「葛飾区」とは?

関連ニュース

『ジャンプ展』開幕記念 『ジャンプ+』でワンピース、ナルトなど連載開始した当時の号を公開 - 07月17日(火)00:00 

 2000年代の『週刊少年ジャンプ』に掲載された漫画の歴史を振り返る展覧会『週刊少年ジャンプ展 VOL.3―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―』が、東京・六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開幕した。それを記念して、漫画アプリ『少年ジャンプ+』で『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『BLEACH』など5作品が、新連載として開始した当時の号が無料公開された。 【表紙画像】『NARUTO』や『BLEACH』が新連載された懐かしい当時の号がズラリ  『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『BLEACH』『ハイキュー!!』『僕のヒーローアカデミア』が新連載として開始した当時の同誌を特別編集。同展開催期間の17日~9月30日まで『少年ジャンプ+』のアプリとWEBサイトで無料公開し、その号に開催されていたほかの漫画や目次を当時の雑誌の風合いを残したまま収録している。  また、16日からは東京メトロ・半蔵門線の渋谷駅に同展の大型広告が登場しており、この年代を代表する19作品から、『ONE PIECE』のルフィとエース、『NARUTO-ナルト-』のうずまきナルトとうちはサスケ、『BLEACH』の黒崎一護と朽木ルキアなどを見ることができる。 ■大型柱巻き広告の登場作品とキャラクター(作品名50音順) 『アイシールド 21』:小早川セナ×蛭魔妖一 『暗殺...more
カテゴリー:

打ち上げ数が1万発以上、東京【7大】花火大会!次々あがる花火に感動して - 07月14日(土)10:00 

目の前で次々に打ち上がり、頭上で大輪を咲かせる美しい花火、あたり一面に響き渡るドンという音…。見る人を感動の渦に巻き込む、夏の一大イベント花火大会。東京都内でこの夏に開催される花火大会のなかから、1万発以上の打ち上げ数を誇る、大規模なイベントをピックアップしてご紹介。夏夜は大切なひとを誘って、夜風を感じながら、情緒溢れる花火見物を楽しもう。【【2万発】浅草の夜空に咲き誇る大輪の花!下町×日本最古の花火大会「隅田川花火大会」7/28(土)】日本最古の花火大会と言われる「隅田川花火大会」の歴史は、江戸時代の享保18年(1733年)にまでさかのぼる。今では“東京三大花火大会”のひとつに数えられ、打ち上げ数や来場者数ともに全国有数の規模を誇ることで有名。第一会場の浅草と第二会場の両国の夜空を彩る、合計約2万発もの花火をのんびり眺めるひとときを。【【1万4000発】富士に花吹雪が舞う花火に乱れ打ちも。8つのテーマで贈る「江戸川区花火大会」8/4(土)】8つのテーマで楽しめる「江戸川区花火大会」。オープニングを飾る「絢爛!江戸川夢華火!」は、毎年恒例の5秒1000発打ち。ほかにも、雄大な富士に花吹雪が舞う景色をイメージした「桜花爛漫~富士の空~」など、約10分ごとに次々とテーマが入れ替わっていく。BGMに合わせて打ち上がる花火ショーに目が離せない!【【1万3600発】伝統の「ナイアガラ」に新演...more
カテゴリー:

【調査】2040年に人口が増加しているのはさいたま市、川崎市、福岡市 「自治体戦略2040構想研究会」が最終報告 - 07月12日(木)17:07  newsplus

◆2040年に人口が増加しているのはさいたま市、川崎市、福岡市!!「自治体戦略2040構想研究会」が最終報告。 総務省の「自治体戦略2040構想研究会」は7月3日、最終報告をまとめた。 2040年頃までの地方が抱える課題、その対応策などについてまとめたものであるが、今回はその前段に記載のあった「人口段階別市区町村の変動(2015→2040)【H30推計】」なる表について紹介したい。 この表は、国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成30.3)」から作成しているが、全国各市区町村の規模別に、2040年の人口が2015...
»続きを読む
カテゴリー:

【新商品】カメラで遊べる子供向けタブレット学習トイ - 07月12日(木)05:00 

タカラトミー(東京都葛飾区)は、「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズカメラで遊んで学べる!マジックタブレット」を14日に発売する。自分をカメラに映し…
カテゴリー:

【首都水没】豪雨が東京直撃だったら…「死者7400人、被害総額64兆円」と専門家が試算 - 07月09日(月)22:49  newsplus

 西日本を中心に大きな被害を出した豪雨災害は、9日午後現在、13府県で死者が100人を超え、80人以上が行方不明となっている。気象庁によると、7月8日までに1000ミリ以上の降雨量が観測されたのは高知県の8地点、岐阜県の4地点、徳島県の2地点、長野県の1地点にのぼる。広範囲にわたる豪雨が、被害を拡大させた要因となった。 【図】都が想定する高潮浸水想定図はこちら .  今回の被害は、頻発する自然災害に対応しきれない日本の現実を明らかにした。それは、被害を受けなかった地域の防災担当者も震撼させている。なかでも警...
»続きを読む
カテゴリー:

音楽と花火が連動する東京近郊の花火大会6選!和楽器×クラシックやミュージックスターマインも - 07月14日(土)10:00 

見る人を感動の渦に巻き込む、夏の一大イベント花火大会。なかでも、音楽と花火をシンクロさせたミュージック花火は見ごたえ抜群です。東京近郊でこの夏に開催される花火大会のなかから、ミュージックスターマインをはじめとした、音楽とシンクロする花火が楽しめる花火大会をピックアップしてご紹介。音楽の演出とともに、夏の夜空を彩る壮大な花火ショーを楽しもう。【クラシックと和楽器を組み合わせたデジタルスターマインが見どころ!「葛飾納涼花火大会」7/24(火)】柴又で行われる「葛飾納涼花火大会」。2018年は約13000発を6つのステージにわけ、葛飾の夜を華麗に彩る。クラシックと和楽器を組み合わせたデジタルスターマインのほか、紅と青の上下2段の花火で演出する「富士山ナイアガラ」や区にゆかりあるキャラクターの花火、葛飾区の歴史と絆を表現する日本伝統の和火などが見どころ。グランドフィナーレでは、オーロラのようにさまざまな色へと変わりゆく幻想的な「大空中ナイアガラ」で締めくくる。【音楽や光の演出、歌舞伎とのコラボも。12000発の花火を打ち上げる「東京花火大祭~EDOMODE~」8/11(土)】東京湾の新たな夏の風物詩「東京花火大祭~EDOMODE~」。日本を代表する花火師が集結して音楽や光の演出とともに12000発の花火を打ち上げる。江戸と東京の融合をコンセプトに、江戸時代に生まれた花火文化と、音楽や食、芸...more
カテゴリー:

週刊少年ジャンプ展VOL.3がいよいよ開催!内覧会レポート - 07月12日(木)19:00 

「週刊少年ジャンプ」創刊50周年を記念し、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催される「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」。7月17日(火)からは、第3弾となる「週刊少年ジャンプ展VOL.3-2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」がスタートする。内覧会に参加した編集部が、2000年代から現在連載中の作品までにフォーカスした同展の模様を一足先に紹介しよう! 【写真を見る】『暗殺教室』松井優征先生が自ら制作した「殺せんせー」のアクションフィギュア/(C)松井優征/集英社 週刊少年ジャンプ展VOL.3のポイントは、展覧会の各エリアで携帯電話、スマートフォン、タブレットでの写真撮影が可能なこと(一眼レフカメラ、コンパクトカメラ等は使用不可)。平日はなんと、一部の展示を除いて全エリアで撮影可。土日祝日および8月13日(月)~17日(金)、9月25日(火)~28日(金)は撮影エリアが限られる。撮影に関する諸注意は展覧会入り口に掲示されているので要チェックだ。 入り口からすぐのエリアでは、ジャンプ本誌に見立てたスクリーン上に全展示作品が登場するオープニングムービーが出迎える。また、オープニングムービーの隣には、壁一面にジャンプコミックスがずらりと並べられている。これは全出展作品と、2000年1月1日以降に発行された「週刊少年ジャンプ」掲載作品のジャンプコミックスの第...more
カテゴリー:

『週刊少年ジャンプ展 VOL.3』内部公開 ワンピース、ヒカルの碁、いちご100%の原画が大集合 - 07月12日(木)12:00 

 2000年代の『週刊少年ジャンプ』に掲載された漫画の歴史を振り返る展覧会『週刊少年ジャンプ展 VOL.3―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―』が、東京・六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで17日に開幕する。それに先立ち、きょう12日に内覧会が行われた。 【写真】ヒカルの碁、いちご100%などの原画が大集合  同展は、『週刊少年ジャンプ』創刊50周年を記念して2017年夏に第1弾「創刊~80年代展」、6月中旬まで第2弾「90年代展」を開催していた。そして今回開催する第3弾は、『ONE PIECE』(ワンピース)『NARUTO―ナルト―』『ヒカルの碁』『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)『BLEACH』(ブリーチ)『暗殺教室』『いちご100%』など2000年代の作品が多数展示される。  各作品をイメージした空間で会期を通じて440点以上の原画、本展のために描き下ろされた19作品のイラストなどを展示。さらに、同展覧会に設置している同誌最新号の原画が展示されるコーナーでは、17日~22日の期間だけ、同誌33号(14日発売)に掲載される尾田栄一郎氏の『ONE PIECE』巻頭カラーイラストと久保帯人氏の読切作品の原画を公開。毎週変わる展示作品については、公式サイトで随時公開する。 ■描き下ろしイラスト展示予定作品 ・『アイシールド21』 ・『暗殺教...more
カテゴリー:

「週刊少年ジャンプ」創刊50周年記念特大号で『こち亀』復活 - 07月10日(火)15:30 

14日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)の創刊50周年記念特大号に、2016年まで約40年連載された秋本治さんの人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作…
カテゴリー:

ジャンプ:50周年で「こち亀」新作 10カ月ぶりの復活 - 07月09日(月)17:58 

 14日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)の創刊50周年記念特大号に、2016年まで約40年連載された秋本治さんの人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作が掲載されることが9日分かった。
カテゴリー:

もっと見る

「葛飾区」の画像

もっと見る

「葛飾区」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる