「自問自答」とは?

関連ニュース

【サッカーW杯】ケイスケホンダ「ぶっつけ本番に強い人、弱い人がいる。戦術でゴールは入らない」★3 - 06月17日(日)21:45  mnewsplus

運命の第1戦を2日後に控え、日本代表MF本田圭佑(パチューカ)がベースキャンプ地のカザンに入ってから初めて報道陣の取材に応じた。 「徐々に気持ちは高ぶってきている感じがする」。自身3度目のW杯。過去2大会は7試合すべてにフル出場し、2大会連続となる計3ゴールを決めている。しかし、今大会は直近のパラグアイ戦で同じトップ下のMF香川真司が1ゴール2アシストと結果を残し、本田とのポジション争いにおいて強烈なアピールに成功した。 「僕自身、結果にどれだけコミットできるか。その準備をしてきた。スタメンで出るか、サブか...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】齋藤学が明かす電撃移籍とW杯落選。「リハビリに励んでいる最中に、クラブからショックなことを言われて....」 - 06月17日(日)19:46  mnewsplus

「リハビリに励んでいる最中に、クラブからショックなことを言われて悩みましたし、自問自答もしました。僕は8歳から横浜F・マリノスで育ちましたけど、同時にもうひとつ、自分の中にあるのは、僕は川崎市に住み、川崎市の小学校に通っていて、川崎フロンターレというクラブが自分の住んでいる町にどれだけ根づいているかを肌で感じてきたということ。ホームスタジアムのある等々力陸上競技場に近い町に住み、フロンターレの存在を身近に感じてきた。  だから、自分にとってはフロンターレでプレーするのか、それともマリノスに残るの...
»続きを読む
カテゴリー:

モリタク、尾木ママ…テレビでも有名な教授、授業の評判は? - 06月15日(金)15:45 

 6月、履修登録や新歓イベントもひと段落した大学でも、授業などに顔を出さなくなる学生がどんなクラスにも一人や二人いたものだ。  1つの講義を1人の教員が受け持ち、評価の基準が教員に一任される大学では、サボっても比較的問題なく単位を取れる授業、ホトケ教授のラク単もあるわけだが、テレビやラジオ、雑誌など様々なメディアで活躍する有名教授の人気講義の評判はどのようなものか。  本記事では実際にその授業を受講したことのある現役学生やOB/OGたちの声を集めてみた。 ◆典型的なホトケ教授 獨協大学・森永卓郎教授  森永卓郎氏は1990年代半ば頃から評論家・コメンテーターとしての活動を始め、『ニュースステーション』を中心に出演。著書などで早くから年収300万円時代を予測し、現在も『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)金曜日パネリストや、『がっちりマンデー!!』(TBS)など多数のメディアに出演している。食玩コレクションなどのオタク趣味も有名で、2016年にはライザップの結果報告会にも登場した。  獨協大学経済学部教授に就任したのは2006年。今日も「労働経済学」「経済社会学」などの授業で教鞭をとっている。同大学の教員紹介ページの授業方針には、「経済理論を教えるのではなく、理論を踏まえた上で、実際の社会を動かす人たちが、どのような意思決定をしているのか、それによってどのような変化が生じて...more
カテゴリー:

【サッカー】<ドイツ代表>エジルとギュンドアンのトルコ大統領表敬訪問に批判噴出! “元問題児”OBが主張「追放すべき」 - 06月15日(金)08:05  mnewsplus

エッフェンベルク氏が求めるエジルとギュンドアンの追放 ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦を前に、強豪国の足元がぐらついている。2大会ぶりの優勝を目指すスペインは、開幕前日にフレン・ロペテギ監督を解任し、フェルナンド・イエロ監督の就任を電撃発表した。突然の解任劇によって世界に衝撃が走ったが、2014年のブラジルW杯王者ドイツに起こった騒ぎも収まっていないようだ。 【写真】セクシーな“半裸写真”で悩殺…守護神のガールフレンドが惜しげもなく披露した自慢の“美ボディ”  トルコ系移民のMFメスト・エジル(アー...
»続きを読む
カテゴリー:

挫折、ひきこもり、旅まわり…41歳唄うたい大森洋平が歌を諦めないワケ - 06月13日(水)08:52 

 大森洋平、41歳。職業は“唄うたい”。19歳の若さでメジャーデビューしながらブレイクできなかった彼は28歳でフリーとなり、現在でも地道に歌い続けている。  そんな大森洋平が第一線に返り咲くため、6年ぶりにリリースした『強烈なハッピーエンド』は’90年代、日本の街を彩ったJ-POPを彷彿とさせる仕上がりだ。Mr.Childrenのような起伏に富み耳に馴染むメロディーと歌詞を、ASKAのように骨太に歌いあげるスタイルが印象深い。  なぜ大森洋平は今になって再起を図るのか。その影には彼が新しく手に入れた家族の存在と昔馴染みたちの支えがあった。 ◆フリーの唄うたいは肉体労働者 ――19歳でデビューした大森さんですが、メジャーアーティストとしての活動は思うようにいかなかったそうですね。 大森洋平(以下、大森):自分としては会心の出来だった曲もまったくヒットしなくて、それまでの自信は完全に打ち砕かれました。絶対売れるという自信があって“浜松Japan Open’95”でもグランプリを獲りメジャーデビューしましたが、現実は厳しかった。20代のときの苦悩って、働かないで酒を飲んでても、周りの奴よりいい暮らしができたことなんです。当時の音楽業界は1998年にCDの売上がピークを迎えることからも分かるように、業界に体力があった。だからパッとしない俺でもラクできたんですよね。 ...more
カテゴリー:

【サッカーW杯】ケイスケホンダ「ぶっつけ本番に強い人、弱い人がいる。戦術でゴールは入らない」★2 - 06月17日(日)20:28  mnewsplus

 運命の第1戦を2日後に控え、日本代表MF本田圭佑(パチューカ)がベースキャンプ地のカザンに入ってから初めて報道陣の取材に応じた。 「徐々に気持ちは高ぶってきている感じがする」。自身3度目のW杯。過去2大会は7試合すべてにフル出場し、2大会連続となる計3ゴールを決めている。しかし、今大会は直近のパラグアイ戦で同じトップ下のMF香川真司が1ゴール2アシストと結果を残し、本田とのポジション争いにおいて強烈なアピールに成功した。 「僕自身、結果にどれだけコミットできるか。その準備をしてきた。スタメンで出るか、サブ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカーW杯】ケイスケホンダ「ぶっつけ本番に強い人、弱い人がいる。戦術でゴールは入らない」 - 06月17日(日)19:31  mnewsplus

 運命の第1戦を2日後に控え、日本代表MF本田圭佑(パチューカ)がベースキャンプ地のカザンに入ってから初めて報道陣の取材に応じた。 「徐々に気持ちは高ぶってきている感じがする」。自身3度目のW杯。過去2大会は7試合すべてにフル出場し、2大会連続となる計3ゴールを決めている。しかし、今大会は直近のパラグアイ戦で同じトップ下のMF香川真司が1ゴール2アシストと結果を残し、本田とのポジション争いにおいて強烈なアピールに成功した。 「僕自身、結果にどれだけコミットできるか。その準備をしてきた。スタメンで出るか、サブ...
»続きを読む
カテゴリー:

結婚ってそんなに良いもの?考えだしたらすべてが止まった<目指せ!デキたら婚> - 06月15日(金)08:47 

【おおしまりえの 目指せ!デキたら婚】  みなさんご無沙汰しております。知らない人もこんにちは。恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。  もともと結婚は1回経験して失敗しているから興味がわかない。でも子どもは欲しい。だからパートナーの仏くんと、結婚より先に妊活をしよう! そんな発想から始まった本連載ですが、実は数ヶ月間連載も含め、全てをお休みしていました。待っている方がいたらごめんなさい。  約半年間の間、一体何があり、どんな変化があったのか。今回は、妊活も結婚への足取りも止まってしまった原因について書きたいと思います。 ◆結婚に向けて動き始める状況に……もう無理!  そもそもの状況を振り返りますと、妊活を始めたものの、そう上手くコトが運ぶわけではなかった私。だんだんと「やっぱり順番通り結婚するしかないかな」と保守的(まっとう)な気持ちが湧いてきた頃に、筆者の親が「結婚いいじゃないか!」とノリノリになってしまったのがターニングポイントでした。  親としては結婚してほしい。私は「親が喜ぶなら結婚しますか……」と、普段発揮しない親孝行モードが芽生え、「結婚したくない私×親を喜ばせたい私」という2つの状況の折衷案を探した結果、パートナーに婿に入ってもらおう、という結論が出たのでした。  が、しかし……「結婚する」と一応の共通認識を持ち、親や周りに宣言こそしたものの、それ以来...more
カテゴリー:

いよいよロシアW杯開幕 サッカーファン必読の人生の教科書 - 06月13日(水)11:29 

 いよいよ開幕、W杯!時差でまた寝不足~という日が多くなりそうだが、とりあえず来週19日の日本対コロンビア戦は午後9時から。準備万端整えて観戦!というサッカーファンに、優勝候補ドイツの司令塔が人生のすべてを語った、『メスト・エジル自伝』(東洋館出版社・東京)を。価格は1,800円で6月15日発売だ。【写真】関連情報を含む記事はこちら  「僕はシャワーを浴びながら物思いにふけっていた。あんなふうに監督に叱責されたのははじめてだ。自分の意識を揺さぶられたのもはじめてだった。あれは何だったのだろう。偉大なモウリーニョはどうして僕に赤っ恥をかかせたのか。何を伝えようとしていたのだろう。 その夜――2012年9月30日、午後9時ちょっと前、僕は今までしたこともない大きな問いを自分に向けて発するようになった。それから何週間も自問自答した。僕は何者で、どこへ行きたいのだろう。その質問に答えるため、僕は自分の人生を振りかえりはじめた……。」 敬愛する師、ジョゼ・モウリーニョに人生最大級の叱責を受けたエジルは、自分の人生について振り返り始めた。彼は、どのようにしてサッカー選手となり、頂点まで上り詰めたのか。まともなボール一つ買えない貧しい少年時代、トルコとドイツの二つの国籍による葛藤、プロ選手になってからぶつかった、いくつもの壁、夢にまで見たレアル・マドリード時代、W杯での激闘、そして、アーセナルへ...more
カテゴリー:

大和田美帆、娘のガチャガチャ騒動を丸く収める「我ながらナイスアイデア」 - 06月12日(火)12:28 

女優の大和田美帆が、11日に更新したアメブロで、娘がハマリ出したガチャガチャのエピソードをつづっている。 2015年に第1子となる女子を出産し、現在1児の母として育児と仕事の両立に励む大和田。2歳半になる娘は最近、ガチャガチャをやりたがるそうで、「ついに来てしまったー! お金を入れればカプセルが出てくることを観察していて気づいたらしく「おかね!おかねちょーだい!」とせがんでくるではないか!!」と、ねだってくることを明かした。 毎回もやらせるわけにはいかず、普段はなんとかごまかしてやらせずに帰るそうだが、この日は、最近犬や猫に興味津々な娘が、猫の写真が描かれたガチャガチャを発見。どうしてもやりたいとせがまれ、「「いいこいいこ、してもいいー?」と知らない飼い主さんにガッツリ声をかけて、バッチリ頭を撫でさせてもらったりしていたのでね 我が家には猫はいないからぬいぐるみならいいかなぁ。」と大和田も妥協し、ガチャガチャをさせることに。 しかし出てきたのはなんと、猫のぬいぐるみではなく、猫がかぶる“かぶりもの”。これには、猫のぬいぐるみを期待していた娘もかなり残念そうだった様子で、大和田も「猫、いないのに!我が家に猫、いないのに!猫のかぶりもの、ゲット!!」と呆然。 しかし大和田が帰宅後、娘の大事にしている人形にこの猫のかぶり物をかぶせてみたところ、サイズも色合いも、まさかのピッタリ。...more
カテゴリー:

もっと見る

「自問自答」の画像

もっと見る

「自問自答」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる