「自由度」とは?

関連ニュース

世界最強のパスポートは「日本」 189カ国・地域にビザなしで行ける - 05月27日(日)01:07  news

(クアラルンプール 25日 中央社)英国のコンサルティング会社、ヘンリー・アンド・パートナーズは22日、ビザなしで訪問できる国・地域の多さによる 「パスポートの自由度」ランキング最新版を発表した。昨年の調査で31位(134カ国・地域)だった台湾は、26位(148カ国・地域)に上昇。 首位は日本(189カ国・地域)だった。 ドイツ(188カ国・地域)とシンガポール(同)は2位。フィンランド、フランス、イタリア、韓国、スペイン、スウェーデンがいずれも187カ国・地域で3位に並んだ。 同調査は2006年から行われているもので、...
»続きを読む
カテゴリー:

まるで「プレイする映画」な独特の没入感と緊迫感を味わえるゲーム「Detroit: Become Human」レビュー - 05月25日(金)23:00 

人間のように行動を観察し模倣する人工知能(AI)や、人体比率・骨格構造・関節可動域まで人間を模したヒューマノイドなど、テクノロジーの発展によってますます人間に近いロボットが誕生しようとしている現代にピッタリな、「AIやロボット産業が発展した近未来」を舞台としたPlayStation 4向けゲーム「Detroit: Become Human」が、2018年5月25日(金)に発売されました。ゲームのジャンルは「オープンシナリオ・アドベンチャー」で、プレイヤーが選んだ選択肢により、複数用意されたシナリオが複雑に分岐していく自由度の高いシナリオが特徴のアドベンチャーゲームです。発売直前にプレイする機会を得られたのですが、実写のようにリアルなビジュアルと自由度の高いシナリオにより、実際にプレイしているとまるで大作映画の中の主人公を操作しているかのような独特の没入感と緊迫感が体験できる圧巻の出来栄えに仕上がっていました。続きを読む...
カテゴリー:

ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売 - 05月24日(木)15:00 

ロジクールは、2018年6月1日(金)にプレゼンテーションツール「R500」を発売する。価格は5,750円(税別)。カラーはブラック、ミッドグレイの2色。■プレゼンに必須のアイテムロジクールではこれまで「Spotlight」という、PCと接続し、PC画面を直接拡大したり注目点をフォーカスするプレゼンテーションツールを販売してきた。プレゼンテーション技術が高度化する中で、高機能なプレゼンテーションツールが求められる一方、従来通りのシンプルなプレゼンテーション・ツールも引き続き高い需要がある。ロジクールは今回、レーザーポインター機能とスライド送り・戻し機能の3種類を備えたシンプルなプレゼンテーションツールを発売した。■2種類の接続に対応USBレシーバーを使った接続と、Bluetoothの接続の2種類の接続があり、Windows、Mac OS、iOS、Androidなど多くのOSに対応している。■赤色レーザーポインターポイントしたいエリアを精確に示すパワフルな赤色レーザーポインター。資料のどの部分を指しているかが一目瞭然だ。■ロジクールプレゼンテーション・アプリ本製品はロジクールプレゼンテーション・アプリと連動することで、ボタンにスライド送り・戻し以外の機能を割り当てることができる。ボリュームコントロール機能やジェスチャー機能などを割り当てることで、より自由度の高いプレゼンテーションを行...more
カテゴリー:

30代シングル女子はお金の習慣で差がつく - 05月22日(火)12:20 

今回は30代のお金の使い方について考えていきましょう。30代になると未婚・既婚・子持ちによってお金の使い方は大きく変わります。未婚の場合、自由度が高いので、服飾品や化粧品等、自分にかけるお金は自然に大…
カテゴリー:

「ガリゲル」放送400回に西野亮廣「何が来てもスタッフと一緒に面白がる」 - 05月22日(火)05:00 

毎週土曜、読売テレビにて放送中の「ガリゲル」。このほど、同番組が放送400回を迎えることを記念して、番組MCを務めるキングコング・西野亮廣と、番組の立ち上げから携わっている辻章悟ディレクターが、番組の魅力や人気企画の誕生秘話、今後のガリゲルなどについて語ってくれた。 【写真を見る】5/26(土)の放送では、オリエンタルラジオ・藤森慎吾が数々の貴重なエピソードを激白!/(C)YTV 「人とつな“ガリ”、人をつな“ゲル”」をテーマに、2010年4月に放送をスタートした「ガリゲル」。芸人たちが目標を達成するまで帰れない過酷なロケに挑む内容が人気を博し、5月26日(土)の放送回でついに400回という大きな節目を迎えた。また、現在は関西圏のみならず、全国さまざまな地域で放送されている。 ■ 「企画を切り捨てることは絶対にない」(西野) 番組スタートからMCを務める西野は、番組が8年続いた理由を聞かれ、「演者同士仲が良い。あと、スタッフさんとも仲が良い。それはデカいかもしれないですね。ディレクターさんが場合によっては実験的な企画をやって、『これ、どうすんねん』ってVTRの時があっても、一緒に楽しんでいるみたいな感じはありますね。 どんなVTRが上がってきても、どんな企画がきても、チームが面白がろうとなっている。ガチなので、何も起こらない時は何も起こらないんですよ。『もう、辻さん~』みたいに言い...more
カテゴリー:

豊かな緑に包まれて挙式!憧れの高原リゾートウェディング - 05月26日(土)16:00 

豊かな緑と、爽やかな空気を味わえる甲信越地方は、国内のリゾートウェディングの場としてもポピュラーだ。今回は自然と調和した、思い出に残るウェディングプランを提供する施設が多い山梨・長野の注目スポットの中から、それぞれに魅力あふれるプランが用意されている「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」、「清泉寮」、「絵本図書館&コテージ 森のおうち」を紹介しよう。 【写真を見る】6名から200名まで、参加人数に合わせて会場も幅広く選択できる。写真は全面ガラス張りの窓から緑を望む開放的なパーティ会場「ブリラーレ」 ■ 八ヶ岳を望む高原リゾートで記憶に残るウェディング! 2017年4月、山梨が誇る地域ワインのさまざまな文化体験ができる滞在型リゾートとしてリニューアルオープンした「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」。国内外で高い評価を集める建築デザインユニット“KDa”がデザインを担当したスタイリッシュなガーデンチャペル「ZONA(ゾーナ)」や、“美食の劇場”をコンセプトに200名以上に対応できる豪華パーティ会場「テアトロガストロノーモ」など、ウェディングに向けた施設も充実し、挙式のみから、多くの参列者を招いた豪華な式まで、多彩なウェディングに対応する。 提供されるウェディングは、季節や利用者の希望に応じてきめ細かに用意され、愛犬を連れての挙式や、授かり婚など、式を挙げる2人のさまざまなニーズに対応可能。ま...more
カテゴリー:

ビール戦国時代 自由度UP、個性で勝負するクラフトビール - 05月25日(金)15:23 

 大関昇進に近づく関脇栃ノ心。11勝目を決めた5月23日の元大関琴奨菊戦は、怪力を生かした豪快な上手投げで制し、“新旧交代”を印象付ける一番となった。 そんな遅咲きの栃ノ心は、旧ソ連構成国のジョージア(グルジア)出身。あるテレビ番組でジョージアの実家が紹介されていたが、登場した栃ノ心の父親は、ずらりとワインの瓷(かめ)が並んだ自宅の一室に取材者を案内し、自家製ブドウで作った自慢のワインを笑顔で振る舞っていた。オレンジやブドウ、ワイン、茶などが特産品の国だから、各家庭では、ごく普通に自家製ワインで来客をもてなしているのかもしれない。 日本ではこうはいかない。アルコール分1度以上の飲料(「酒類」)を作るには、酒税法で製造免許の取得が義務付けられているからだ。素人が簡単に取れる免許ではなく、違反には罰則もある。 かつて、憲法13条の「幸福追求権」を根拠に「個人のどぶろく作りをじゃまするな!」と国を訴えた有名な「どぶろく裁判」が最高裁まで争われたが、結局、行政府にはからきし弱いことで“定評”のある最高裁が予想通り、訴えを退けて終わった。 各家庭が料理だけでなく、アルコール飲料についてもその家独自の“家庭の味”で客人をもてなす姿は、残念ながらこの先もしばらくは見られない光景の一つだろう。 その“家庭の味”も含めていろいろな味のアルコール飲料を味わいたいわがままな「のんべえ」にとっては、酒類製...more
カテゴリー:

Google Assistantで英語ニュースを聞けますか? - いまさら聞けないAndroidのなぜ - 05月22日(火)16:58 

多種多様な候補から自分好みの端末を選択でき高度なカスタマイズが可能、それがAndroidの魅力であり強みです。しかし、その自由度の反面わかりにくさを指摘されることも少なくありません。このコーナーでは、そんな「Androidのここがわからない」をわかりやすく解説します。今回は、『Google Assistantで英語ニュースを聞けますか?』という質問に答えます。
カテゴリー:

『シグナル』に見る、カンテレドラマ作りのこだわり - 05月22日(火)08:10 

 「現在」と「過去」、無線機を通じてつながる2人の刑事が協力し合い、難事件の解決に挑む『シグナル 長期未解決事件捜査班』。連ドラ初となる坂口健太郎を主演に迎え、さまざまな人間模様が織りなすヒューマンサスペンスを展開している。プロデューサーの関西テレビ・萩原崇氏に、本作に込めたこだわりを聞いた。 【劇中カット】笑顔を“封印”して同ドラマに挑む坂口健太郎 ◆原作は1話80分×全16回の長尺 日本版では“人間ドラマ”に重点を置いた  本作の原作は、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』。リアルな人間描写と緻密な構成が感動と興奮をもたらした傑作ドラマだが、なぜこの作品を日本版として制作しようと考えたのか。 「坂口さんの初主演ドラマを制作したいという想いがあったなかで、韓国の原作を観たことがきっかけです。普段はあまり韓国ドラマを観るほうではないのですが、『シグナル』は第1話からハマって一気に観ました。私が制作に携わったドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』にもあるような、人間の本質や暗い部分もしっかりと描かれた世界観に共鳴を覚えました。荒唐無稽な設定もあるのですが、それを感じさせないリアリティと、大人でもしっかり楽しめるストーリー展開。この作品の主人公を坂口さんが演じてくれたら、新たな坂口健太郎像が生まれるのでは、と考えたのです」(萩原崇氏/以下同)  だが、日本版制作に...more
カテゴリー:

Oculus Goレビュー:スタンドアローンでお手頃、でも満足できないのはなぜ? - 05月21日(月)12:13 

Image: Patrick Lucas Austin(Gizmodo US) アプリとかその中での自由度とか、中身がもうちょっと。5月2日、Oculusからお手頃VRヘッドセット「Oculus Go」が発売されました。スマホもPCもナシで使えるスタンドアローン型で、しかも200ドル(日本価格は2万3800円)からというお手頃価格なことから注目されてますが、実際どうなんでしょうか? 米GizmodoのPatrick Lucas Austin記者が詳細レビューしていますので、以下どうぞ 。僕はいま家のリビングルームに座っているんですが、目に見えるのは船の甲板です。でも、VRの世界を存分に動き回るために壁際に押しやったソファの上で、現実世界の犬がハァハァ言っているのも聞こえます。僕はOculus Goを装着しているので、犬の姿を見ることはできません。一歩踏み出してみますが、甲板上では何も起こらず、ついため息をつきます。僕としては、Oculusが初めてポータブルなヘッドセットを出すからには、ハイエンドスマホにチープなヘッドセットをくっつけた競合からはきちんと差別化してほしかったんです。でもOculusは、必ずしもその期待に応えてはくれませんでした。Oculus Go ...more
カテゴリー:

もっと見る

「自由度」の画像

もっと見る

「自由度」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる