「航空機」とは?

関連ニュース

MRJ、開発遅延はもはや「過去の事」=三菱航空機 - 07月19日(木)08:16 

[ファンボロー(英国) 18日 ロイター] - 三菱航空機の幹部は18日、開発中の国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」について、納期の延期はもはや過去の出来事だとし、開発はスケジュール通りに進んでいると強調した。
カテゴリー:

ANA「1000便欠航」招いたエンジン問題の真因 夏の多客期に痛手、9月以降も欠航続く見込み | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン - 07月19日(木)06:00 

全日本空輸(ANA)の国内線で大規模欠航が長期化している。同社のボーイング「787」型機に搭載している英…
カテゴリー:

2日間で9700人に影響 航空機 63便が遅れや欠航 - 07月19日(木)05:00 

 那覇空港に着陸した航空自衛隊那覇基地所属・E2C早期警戒機のタイヤがパンクして動けなくなり、1時間41分にわたって滑走路が閉鎖されたトラブルの影響は18日も続いた。航空機が予定地に到着できなかったため、日本トランスオーシャン航空(JTA)の4便が欠航。琉球新報のまとめでは17、18日の2日間で少なくと...
カテゴリー:

繝懊?繧、繝ウ繧ー縲∵ャ。譛溽アウ螟ァ邨ア鬆伜ーら畑讖溘r4400蜆??縺ァ蜿玲ウィ - 07月18日(水)20:37 

[ワシントン 17日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは、次期大統領専用機「エアフォースワン」2機を建造する総額39億ドルの契約を受注した。「747─8」型機に基づいて新たな大統領専用機を開発する。納期は2024年12月。米国防総省が17日明らかにした。 国防総省によると、ボーイングは今年2月に次期大統領専用機の開発に関して非公式に合意していたが、今回の契約は設計、改修、
カテゴリー:

航空機の安全運航に貢献 HBCに国交省航空局から感謝状 - 07月18日(水)19:45 

HBCが開発したソフトウェアが航空機の運航の安全に貢献したとして、18日、国土交通省から感謝状が贈られました。2018年07月18日(水) 18時00分 更新
カテゴリー:

「MRJ納期 何とか守れる」 三菱航空機社長、初号機で自信 - 07月19日(木)06:06 

三菱航空機の水谷久和社長(66)は17日、共同通信のインタビューに応じ、開発中の旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、2020年半ばとしている全…
カテゴリー:

米、新大統領専用機は39億ドル ボーイング受注、経費節減後退 - 07月19日(木)05:53 

 米航空機大手ボーイングが、次期大統領専用機「エアフォースワン」として使用する2機の開発・改造・試験を行う39億ドル(約4400億円)相当の契約を獲得したことが関係者の話で分かった。トランプ米大統領はこれまでに、大統領専用機の費用が高過ぎるとして、ボーイングを批判していた。
カテゴリー:

MRJ:新規受注できず 開発遅れ響き、業界再編も影 - 07月18日(水)21:58 

 国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)が、英国で開催中のファンボロー国際航空ショーで初のデモ飛行を披露した。世界の航空関係者にMRJの性能をアピールしたものの、開発の遅れが響き、2年ぶりの新規受注は得られない見通しだ。航空機大手の米ボーイングと欧州エアバスが、MRJのライバルを傘
カテゴリー:

MRJ:2日目飛行を中止 英見本市、機体の一部損傷で - 07月18日(水)19:59 

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が、英国南部の航空見本市で17日に予定していた2日目のデモ飛行を中止した。ロイター通信が報じた。
カテゴリー:

北海道エアシステム、ATR42-600型機導入 3機発注で覚書締結 - 07月18日(水)19:08 

北海道エアシステムとATRは、ATR42-600型機3機の発注に関する覚書を締結した。 現在運航中のSAAB340B型機を更新するもので、確定2機とオプション1機の3機が含まれる。2020年より運航を開始する予定。 北海道エアシステム(HAC)の桑野洋一郎代表取締役社長は、「新しいATR42-600は広々とした客室が特徴で、居住性が格段に向上します。また冬季の運航実績も豊富であり、寒冷地である北海道での運航にも信頼性が増しています。この新しい機材で、これまで培ってきた安全運航体制のもと、今後も北海道地域のネットワークを維持し、皆さまの生活のため、安全で快適な移動空間を提供します」とのコメントを発表した。 ATRのクリスチャン・シェーラー最高経営責任者(CEO)は、「ATRが日本に適した機材であることを目にし、とても嬉しく思います。他の航空機の追随を許さない高い経済性とそれ以上のものを提供することにより、JALグループの支持を得られたことは、私たちの機体が、快適性や環境への配慮、地域交通への貢献などを重要視する先進的な社会に適していることを証明してくれます」とコメントした。 JALグループでは、日本エアコミューターがATR42-600型機を導入しており、導入は2社目。天草エアラインを含めて、日本の航空会社3社が運航することになる。 ⇒詳細はこちら 投稿 北海道エアシステム、ATR42...more
カテゴリー:

もっと見る

「航空機」の画像

もっと見る

「航空機」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる