘蛛ですが、なにか? 5」の帯にて同作のアニメ化が発表されました。 コミック版「蜘蛛ですが、なにか?」は「ヤングエースUP」にて好評連載中! 女子高生だったはずの「私」は目覚めると……なんと「蜘蛛」に転生していた! 周囲は毒カエルや猿の化け物、果ては龍まで……ってコレもう詰んでいない!?  種族底辺・メンタル最高女子の迷宮サバイバル。ネット中が応援した衝撃作の続報に期待です。 【著者・馬場翁さんコメント】 祝! アニメ化企画進行中!『蜘蛛ですが、なにか?』原作者の馬場翁です。この度おめでたい発表をすることができました。わーい、パチパチ! これもひとえに応援してくださっている読者の皆様のおかげです! ありがとうございます! 【イラスト・輝竜司さんコメント】 一ファンとしても嬉しすぎて、うまく言葉がまとまりません。どんな風に蜘蛛子ちゃんの最弱からのサバイバルに、クラスメイト達の群像劇に命が吹き込まれていくのか、楽しみでなりません……!(WebNewtype)
カテゴリー:

『ハンドメイズ・テイル』イヴォンヌ・ストラホフスキー、第一子出産間近なことが明らかに - 07月08日(日)18:00 

ゴールデン・グローブ賞作品賞や主演女優賞など数々の賞を受賞し、シーズン3の製作も決定している『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』。同作で、ギレアド共和国高官の妻で、オブフレッド(エリザベス・モス『MAD MEN マッドメン』)を侍女に持つセリーナ・ジョイを演じるイヴォンヌ・ストラホフスキー(『CHUCK/チャック』)が、妊娠しており、出産を控えていることが明らかになった。英Dailymailが報じている。【関連記事】デジャヴな近未来でたくましく生きる女性たち 『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』オーストラリア出身で35歳のイヴォンヌは、6月30日(土)にシドニー・モーニング・ヘラルド紙に妊娠中の第一子の出産が迫っていることを発表。それまでスタッフにも妊娠を内密にしていたが、誰も気が付かなかったようで、体調が悪そうなときは風邪でもひいているのだろうと思われていたという。そして思い切って、シーズン2第9話の撮影をしていたときに「あのね、妊娠しているの」とキャストに告げたという。同作で演じるセリーナは、妊娠できないという役のため、同作のファンである歌手ジョン・レジェンドの妻で、モデルのクリッシー・テイゲンが「傷ついたわ。だまされた感じ」とツイート。そのことに対してイヴォンヌは、「そうなの、私はファンの気持ちを考えない身勝手な人間なのよ。自分の思うように進む人生を歩もうと思ってそうしている...more
カテゴリー:

『FARGO』キルステン・ダンスト主演ドラマ、YouTube Premiumで配信決定! - 07月08日(日)08:00 

映画『ファーゴ』をドラマ化した『FARGO/ファーゴ』シーズン2に主演し、アメコミ映画『スパイダーマン』シリーズのヒロイン役でも知られるキルステン・ダンスト。彼女が主演する新作ドラマ『On Becoming a God in Central Florida(原題)』が、YouTube Premiumで配信されることがわかった。米Varietyが報じている。【関連記事】『FARGO/ファーゴ』では数々の賞にノミネートされたキルステン・ダンスト本作は、1990年代のフロリダ州オーランドが舞台となり、キルステンが演じるのはウォーターパークで働く未亡人クリステン・ギル。最低賃金で働いていた彼女が、自分を破滅に追い込んだネズミ講の組織でトップに立つために、画策を凝らしながらのし上がっていく姿をユーモラスに描かれる。本シリーズは2017年に『ウォーキング・デッド』などの放送局として知られる米AMCにてプロジェクトが動き出していたが、YouTubeの有料サービスYouTube Premiumでシリーズが製作されることになったようだ。全10話となるシーズン1はパイロット版なしでのシリーズ製作が決定し、2019年に配信スタート予定。キルステンは主演するだけでなく、ジョージ・クルーニー(『ゼロ・グラビティ』)、『アルゴ』や『マネーモンスター』など手掛けてきたグラント・ヘスロヴと共に製作総指揮にも名を連...more
カテゴリー:

土屋太鳳VS芳根京子「調子に乗ってんじゃないわよ偽者風情が!」魂の演技に震撼 - 07月07日(土)07:05 

イブニング新人賞出身の新鋭・松浦だるまが“美醜”をテーマに描いた同名人気コミックを実写化し、9月7日(金)に公開される映画「累 -かさね-」より最新の予告映像が解禁。土屋太鳳、芳根京子という若手きっての実力派女優2人の“魂の演技”に、早くも大反響が上がっている。 【写真を見る】劇中では罵倒し合う2人も、オフでは仲良し♪ キュートなハグショット/※画像は土屋太鳳(taotsuchiya_official)公式Instagramのスクリーンショットです 同映画は、伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いて生きてきた淵累と、美貌に恵まれながらも女優として花開かずにいた舞台女優・丹沢ニナの美醜巡る人間の業を描く衝撃作。 2人がキスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。 共にNHKの連続テレビ小説に主演した経験を持ち、演技力には既に定評がある土屋と芳根の2人だが、口紅の力で “キスをした相手と顔が入れ替わる”という設定を踏まえ、1人2役(累&ニナ)であり、2人1役というこれまでのキャリアでも有数の難役に挑むことも話題となっている。 7月6日には圧倒的歌唱力を誇るアーティスト・Aimerが主題歌を務めることも発表になった。 ■ 衝撃の予告映像解禁 さらに同時にそのAimerのエモーショナルな歌...more
カテゴリー:

Aimerが実写映画の主題歌に初挑戦!土屋太鳳vs芳根京子の強烈な演技バトルを盛り立てる - 07月06日(金)05:00 

累計発行部数220万部を突破した、講談社「イブニング」で連載中の松浦だるまの同名人気コミックを映画化し、ダブル主演を務める土屋太鳳と芳根京子がそれぞれ1人2役で2人1役という難易度の高い演技に挑戦したことで話題を集めている『累-かさね-』が9月7日(金)から公開。このたび本作の最新予告映像が到着し、若者を中心に圧倒的な指示を集める女性シンガー、Aimerが主題歌を担当することが明らかになった。 【写真を見る】注目のシンガー、Aimerが主題歌に抜擢!深みのあるハスキーボイスで魅了する/[c]2018映画「累」製作委員会 [c]松浦だるま/講談社 幼い頃から自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた累は、キスをした相手の顔を奪う力を秘めた不思議な口紅を手にする。そんなある時、累は圧倒的な“美”を持つ女優・ニナと出会う。天才的な演技力を持つ累と、恵まれた美しさを持つニナの2人は、口紅を使ってお互いの顔を入れ替えることを決断。“完璧な女優”丹沢ニナとして脚光を浴びるのだが、2人の前に新進気鋭の演出家・烏合が現れ、運命の歯車が狂い始める。 このたび到着した予告映像では、土屋と芳根、いまをときめく若手屈指の演技派女優2人が激しく罵り合い、そして揉み合う衝撃の仕上がりに。2人の熾烈な演技バトルを、烏合を演じる関ジャニ∞の横山裕をはじめ、宝塚歌劇団の元トップスター・檀れい、世界を股にかけて活躍する浅野忠...more
カテゴリー:

もっと見る

「衝撃作」の画像

もっと見る

「衝撃作」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる