「自由貿易」とは?

関連ニュース

EUと中国が共同声明 トランプ政権の保護主義に対抗、貿易自由化で連携へ - 07月16日(月)21:17  news

「保護主義を食い止めるために連携」中国・EU首脳が一致 中国の李克強首相とEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領らが北京で会談し、貿易摩擦を引き起こしている アメリカのトランプ政権を念頭に、保護主義を食い止めるために連携することで一致しました。 中国の李克強首相とEU=ヨーロッパ連合のトゥスク大統領、EUの執行機関にあたるヨーロッパ委員会の ユンケル委員長が16日に北京で会談し、共同声明を発表しました。 声明で中国とEUは「貿易の自由化を進め、保護主義や単独主義を食い止めるために努力する。 W...
»続きを読む
カテゴリー:

【貿易摩擦】「世界貿易戦争」に日本企業はのん気過ぎ! 対策をとっている企業が0.5%とは......[07/15] - 07月15日(日)14:59  bizplus

中国への貿易制裁や、欧州連合(EU)や日本を含む鉄鋼製品の関税引き上げなど、 トランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争をきっかけに、保護貿易主義的な政策が世界的な広がりをみせはじめている。 こうしたなか、日本企業の約6割が「自由貿易」が望ましいと考えており、 約3割が保護貿易の高まりによって自社に「マイナスの影響」があると心配していることがわかった。 しかし、具体的な対応策をとっているところは、わずか0.5%に過ぎないことも判明。 帝国データバンクが2018年7月12日に発表した緊急調査でわかった。 ■自由貿易...
»続きを読む
カテゴリー:

経済同友会 自由貿易の枠組みづくり主導など政府へ提言 - 07月14日(土)04:17 

経済同友会は、アメリカのトランプ政権による輸入関税の引き上げなどで、自由貿易体制が危機にひんしているとして、日本が公正で自由な貿易の枠組みづくりを主導すべきだとする提言をまとめました。
カテゴリー:

米英首脳会談:トランプ氏、英の対EU協調を批判 - 07月14日(土)00:05 

 【ロンドン高本耕太、三沢耕平】英国訪問中のトランプ米大統領は13日、ロンドン近郊の首相別邸チェッカーズでメイ首相と会談した。安全保障協力や2国間自由貿易協定(FTA)締結などが協議されたが、トランプ氏は会談に先立つ英メディアとのインタビューで、メイ首相が欧州連合(EU)からの離脱方針で、EUとの協
カテゴリー:

英首相に新たな打撃=米大統領、EU離脱で警告 - 07月13日(金)17:48 

 【ロンドン時事】トランプ米大統領がメイ英政権の欧州連合(EU)離脱方針に対し、「(それでは)米国との貿易協定は実現しないだろう」と警告を発した。米国との自由貿易協定(FTA)締結は、離脱後の英国の最優先課題の一つ。EUとの協調を優先する「ソフト・ブレグジット(穏健な離脱)」路線にかじを切り、重要閣僚の辞任を招いた首相にとって、トランプ氏の発言は新たな打撃となりそうだ。 トランプ氏は英大衆紙サンとの13日までのインタビューで「EUは貿易で米国を公平に扱っていない」と批判。英国がEUと緊密に連携するなら、米国は「英国をEUとして扱う」と述べた。米国とEUは2013年にFTA交渉を始めたが、話し合いは暗礁に乗り上げている。 メイ政権は、農業製品の安全基準などに関してEUが決めたルールを離脱後も順守する考え。米国が肥育ホルモン剤を使用した牛肉や、塩素系薬品で洗浄・消毒した鶏肉を英国に売り込もうとしても、EUが規制を緩和しない限り、英国に譲歩の余地はない。 こうした方針が6日に決まった際、EUからの独立を重視する英与党・保守党のEU懐疑派は「米国とのFTAがほぼ不可能になった」と首相を批判した。「農産品は米国との貿易協定の中心を占める公算が大きい」(英BBC放送)からだ。 トランプ氏は首相に抗議して辞任したジョンソン前外相が「偉大な首相になるだろう」とも指摘。代表的な懐疑派の前外相は次期宰...more
カテゴリー:

米大学教授「日本には、移民受け入れの土壌がある。政治家が決断すべき」 - 07月16日(月)14:37  news

ジェームズ・ホリフィールド教授に聞く「移民問題を見るポイント」 移民政策なきまま、外国人の住民が増え続ける日本。「移民受け入れに向け、政治家が勇気ある決断をすべきだ」と、 ジェームズ・ホリフィールド氏は呼びかける。アメリカのサザンメソジスト大教授で、人の移動に関する研究では 草分けといえる存在だ。6月に来日した機会に、話を聞いた。(構成・中野渉) (中略) ――日本は移民や難民の受け入れが進んでいないと指摘されます。ヨーロッパなどと比べてどうでしょうか。 日本と欧米とでは、移民を取り巻く状...
»続きを読む
カテゴリー:

「世界貿易戦争」に日本企業はのん気過ぎ! 対策をとっている企業が0.5%とは...... - 07月15日(日)10:00 

中国への貿易制裁や、欧州連合(EU)や日本を含む鉄鋼製品の関税引き上げなど、トランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争をきっかけに、保護貿易主義的な政策が世界的な広がりをみせはじめている。こうしたなか、日本企業の約6割が「自由貿易」が望ましいと考えており、約3割が保護貿易の高まりによって自社に「マイナスの影響」があると心配していることがわかった。 しかし、具体的な対応策をとっているところは、わずか0.5%に過ぎないことも判明。帝国データバンクが2018年7月12日に発表した緊急調査でわかった。 自由貿易の維持で建材を安く入手がいい 調査によると、全企業の56.9%が日本全体にとって「自由貿易」が望ましいと考えており、国内産業保護を含む「保護貿易」が望ましいとする企業は9.9%しかいなかった。 「保護貿易主義」の政策が世界的な広がりをみせた場合、自社の業績に「マイナスの影響」があると答えたのは28.7%で、「プラスの影響」は2.5%にとどまった。また「どちらともいえない」が38.5%、「影響はない」が12.7%だった。 業界別にみると、「自由貿易が望ましい」と答えた企業は、「卸売」(60.0%) が最も高く、次いで「製造」(59.7%)が続く。ともに海外進出が進む業界で、自由貿易のほうが自社に有利と考えていることが明らかとなった。 一方、「保護貿易が望ましい」と答えた割合が1割を超え、比較的...more
カテゴリー:

米英「最高水準の特別な関係」=批判控え、貿易協定目指す - 07月14日(土)00:31 

 【ロンドン時事】英国を訪問中のトランプ米大統領は13日、ロンドン近郊の首相別邸チェッカーズで、メイ首相と会談した。会談後の記者会見で「(米英両国は)最高水準の特別な関係にある」と強調し、揺るぎない同盟関係を演出した。両首脳は英国の欧州連合(EU)離脱後を見据え、2国間の貿易協定締結に向けて協議することで合意した。 メイ氏は記者会見の冒頭、米英は互いに最大の投資国であり、トランプ氏との会談で「野心的な自由貿易協定を目指すことで合意した」と表明した。トランプ氏も「メイ氏がどのような(EU離脱)方針を取ろうと構わない」と述べ「素晴らしい貿易協定の締結を期待している」と応じた。 ただ、英大衆紙サンによると、トランプ氏は同紙のインタビューで、メイ氏がトランプ氏の助言を受け入れず、EUとの協調を重視する「ソフト・ブレグジット(穏健な離脱)」を進める意向を示したと批判。「そのような方針を取るのであれば、おそらく米国との貿易協定は実現しないだろう」と警告していた。 記者会見でインタビュー記事に関して問われると、トランプ氏は「メイ氏を批判していない」「フェイク(偽)ニュースだ」と釈明。その上で、メイ氏との関係は極めて良好だと繰り返し、表面上は親密さを演出した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【英米】トランプ氏、英のEU離脱計画は「貿易協定締結をだめにする可能性高い」 - 07月13日(金)22:24  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/44816545 トランプ氏、英のEU離脱計画は「貿易協定締結をだめにする可能性高い」 2018/07/13 9時間前 訪英中のドナルド・トランプ米大統領は12日、テリーザ・メイ英首相がまとめた英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)計画について、進められれば英政府は米国との貿易協定を「おそらく結べない」と述べた。 トランプ氏は英紙サンに対し、メイ首相の計画は「おそらく米英の貿易協定をだめにする」とし、計画が進められれば、米国は英国でなく「EUと取引するだろう」と話した。 メイ首相はトラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【アメリカ】トランプ氏、英のEU離脱計画は「貿易協定締結をだめにする可能性高い」[07/13] - 07月13日(金)15:43  bizplus

訪英中のドナルド・トランプ米大統領は12日、 テリーザ・メイ英首相がまとめた英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)計画について、 進められれば英政府は米国との貿易協定を「おそらく結べない」と述べた。 トランプ氏は英紙サンに対し、メイ首相の計画は「おそらく米英の貿易協定をだめにする」とし、計画が進められれば、 米国は英国でなく「EUと取引するだろう」と話した。 メイ首相はトランプ氏の米大統領として初となる訪英にあたり、米国との自由貿易協定(FTA)への同意を得ようとしている。 メイ氏はブレグジット...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「自由貿易」の画像

もっと見る

「自由貿易」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる