「脳梗塞」とは?

関連ニュース

1回の注射で1年持続!血管若返る「高血圧ワクチン」とは - 06月20日(水)06:00 

日本人の4人に1人が高血圧に起因した病気で亡くなっている。そんなやっかいな疾患を改善する画期的な“特効薬”がもうすぐ手に入るようになる――。   「このワクチンを使うことで、高血圧の患者だけでなく、脳卒中や心筋梗塞で亡くなる人を減らすことが期待できます」   そう語るのは、血圧を下げる「高血圧DNAワクチン」(以下・高血圧ワクチン)の開発者で、大阪大学の森下竜一教授。高血圧は、日本人にもっとも多い疾患で、予備群もふくめると約4,300万人の患者がいる。森下教授がこう続ける。   「高血圧の患者のなかで治療をしている人は1,000万人ほど。放置していたり、高血圧に気づいていなかったりする人も少なくありません。とくに、40代以降の女性は要注意。女性ホルモンの『エストロゲン』には、血管のしなやかさを保つ働きがありますが、更年期になると『エストロゲン』の分泌が減少。それまで正常値だった人も血管が硬くなり、高血圧になっている女性も多いのです」   高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれ、自覚症状のないまま動脈硬化が進行。脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中、心筋梗塞や腎臓病などの病気を引き起こす。実際、日本人の4人に1人が高血圧に起因した病気で亡くなっている。   そんな命に関わる生活習慣病・高血圧の新しい治療法として、日本で開...more
カテゴリー:

在日コリアン映画監督が見る米朝首脳会談「期待も絶望もない」 - 06月16日(土)11:00 

「なんかね、会いたくても会えない家族の写真ばっかり壁に貼ってたので。これはいかん、これじゃ母は寂しさが募るばっかりやと、最近やっと気がつきまして」   大阪市生野区にある1軒の住宅。たくさんの古い写真が飾られた部屋の壁を見回しながら、彼女はこう言って笑った。   カメラ越しにこちらをじっと見つめる少年たち、レンズを向けられはにかむ女の子、たくさんの勲章を胸元に下げ誇らしげな壮年の紳士……色あせたそれらの写真に数枚、真新しいプリントが交じる。   「それで、慌てて現在の私たちの写真を貼ったりして。ね、オモニ(お母さん)、そうやんなぁ」   年老いた母は、娘の問いかけに「うん、うん」とうなずきながら、膝の上に置いた絵本のページを繰る手を止めようとしない。   「なぜか今年に入って、母は絵本にハマってて。何時間でも読んでます。アルツハイマーが少しずつ進行してきていて、読んだそばからストーリーは忘れてしまうんだと思います。だから、何度読んでも新鮮で楽しいみたいで」   優しい眼差しで母を見つめていた彼女。おもむろにビデオカメラを手にとりレンズを母に向けた。   映画監督・ヤン ヨンヒさん(53)。自らの家族を撮ったドキュメンタリー映画『ディア・ピョンヤン』や、安藤サクラ、井浦新らが好演した劇映...more
カテゴリー:

【テレビ】フジ三田友梨佳アナ「寝る時はノーパンのほうがいいのか…」医療特番MC(画像あり) - 06月15日(金)16:20  mnewsplus

フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが、フジテレビ系バラエティ特番『名医20人があなたの健康法を徹底議論!! ザ・ドクタージャッジ』(24日19:00~21:54)で、自らの健康法を現役医師軍団にダメ出しされてしまう。 001のalt要素(左から)三田友梨佳アナ、近藤春菜、堀潤=フジテレビ提供 この番組は、いわゆる民間療法として世に広まっている数多くの健康法について、現役医師たちが○×で判定。これまでの健康番組や医療番組と違い、20人の医師の見解が一致しないところが特徴で、それぞれのプライドと知識をかけた討論を繰り広げてい...
»続きを読む
カテゴリー:

フジ三田友梨佳アナ、寝る時は「ノーパンの方がいいのか?」名医に疑問ぶつける - 06月15日(金)05:00 

現役の名医が、いわゆる民間療法として世に広まっている数多くの健康法について見解を語り合う『名医20人があなたの健康法を徹底議論!! ザ・ドクタージャッジ』(フジテレビ系)が、6月24日(日)19時から放送される。同番組では、2000人を超える老若男女に聞いた、いわゆる民間療法として世に広まっている数多くの健康法について、現役医師たちが○×で判定し、討論を繰り広げる。MCは、元NHKアナウンサーで現在はジャーナリストとして数々のメディアで活躍する堀潤、ワイドショーでも活躍し女性からの好感度が高い近藤春菜(ハリセンボン)、情報番組『直撃LIVE グッディ!』でのコメントが注目を集める三田友梨佳アナウンサーの3人。彼らが視聴者の代表として、健康への疑問を現役名医20人に投げかける。番組で扱うテーマは“具合が悪い時”から“朝活”や“睡眠”、“脳梗塞予防”にまつわる健康法まで実にさまざま。また、スタジオには健康にまつわる悩みを持つゲストが次々と登場。過去に脳梗塞を経験した麻木久仁子は、「血管・血液のためオリジナル酢キャベツ」を食生活に取り入れるようになったと話し、京本政樹は、「体調維持のために食事は一日一食」の生活をしていることを明かす。このほか、丸山桂里奈、優木まおみ、篠田麻里子も自身が信じている健康法を語る。収録を終えた堀は「権威ある先生方が激論を交わすシーンもあり、一方的に言い負かされ...more
カテゴリー:

「死ぬまで治らない」女好き――不審死した紀州のドン・ファンの規格外すぎる性豪伝説 - 06月14日(木)06:00 

自ら「女好きは病気や、死ぬまで治らん」と公言し、交際した美女4000人に貢いだお金は30億円。“紀州のドン・ファン”の異名を取る資産家・野崎幸助氏(77歳)が5月24日夜、和歌山県田辺市の自宅で死亡しているのが発見された。 県警は死因を急性覚醒剤中毒と発表し、生前の野崎氏に覚醒剤の使用歴がなかったことから、不審死として捜査を進めている。 死の真相は捜査の進展を待つのみだが、地元で聞き込みをすると、ドン・ファンの“伝説”が出るわ、出るわ―。 「若い女性が『変なおじさんに結婚を迫られた』と半ベソで店内に逃げ込んでくることが何度もありました。表をのぞくと、野崎さんが片っ端から女性に声をかけまくっていました(苦笑)」(JR紀伊田辺駅前の喫茶店店主) 「ここらじゃ見ないような、モデル級の美人がタクシーに乗ってくることが何度もあり、行き先は決まって野崎邸でした」(地元タクシードライバー) 「経営する会社の求人広告の条件は、たいがい25歳以下、身長165cm以上の女性。若くてすらっとした美女が好きで、入社させては手をつけ、落とした女性にはマンションをあてがって囲っていました。全盛期は日替わりであちこちの“愛人マンション”に帰っていましたね」(近隣住民) ...more
カテゴリー:

「高血圧ワクチン」照らす未来、脳梗塞や脳卒中リスク軽減か - 06月20日(水)06:00 

「このワクチンを使うことで、高血圧の患者だけでなく、脳卒中や心筋梗塞で亡くなる人を減らすことが期待できます」   こう語るのは、血圧を下げる「高血圧DNAワクチン」(以下・高血圧ワクチン)の開発者で、大阪大学の森下竜一教授。   高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれ、自覚症状のないまま動脈硬化が進行。脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中、心筋梗塞や腎臓病などの病気を引き起こす。実際、日本人の4人に1人が高血圧に起因した病気で亡くなっている。   そんな命に関わる生活習慣病・高血圧の新しい治療法として、日本で開発された高血圧ワクチンが注目されている。これの何が画期的なのか。森下教授は次のように説明する。   「現在の高血圧の治療は、血圧を下げる薬を毎日飲み続けることです。ところが、1年たつと、半分近くの患者が薬を飲むのをやめてしまい、気がついたら症状が悪化していたというケースが多いのです。高血圧ワクチンの場合、1回の注射で、約1年間効果が続くため、薬を毎日飲むわずらわしさを解消してくれるのです」   注目を集める高血圧ワクチンは、どんな仕組みなのだろうか?   「血圧を上げるのが、血液の中にある『アンジオテンシン2』というホルモン物質です。これが活性化すると、血管が収縮します。その働きをワクチンで抑えるこ...more
カテゴリー:

【サッカー】<中田英寿と本田圭佑>2人は中村俊輔にとって、どんな存在だったのか?★2 - 06月15日(金)23:42  mnewsplus

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第6回 W杯で輝けなかった「エース」の本音~中村俊輔(2)  2010年南アフリカW杯に向けて、新しいスタートを切った日本代表はイビツァ・オシム監督が指揮を執った。 ■ドイツW杯、中村俊輔が明かす「俺が輝けなかった」理由  中村俊輔は、中田英寿引退後の代表チームにあって、中心選手になっていた。その存在感は、ジーコジャパン時代の中田のような、絶対的なものだった。  2007年11月、オシム監督が脳梗塞で倒れると、岡田武史監督が代表の指揮官に就任した。  W杯予選が...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<中田英寿と本田圭佑>2人は中村俊輔にとって、どんな存在だったのか? - 06月15日(金)15:53  mnewsplus

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第6回 W杯で輝けなかった「エース」の本音~中村俊輔(2)  2010年南アフリカW杯に向けて、新しいスタートを切った日本代表はイビツァ・オシム監督が指揮を執った。 ■ドイツW杯、中村俊輔が明かす「俺が輝けなかった」理由  中村俊輔は、中田英寿引退後の代表チームにあって、中心選手になっていた。その存在感は、ジーコジャパン時代の中田のような、絶対的なものだった。  2007年11月、オシム監督が脳梗塞で倒れると、岡田武史監督が代表の指揮官に就任した。  W杯予選が...
»続きを読む
カテゴリー:

フジ三田友梨佳アナ、寝る時は「ノーパンの方がいいのか?」名医に疑問ぶつける - 06月14日(木)18:32 

現役の名医が、いわゆる民間療法として世に広まっている数多くの健康法について見解を語り合う『名医20人があなたの健康法を徹底議論!! ザ・ドクタージャッジ』(フジテレビ系)が、6月24日(日)19時から放送される。同番組では、2000人を超える老若男女に聞いた、いわゆる民間療法として世に広まっている数多くの健康法について、現役医師たちが○×で判定し、討論を繰り広げる。MCは、元NHKアナウンサーで現在はジャーナリストとして数々のメディアで活躍する堀潤、ワイドショーでも活躍し女性からの好感度が高い近藤春菜(ハリセンボン)、情報番組『直撃LIVE グッディ!』でのコメントが注目を集める三田友梨佳アナウンサーの3人。彼らが視聴者の代表として、健康への疑問を現役名医20人に投げかける。番組で扱うテーマは“具合が悪い時”から“朝活”や“睡眠”、“脳梗塞予防”にまつわる健康法まで実にさまざま。また、スタジオには健康にまつわる悩みを持つゲストが次々と登場。過去に脳梗塞を経験した麻木久仁子は、「血管・血液のためオリジナル酢キャベツ」を食生活に取り入れるようになったと話し、京本政樹は、「体調維持のために食事は一日一食」の生活をしていることを明かす。このほか、丸山桂里奈、優木まおみ、篠田麻里子も自身が信じている健康法を語る。収録を終えた堀は「権威ある先生方が激論を交わすシーンもあり、一方的に言い負かされ...more
カテゴリー:

危険!健康な人でも突然死してしまうワケ - 06月10日(日)20:45 

国民的歌手とも言える西城秀樹氏が急性心不全のため逝去されました。2度の脳梗塞を経験されながらも超人的なリハビリ努力を続け、歌手としてのライフワークを全うされた人生には多くの人が感銘を受け、早すぎる死が…
カテゴリー:

もっと見る

「脳梗塞」の画像

もっと見る

「脳梗塞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる