「自衛隊」とは?

関連ニュース

腕立て伏せ25回、懸垂10回、5km走25分以内、牛丼並2杯完食 ← 男としての最低ライン - 11月20日(火)06:29  news4vip

腕立て伏せと懸垂は自衛隊式のちゃんとしたやり方な 上半身だけカクカクは論外 ...
»続きを読む
カテゴリー:

警備隊発足へ作業急ピッチ 宮古島陸自配備 着工1年 強まる「南西シフト」 - 11月20日(火)05:00 

 宮古島市の陸上自衛隊配備計画を巡り、昨年11月に市上野野原のゴルフ場跡地で駐屯地の造成工事が始まってから20日で1年となる。現場では本年度末の警備隊発足に向けて隊舎建設などが急ピッチで進み、ならされた土地に徐々に駐屯地の姿が見え始めている。一方、市城辺保良では弾薬庫の整備に向け年度内にも防衛省が用...
カテゴリー:

佐藤正久参院議員「自衛隊がしっかり動ける環境を」 群馬防衛懇 - 11月19日(月)21:27 

 “ヒゲの隊長”として知られる元自衛官の佐藤正久参議院議員(58)が19日、高崎市内で開かれた群馬防衛懇談会(石橋輝治会長)の会合で講演。任務に追われ、人手不足が深刻化する自衛隊の現状と最新の国防問題について語り、「いざというとき犠牲になってでも国民を守る自衛隊が、しっかり動ける環境をつくるのが国民と政治家の責任だ」と訴えた。
カテゴリー:

【自民党】「安倍政権は、いかにも戦争しそうかもしれないが戦争反対」自民党の下村憲法改正推進本部長 - 11月19日(月)20:16  newsplus

夜の政治 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/11113.html 「いかにも戦争しそうかもしれないが戦争反対」下村氏 憲法改正をめぐって、自民党の下村憲法改正推進本部長は「自衛隊の明記」にほかの党の賛成が得られる可能性もあるとして、今の国会で憲法審査会を開き、党の改正案を提示したいという考えを重ねて示しました。 国会の憲法審査会は、自民党の下村憲法改正推進本部長が野党側の姿勢を「職場放棄」と批判した発言に野党側が反発するなどして、開催のめどが立っていません。 こうした中、下村氏は熊本...
»続きを読む
カテゴリー:

自民党改憲本部:下村本部長「機運盛り上がる態勢作る」 - 11月19日(月)20:04 

 自民党憲法改正推進本部は19日、下村博文本部長の就任後、初めての全体会合を開いた。下村氏は、自衛隊の存在明記など同党が目指す改憲に向け「できるだけ機運が盛り上がるような態勢を作りたい」とあいさつした。
カテゴリー:

安田純平さんの帰国で巻き起こった日本の「自己責任論」の幼稚さ - 11月20日(火)05:49 

先日、40ヶ月にわたるシリアでの監禁生活を経て解放されたジャーナリストの安田純平さんの会見は、シリアの武装組織の一端が垣間見え、世の中に衝撃を与えました。こうしたジャーナリストの拉致・監禁事件などが起こるたびに繰り返される、日本の自己責任論を「幼稚」と断じるのは、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さん。今回のメルマガの中で小川さんは、日本では語られないジャーナリストの取材活動と国家の関係を明らかにしています。 日本の「自己責任論」は幼稚 安田純平さんの帰国と記者会見を受けて、またぞろ自己責任論が吹き出しています。 これまで同様のケースが起きるたびに同じ議論が繰り返されているのですが、私は違和感を覚えますし、日本の国家的・社会的に未熟な部分が浮き彫りになっている印象さえあります。 勝手に危険な地域の取材に入って、それも自分の不注意から拉致・監禁されたのだから、自業自得だという批判がまずあります。そして、挙げ句の果ては日本政府が出したのかカタール政府が出したのか判らないが、身代金を払うことになったのだから、叩かれて当然だろうというわけです。 ここで整理が必要なのは、「あれか」「これか」、つまり安田さんの行動は是か非かという二者択一で語ってよいのかという点です。 まず、個人としてのジャーナリストは自らの責任でできる限りの安全策を講じなければなりません。新聞記者な...more
カテゴリー:

県議はイージス欧州視察の報告会を - 11月19日(月)22:12 

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を巡り、秋田市民ら有志7人が19日、既に配備されているルーマニアなどを視察した県議の公開報告会を開…
カテゴリー:

【軍事】防衛省が「宇宙部隊」新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視 - 11月19日(月)21:03  newsplus

防衛省が「宇宙部隊」新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視 画像:新設される「宇宙部隊」の任務  防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。  部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)と呼ばれる人工衛星やロケットの残骸のほか、他国の不審な衛星などを監視。  陸海空の各自衛隊が統合運用する。  2022年度をめどに設置する予定で、政府が来月改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」にも新設が明記される。  19日、複数の政府関係者が明らかにした。  防衛大綱では陸海空に加え、サイバーや宇宙、電磁波...
»続きを読む
カテゴリー:

自衛隊に「宇宙部隊」新設へ - 11月19日(月)20:14  news

 防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)と呼ばれる人工衛星やロケットの残骸のほか、他国の不審な衛星などを監視。陸海空の各自衛隊が統合運用する。  2022年度をめどに設置する予定で、政府が来月改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」にも新設が明記される。19日、複数の政府関係者が明らかにした。 https://www.asahi.com/sp/articles/ASLCM55QGLCMUTFK00S.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

自衛隊に「宇宙部隊」新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視 - 11月19日(月)20:02 

 防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)と呼ばれる人工衛星やロケットの残骸のほか、他国の不審な衛星などを監視。陸海空の各自衛隊が統合運用する。2022年度…
カテゴリー:

もっと見る

「自衛隊」の画像

もっと見る

「自衛隊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる