「蒼井優」とは?

関連ニュース

【映画】塚本晋也監督、時代劇に初挑戦 池松壮亮&蒼井優『斬、』11・24公開 - 06月23日(土)15:32  mnewsplus

https://www.oricon.co.jp/news/2114136/full/ 2018-06-23 05:00  『鉄男 TETSUO』(1989年)、『KOTOKO』(2011年)、『野火』(14年)などで知られ、俳優としても活躍する塚本晋也監督の最新作『斬、』(ざん、)が、11月24日より公開されることが決定した。 初めて時代劇に挑み、監督・出演・脚本・撮影・編集・製作を務めた完全オリジナル作品。池松壮亮が主演を務め、ヒロイン役で蒼井優が共演。 塚本監督は「最高に贅沢な作品となりました。一本の刀を過激に見つめる一人の若い浪人の姿を通して、過去から今という時代に斬り...
»続きを読む
カテゴリー:

池松壮亮&蒼井優が塚本晋也監督と時代劇で初タッグ!『斬、』公開決定 - 06月23日(土)05:15 

『野火』(14)で第71回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品されたほか、第70回毎日映画コンクールで2部門に輝くなど大きな話題を集めた塚本晋也監督が、初めて時代劇に挑戦する最新作『斬、』が11月24日(土)から公開されることが決定した。 【写真を見る】世界中に衝撃を与えた『野火』以来の最新作!塚本晋也監督が時代劇に初挑戦/[c]SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER 塚本自らが監督・出演・脚本・撮影・編集・製作の6役を務めた完全オリジナル作品となる本作。250年にわたり平和がつづいてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期の江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と、彼に関わる人々を通して生と死の問題に迫る。 物語の主人公で、文武両道で才気あふれる浪人を演じるのは池松壮亮。昨年公開された『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ】(17)で高評価を受けた彼は、第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』(公開中)をはじめ『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』(公開中)や『君が君で君だ』(7月7日公開)など話題作への出演がつづいている。 そして、浪人の隣人である農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)で第41回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞...more
カテゴリー:

池松壮亮×蒼井優! 塚本晋也監督初の時代劇「斬、」11月24日公開 - 06月23日(土)05:00 

塚本晋也監督が挑んだ初の時代劇映画「斬、」が、11月24日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開されることがわかった。主演は池松壮亮、ヒロインには蒼井優が起用されており、ともに塚本作品への...
カテゴリー:

塚本晋也監督、初の時代劇『斬、』11月公開 池松壮亮×蒼井優共演 - 06月23日(土)05:00 

 塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優が共演する映画『斬、』で、初の時代劇に挑むことが明らかになった。塚本監督は「一本の刀を過激に見つめるひとりの若い浪人の姿を通して、過去から今という時代に斬り込んでくる作品になったと思います」と手応えを語っている。【写真】「池松壮亮」フォトギャラリー 本作は、塚本監督が、出演・脚本・撮影・編集・製作を務める完全オリジナル作品。250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期の江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る。 主演の池松は、本作で文武両道で才気あふれる浪人を渾身の力で演じる。浪人の隣人である農家の娘を演じる蒼井は、不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさで体現。共に本作で初めて塚本作品への参加を果たす。 池松は「これまでの俳優人生の中でもかけがえのない作品に出会えたと思っています。この世界の悦びと、同じ数だけある痛みを、11月24日、塚本晋也監督が見せてくれると思います」とコメント。蒼井は「15歳の私が映画を好きになったきっかけの1本が、塚本監督の「双生児」でした。その塚本監督の下、3週間という短い期間でしたが、映画作りに本当に大切なものだけに支えられた現場は、私にとってこの上なく幸せでした」と振り返っている。 ほかのキャストには、『B...more
カテゴリー:

松山ケンイチ&染谷将太の神々しいビジュアル解禁! 実写版「聖☆おにいさん」続報 - 06月20日(水)18:55 

既に“奇跡のドラマ化”と大きな話題となっている実写版「聖☆おにいさん」より、イエス役・松山ケンイチとブッダ役・染谷将太のビジュアルが解禁された。 【写真を見る】監督・福田雄一、製作総指揮・山田孝之という最強タッグ!/(C)中村 光・講談社/パンチとロン毛 製作委員会 本作は、中村光による累計発行部数1600万部を超える大人気コミックを実写ドラマ化したもの。 無事に世紀末を終えた聖人イエスとブッダが、東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら、下界のバカンスを満喫する姿を描く。 作品への注目度もさることながら、今回の実写化は人気俳優・山田孝之が製作総指揮をとり、「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」など数々の人気コミックの実写化を手掛けた福田雄一が監督・脚本を務めるという、最強タッグにも期待が高まっている。 今回2人のビジュアル解禁の他、本編には収録されないオリジナル宣伝映像「聖☆おにいさん」のVR特典映像が、今夏リリースされる「ピッコマTV」にて公開される。 福田にとって初のVR作品となる本作は、2人が暮らす6畳一間に入ったかのような体験ができる仕様に。 特典映像の撮影は、決まったセリフのない松山と染谷の掛け合いによる即興アドリブで撮影が進められ、2人のライブ感あふれる芝居とコンビネーションで「聖☆おにいさん」の世界観を堪能できる作品となった。 実写化「聖☆おにいさん」は、2018年秋よ...more
カテゴリー:

【モー娘。】人気女優らの「ハロプロ愛」が凄すぎる…松岡茉優、桐谷美玲、新木優子、蒼井優、菊池亜希子ら ハロプロ好き続々 - 06月23日(土)11:23  mnewsplus

先月第71回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを受賞した映画『万引き家族』にて、 圧倒的存在感を放つ女優・松岡茉優。彼女は“アイドルオタク”という意外な一面も持つ。 「新生モーニング娘。の大ファン」と公言する松岡は、過去にも自身の一番のひいきメンバー、通称“推しメン”が鞘師里保であること、 彼女を応援するうちグループ全体を応援する“箱推し”になったことに加え、 「ハマるっていうか、人生(そのもの)」と溢れるモー娘。愛を語ってきた。モーニング娘。 を筆頭にした“ハロプロ”ことハロー!プロジェクトの...
»続きを読む
カテゴリー:

塚本晋也監督、時代劇に初挑戦 池松壮亮&蒼井優『斬、』11・24公開 - 06月23日(土)05:00 

 『鉄男 TETSUO』(1989年)、『KOTOKO』(2011年)、『野火』(14年)などで知られ、俳優としても活躍する塚本晋也監督の最新作『斬、』(ざん、)が、11月24日より公開されることが決定した。初めて時代劇に挑み、監督・出演・脚本・撮影・編集・製作を務めた完全オリジナル作品。池松壮亮が主演を務め、ヒロイン役で蒼井優が共演。塚本監督は「最高に贅沢な作品となりました。一本の刀を過激に見つめる一人の若い浪人の姿を通して、過去から今という時代に斬り込んでくる作品になったと思います」と手応えをにじませた。 【写真】メガホンをとった塚本晋也監督  物語の舞台は、250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される一人の浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る。文武両道で才気あふれる浪人を池松、浪人の隣人である農家の娘を蒼井が演じ、共に初参加となった塚本監督作品でのぶつかり合うような演技合戦も見どころとなる。  池松は「これまでの俳優人生の中でもかけがえのない作品に出会えたと思っています。この世界の悦びと、同じ数だけある痛みを、11月24日、塚本晋也監督が見せてくれると思います」とコメント。  「15歳の私が映画を好きになったきっかけの1本が、塚本監督の『双生児』でした」と振り返った蒼...more
カテゴリー:

池松壮亮×蒼井優! 塚本晋也監督初の時代劇「斬、」11月24日公開 - 06月23日(土)05:00 

 塚本晋也監督が挑んだ初の時代劇映画「斬、」が、11月24日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で公開されることがわかった。主演は池松壮亮、ヒロインには蒼井優が起用されており、ともに塚本作品への参加は初となった。  塚本監督が出演、脚本、撮影、編集、製作も兼ねた完全オリジナル作品。物語の背景は、250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻ろうされるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して“生と死の問題”に迫る衝撃作だ。  「鉄男」「六月の蛇」「KOTOKO」といった作品で世界中のファンを魅了し、前作「野火」では、究極の状況下での人間の姿を描き戦争の恐怖をあぶり出してみせた塚本監督。「このたび初めての時代劇に挑戦しました。池松壮亮さんと蒼井優さんを迎え、最高に贅沢な作品となりました」と自信をにじませると、その内容について「1本の刀を過激に見つめるひとりの若い浪人の姿を通して、過去から今という時代に斬り込んでくる作品になったと思います」と説明している。  文武両道で才気あふれる浪人を演じた池松は、「これまでの俳優人生の中でもかけがえのない作品に出会えたと思っています。この世界の悦びと、同じ数だけある痛みを、11月24日、塚本晋也監督が見せてくれると思います」と充実の面持ち。浪人の隣人である農家の娘に扮...more
カテゴリー:

ミッツ・マングローブ「人生はごっこ遊び」 本気の遊びから生まれる新時代の歌謡曲 - 06月22日(金)12:00 

 バラエティ番組への出演をはじめとするタレント業のほか、アーティストとしても活動を続けるミッツ・マングローブ。今年1月には、作家・五木寛之氏の作詞・作曲によるシングル「東京タワー」をリリース。また、05年にギャランティーク和恵、メイリー・ムーと結成した音楽ユニット・星屑スキャットでは、単独公演を行うほか各種イベントに出演し、4月には結成14年目にして初のアルバム『化粧室』を発表した。ミッツに充実の度合いを増す音楽活動について話を聞きつつ、アーティストとしての根底にあるものを探ってみた。 【写真】アーティスティックな星屑スキャットの3ショット <本文> ■私って、こんなに下手だった!? ――ソロシンガーとしての活動と、星屑スキャットでの活動は、どのように分けているんでしょう。 【ミッツ・マングローブ】 ソロはたまにしかやりませんけど(「東京タワー」はソロとして6年ぶり3作目のシングル)、その時は「まな板の上に載ろう」という意識で、ユニットの方は「自分で舵を取ろう」と思って活動しています。星屑スキャットは、自分を含めた3人のメンバーをプロデュースするという感覚でやっていますね。 ――「東京タワー」を歌おうと思ったのは? 【ミッツ】 それはせっかく声をかけていただけたことですし、私としてはやらないと決めていたわけではなくて、単に6年間そういうお話がなかっただけのことですから(笑...more
カテゴリー:

松山ケンイチ&染谷将太が神々しい…実写「聖☆おにいさん」ビジュアル&VR映像披露 - 06月20日(水)17:00 

 中村光氏の人気漫画を実写ドラマ化する「聖☆おにいさん」のビジュアルと宣伝オリジナル映像が、このほどお披露目された。松山ケンイチ演じる神の子・イエス、染谷将太扮する目覚めた人・ブッダの“神々しい姿”が確認できる。  2006年からコミック誌「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載されている「聖☆おにいさん」は、09年度「このマンガがすごい!オトコ編」第1位、第13回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、累計発行部数1600万部を記録した異色のギャグ漫画。無事世紀末を終えた聖人イエスとブッダが、東京・立川でアパートをルームシェアリングしながら、下界のバカンスを満喫しているという設定が話題を呼び、13年には、森山未來と星野源を声優に迎えたアニメーション映画として劇場公開された。実写ドラマ版は、俳優の山田孝之が製作総指揮を務め、「銀魂2 掟は破るためにこそある」(8月17日公開)も控える福田雄一が監督&脚本を担当する。  「神ing soon…」というコピーが添えられたビジュアルは、イエスとブッダが朝の食卓を囲む“ゆる~い日常”を活写したもの。ブッダの螺髪(らほつ)、イエスが付けたいばらの冠、「シッダールタ」「ジーザス」と印字された2人のTシャツ、ちらりと見える金ピカの仏像など、原作ファンであればニヤリとしてしまう再現度の高さだ。あまりに完成度が高すぎるため、製作陣は「これはどこからか、お叱り...more
カテゴリー:

もっと見る

「蒼井優」の画像

もっと見る

「蒼井優」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる