「自律走行」とは?

関連ニュース

ZMP、自律走行宅配ロボットでコンビニ商品配送 大学キャンパスで実証試験 - 07月15日(日)21:01 

ZMPは、ローソン及び慶應義塾大学SFC研究所と協力で、同社の自律走行宅配ロボットCarriRo Deliveryによるコンビニ商品の配送を大学キャンパス内で行う実証試験を開始すると発表した。
カテゴリー:

エアバスが火星の土を地球に持ち帰るローバーの開発に着手 - 07月09日(月)19:00 

[Engadget US版より(原文へ)] 今年の4月、NASAと欧州宇宙機構(ESA)は、火星の土を地球に持ち帰ることが可能かどうかを共同研究することで合意しました。それにともないESAは、火星の土壌サンプルを回収するローバー(車両)のコンセプトモデルを設計するために、エアバスとの520万ドル(約5億7000万円)の契約を承認しました。 ESAは、イギリスのスティーブネージにあるエアバスを指名したのには理由があります。彼らはすでに、2021年に火星に向けて打ち上げられる予定の「エクソマーズ」ローバーの製造を行っているからです。しかし、エクソマーズ自体や、それに搭載された科学調査機材とは、今回の回収ローバーの目的は大きく異なります。その使命とは、NASAの「マーズ2020」ローバーが置いていく土壌サンプルの容器をすべて拾い集めることにあります。だからと言って、この車両の開発が簡単だということはありません。 マーズ2020は、火星の地面に穴を開けて土壌を掘り出し、試験管に入れていろいろな場所に30本置いていきます。計画どおりなら2026年に火星に向かう予定のこの回収ローバーは、遠くからその試験管を探し、そこへ自律的に移動し、ロボットアームで拾い上げて格納庫にしまいます。このローバーは、毎日の移動ルートを自分で考える必要もあります。 エアバスの実現可能性チームを率いるBen Boyes...more
カテゴリー:

安全な自動運転社会の実現を妨げるもの、それは「人間」かもしれない - 07月07日(土)11:00 

自動運転中の自律走行車に、人が運転していた自律走行車両がぶつかる事故がサンフランシスコで起きた。実はこうした小さな事故や事件は立て続けに起きている。そこから見えてくるのは、安全な自動運転社会の実現には「人間の不完全性」を考慮することが不可欠であるということだ。
カテゴリー:

まるで見た目はトースター? 無人の「宅配専用車」が街を走り出す - 07月12日(木)09:00 

商品の配達に焦点を当てた自動運転技術の開発に取り組むニューロ(Nuro)が、同社の自律走行車「R1」を使った即日配達サーヴィスのパイロットプロジェクトを今秋開始すると発表した。スーパーマーケット大手のクローガーと提携した取り組みは課題も少なくないが、果たして成功するのか。
カテゴリー:

長距離トラックはドライヴァーいらずになる:『WIRED』US版の未来予測(5) - 07月09日(月)17:00 

さまざまなテクノロジーの行く末を考える『WIRED』US版の未来予測。第5回のテーマは物流だ。その過酷な労働環境から、長距離トラック業界は現在約5万人が不足している。輸送に関する規制が変わって自律走行トラックが全米を走り回れるようになれば、人間のドライヴァーは不要になるかもしれない。
カテゴリー:

デトロイトの没落を象徴した巨大廃駅を、フォードが「未来のモビリティ」の中枢に刷新する真意 - 07月04日(水)07:00 

デトロイトの自動車産業の衰退とともに放棄された巨大なターミナル駅をフォードが購入し、自律走行車の試験などを行う研究センターの中枢として生まれ変わらせることを発表した。街の没落の象徴に約1,100億円も投じることによるPR効果や経済効果は抜群だが、実はそこにはフォードの社運を賭けた「モビリティの未来」に関する戦略が浮き彫りになっている。
カテゴリー:

「自律走行」の画像

もっと見る

「自律走行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる