「萩本欽一」とは?

関連ニュース

弘中綾香アナ「最低」と大ブーイング!爆笑問題・太田光が、学生時代にとった“ある行動” - 10月02日(水)13:08 

爆笑問題・太田光と今話題の講談師・神田松之丞がそれぞれの言葉で世の中を斬る“悩みに答えない”毒舌相談室「太田松之丞」の第11夜が、10月2日(水)の『お願い!ランキング』で放送される。©テレビ朝日この日の進行を務めるのは、弘中綾香アナウンサー。毒舌家の太田と松之丞が「後悔」をテーマに語り合う。◆松之丞が「自身の悪」を初認識した出来事本日の小さな相談は「タイムマシンで行くなら過去or未来どっち?」。松之丞は、伝統芸能でもある講談師は歳を重ねるほど味が出る稼業なので、未来に対して楽観視しているそう。後悔が多いので行くなら過去がいいと、中学3年生のときに同級生の女の子に告白された話を紹介。マドンナ的存在ですごく嬉しかったが、返事はまさかのNOだったという。©テレビ朝日一方の太田は、今でもバレンタインデーが来るたびに思い出すという小学生のときの話を明かす。下級生の女の子からチョコをもらったが、照れ隠しに女の子の目の前でチョコを川に投げたという行動に、弘中アナウンサーも「最低!」と大ブーイング。しかしその後、女の子がまさかの行動に出たという。©テレビ朝日また、松之丞は「自身の悪」を生まれて初めて認識した小学6年生の「わんぱく相撲」でのエピソードを。友だちとベスト4まで上り詰めたが、他校の強豪と対戦したくない松之丞がとった行動が明らかになる。©テレビ朝日さらに話は広がり、2人の「初体験」の話へ...more
カテゴリー:

「このM-1で飲める!」実力派芸人たちが口々に語る”ブラマヨの呪縛”:ゴッドタン - 10月01日(火)09:59 

【配信終了日:10月5日(土)】動画はこちら9月28日(土)放送の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時45分)は、「お笑いを存分に語れるBAR2」をお届け。普段語ると周りに引かれてしまいがちな芸人によるお笑いの話。それでもやっぱり大好きなお笑いについて語りたい! そんな熱い想いを抱いた芸人が集まって各々の気持ちをぶつけることができる場が「お笑いを存分に語れるBAR」です。今回は、ナイツ(塙宣之・土屋伸之)、かまいたち(山内健司・濱家隆一)、スピードワゴン・小沢一敬、東京03・飯塚悟志が漫才をテーマにして語り合います。まずおぎやはぎ・矢作兼が選んだテーマは「このM-1で飲める」。早速塙がM-1の歴史について説明。塙が好きなM-1の漫才は、2005年に優勝したブラックマヨネーズ。「関東の芸人はコントのキャラクターで圧力をかけていく。(ブラマヨは)人間と人間の圧力がぶつかった時に爆発が起きて、見ていて鳥肌がたった」と説明します。土屋も「この優勝が完璧すぎて、2006年から2010年までの大会は『ブラマヨの呪縛』が......」とコメント。2本目のネタでさらに超えていくというブラマヨのスタイルを目指しすぎたため「1本目に力が出せない」コンビが続出したと解説します。また、山内いわく、競技用の漫才に特化したネタを作るコンビと自分たちが面白いと思える愛せる漫才を作るコンビとパターンが分かれるのだとい...more
カテゴリー:

「萩本欽一」の画像

もっと見る

「萩本欽一」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる