「脳卒中」とは?

関連ニュース

長年の論争に決着? 卵1日1個で病気リスク減 研究 - 05月24日(木)05:19 

【AFP=時事】専門家らは長年、卵を食べると不健康なコレステロールの値が上がると警告してきた。しかし中国と英国の研究チームは22日、1日1個の卵の摂取が心臓病や脳卒中のリスクを減少させる可能性があるとの研究論文を発表した...
カテゴリー:

西城秀樹さんの死でまたまた湧き上がる「サウナはカラダに悪い説」の真相は? - 05月23日(水)08:54 

 昭和を代表する国民的スター歌手・西城秀樹さん(享年63)が亡くなった。直接の死因は急性心不全だが、西城さんは48歳と56歳のときに脳梗塞を発症している。豪快な性格で知られ、病で倒れる前は1日にタバコを3~4箱、一晩でワインを2本空けていたと本人が発言。さらに、ここに来て注目されているのが趣味のサウナ通いだ。最初の脳梗塞も、水を飲まないままサウナに入ったことが原因とされる。西城さんは、サウナで汗を出し切った後のビールやラーメンを何より楽しみにしていた。  これで勢いづいたのが、サウナ反対論者たちである。サウナを巡っては「身体にいいのか? 悪いのか?」という議論がかねてより活発に行われていたのだが、西城さんの件を機に「ほれ、見たことか! やっぱりサウナは身体に毒じゃないか!」といった論調が目立つようになった。  ネットを見ると、≪西城秀樹関連のニュースでサウナが話題やけども、TOKIOの松岡君もサウナで脱水起こして救急搬送されてるよね≫≪西城秀樹もサウナ、長嶋もサウナ、若島津もサウナ……サウナってやっぱ危険なんだな~≫≪ミスターと共にサウナによって壊された昭和のスター≫≪サウナってじっと汗流してるだけで痩せる訳じゃないし、血がドロドロになるし、尿酸値上昇や脳梗塞のリスクもすごいあるんだよね≫などの意見がズラリ。中には≪やはりサウナはバビロン。悪魔の棲む部屋だった≫などとオカルトめ...more
カテゴリー:

脳研・健やかワンポイント[脳血管内治療]カテーテルが有効に - 05月19日(土)12:41 

 脳血管障害(脳卒中)のカテーテル治療について「最新の治療が、最良の治療とは限らない」という趣旨のコラムを以前、本欄に書きました。それから4年。カテーテル治療は大きな進化を遂げました。 まず、脳梗塞の…
カテゴリー:

日本全国「長生きできる都道府県」はどこ? - 05月17日(木)10:30 

 47都道府県を詳細データで検証した結果、驚きの事実が発覚。あなたの住む地域は長寿ですか。それとも……。  日本人男性の平均寿命は80.98歳で、女性は87.14歳。これは厚生労働省が昨年発表したデータだが、もう一つ大切な健康指標がある。「日常生活に制限のない期間」――いわゆる「健康寿命」である。簡単に言うと、病院や人の世話にならず、自立して生活できる平均的な年齢のことで、厚労省が3年ごとに調査している。この春に発表された報道資料によると、健康寿命は男性が72.14歳で女性は74.79歳。つまり、男性なら72歳くらいまでは釣りやゴルフも楽しめ、買い物も自分で車を運転して行ける。また、病院や医師の厄介になることもあまりない。いわゆる“元気な老人”でいられる平均的な期間だ。病気で寝込みがちになったり、子どもや介護士の世話にならずに生活できる。医療ジャーナリストの牧潤二氏が説明する。「いくら長生きしても、寝たきりや要介護ではどうしようもない。最近はこう考えて健康寿命を延ばす努力をする人が増えています」  国や地方自治体も、健康寿命を延ばすことに力を入れている。病院や薬、介護にかかる医療費が抑えられるからだ。「健康データは県や市区町村ごとに公表するケースが多いのですが、これも自治体同士で競わせ、医療費を軽減させる苦肉の策でしょう」(前同)  ちなみに、4月17日に厚労省が公表し...more
カテゴリー:

コレステロール管理の究極ガイド - 05月16日(水)20:00 

コレステロールと、その数値を管理する重要性は、みなさんすでにご存知ですよね。しかし、どうしたらよいかという大切なところはうやむやにしてしまっていることが多いかもしれません。ご心配なく、それはあなただけではありません。2017年4月、アメリカ心臓協会はコレステロール高めの人は、どう体調を管理するかわからず自信がないとという調査結果を発表しました。そして、心臓病または脳卒中の病歴またはその危険因子をもつ回答者の47%は、コレステロールを1年以上測っていませんでした。ニューヨークのコロンビア・プレスビテリアン病院の循環器科および内科の医師、ジェニファー・ヘイズさんはこう話しています。「コレステロールについては学会の間でデータの矛盾があり、患者にとってコレステロールのあるべきレベルとそこに到達するのに何をすべきかを正確に知るのが難しくなっています」。やや高めのコレステロール値、というだけでも、将来心疾患を引き起こす可能性はあります。コレステロール値を管理するために知るべきことのすべてを紹介しましょう。コレステロールは悪者にされがちですが...... コレステロールは、体のあらゆる細胞で見つかる、脂肪のような物質で、米国国立心臓・肺...more
カテゴリー:

【社会】長年の論争に決着? 卵1日1個で病気リスク減 研究 - 05月23日(水)22:17  newsplus

専門家らは長年、卵を食べると不健康なコレステロールの値が上がると警告してきた。 しかし中国と英国の研究チームは22日、1日1個の卵の摂取が心臓病や脳卒中のリスクを減少させる可能性があるとの研究論文を発表した。 ただ、外部の専門家には論文を過信し過ぎないよう注意を呼び掛けている人もいる。 英医学誌「Heart」に掲載された論文によると、研究チームは30~79歳の健康な成人50万人を対象に約9年にわたって調査した結果、「(卵を)消費しない人と比較し、毎日の卵の消費が心血管疾患リスクの低下と関連していた」と結論付...
»続きを読む
カテゴリー:

「STV医療セミナー~脳卒中 予防のカギは生活習慣にあり~」6月24日に開催!講師は「匠の手を持つ脳外科医」として全国的に知られる上山博康医師と谷川緑野医師。 - 05月22日(火)12:40 

[札幌テレビ放送株式会社] この度札幌テレビ放送(STV)では、平成30年6月24日(日)STVホール(札幌市中央区北1西8)にて「STV医療セミナー~脳卒中 予防のカギは生活習慣にあり~」を開催する運びとなりました。 本講演会は「脳卒中」をテー...
カテゴリー:

“静かなる殺し屋” 高血圧の恐怖 5/18 3:09更新 - 05月18日(金)03:09 

国内の推定患者数は約4000万人…。自覚症状もないまま脳卒中や心筋梗塞など突然死を引きおこす病「高血圧」。予防のための「食」と「簡単体操」から睡眠中に潜む高血圧リスクの回避術まで、おなじみ“血管先生”がわかりやすく解説します。
カテゴリー:

AIを利用して神経障害を治療するBrainQが$5.3Mを調達、世界最大の脳波データベースを持つ - 05月17日(木)10:15 

イスラエルのBrainQは、脳卒中の後遺症や脊髄の損傷などで障害を抱える人びとを、個人化された電磁療法で治療している。同社はこのほど、これまでの350万ドルに加えて新たに530万ドルを調達したことを、発表した。その投資家たちは、Qure Ventures、クラウドファンディングのOurCrowd.com、Norma Investments、IT-Farm、そしてValtech CardioのファウンダーでCEOのAmir Grossなど数名のエンジェル投資家たちだ。 本誌TechCrunchが今年の初めにBrainQを取材したときには、彼らはイスラエルの脳卒中患者を対象とする2件の臨床試験を行っていた。当時の同社は最初の資金調達ラウンドを完了したばかりで、GoogleのLaunchpad Acceleratorとの協働も開始していた。 BrainQは、患者の脳波を利用して、その人に合った治療計画を作る。AIは、どんなに優れたアルゴリズムでも、データがなければ何の役にも立たない。BrainQによると同社には、運動能力に関する世界最大の、Brain Computer InterfaceベースのEEGデータベース(脳波図/脳電図データベース)があり、それを利用して患者の脳波を解釈し、治療計画を作りだす。 BrainQの脳波読み取りデバイス “今われわれは、新しい時代の入口...more
カテゴリー:

“静かなる殺し屋”高血圧の恐怖 5/16 19:11更新 - 05月16日(水)19:11 

国内の推定患者数は約4000万人…自覚症状もないまま脳卒中や心筋梗塞など突然死を引きおこす病、「高血圧」。“ヒートショック”など寒い季節にリスクが高くなると言われる高血圧、実はこれからの季節が要注意なんだとか。そのワケとは?
カテゴリー:

もっと見る

「脳卒中」の画像

もっと見る

「脳卒中」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる