「職人技」とは?

関連ニュース

師バーンスタイン百歳に贈る、佐渡裕渾身の恩返し - 06月18日(月)17:10 

あの感動が帰ってくる!レナード・バーンスタイン生誕百年の今年、最後の愛弟子・佐渡裕渾身のオーケストラ・サウンドによって鮮烈に蘇る最高傑作。8月、佐渡が指揮する『ウエスト・サイド物語』シネマティック・ フルオーケストラ・コンサートが東京と大阪で6年ぶりに上演される。【チケット購入はこちらから】(PC)デジタル音声処理により、音楽部分だけを消した映画全編に、オケの生演奏をシンクロさせるコンサート。「映像や歌にぴったり合わせるのはものすごく大変。職人技の連発です。でもね、ただ合わせるだけではなく、『ここは勢いで行って多少ズレてもいい部分』とか、オケとそういう瞬時のやりとりもあって、映画とライブ感がちゃんと共存するのが面白い」『ウエスト・サイド』の音楽の魅力を、「あんなに印象に残るナンバーばかりなのに、それが実は非常に理屈で書かれていること」という。たとえば、「ソ-ド-ファ#」という音程関係が、全編を巧みに貫く。それが「どこか不良っぽくて人を惹きつける」と同時に、その不協和な音程が、トニーの死によって抗争が収まったかに見えるラスト・シーンでは、そんな安直な平和の到来に疑問を投げかけるかのように鳴り響く。「でも、そんな理屈を知らなくても虜にさせるのがすごい。バーンスタインの音楽にはさまざまなジャンルの音楽が共存している。ジャズの自由さ、クラシックの重厚さ、ラテン音楽のノリ。それをオケをフル活...more
カテゴリー:

食パンをどこまで薄く切ることができるのか 職人技に「食べてみたい」の声 - 06月12日(火)09:00 

スーパーやコンビニなどで日常的に見かける食パン。 大抵は一斤を6枚や8枚に切った状態で販売されているのですが、「どこまで薄く切ることができるのか」と、挑戦した人がいました。 千葉県流山市にある昔ながらのパン屋『小倉ベーカ...
カテゴリー:

3500万円は安い!?“日本ブランド”の高級時計に秘められた0.3mmの職人技! - 06月05日(火)16:01 

[テレビ大阪株式会社] 「世界のセイコー」と呼ばれるセイコーエプソンの本拠地・長野県中信地区。そこに「現代の名工」にも選ばれたレジェンドがいる。 [画像1: https://prtimes.jp/i/20945/164/resize/d20945-164-913906-0.jpg ] [画...
カテゴリー:

【お笑い】有吉の鋭い意見にネット感心 「YouTubeのおかげで漫才のレベルが上った」 - 05月26日(土)16:50  mnewsplus

リアルライブ 2018年05月24日 22:20 https://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180524/Real_Live_38357.html  5月23日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行とマツコ・デラックスが、職人技や奥儀を簡単にネットで見れる社会を喜んだ。  番組中、「空手を長年学んでいるが、10何年習っても教えてもらえない師範代しかできない奥儀や秘伝を、今ではYouTubeで簡単に学べてしまうことに不満を感じている」という投稿が寄せられる。  まず、マツコは「秘伝とか言われてるものってさ、別...
»続きを読む
カテゴリー:

【かき氷】あまおうを使ったいちごシロップに、練乳もあずきもたっぷり!西荻窪の人気甘味処「甘いっ子」の昔ながらのかき氷 - 06月13日(水)07:00 

夏になると恋しくなるかき氷。今回は、都内で気軽に行ける、足を運んでみる価値のある名物かき氷の魅力をご紹介。西荻窪にある人気甘味処「甘いっ子」でいただけるのは、あまおうを使った自家製のいちごシロップに、練乳もあずきもたっぷりの昔ながらのかき氷。昔ながらのレトロな空間で過ごすひとときも楽しんで【素材のおいしさがギュッと詰まった自家製シロップ】昭和43(1968)年の創業以来、地元の人に親しまれている甘味処「甘いっ子」。こちらでかき氷が食べられるのは、5~10月頃までの約5カ月間。店先にかき氷がプリントされたTシャツが提げられたら今年も氷シーズンのスタート。コントラストが美しい「いちごミルク金時」(930円)は看板メニューのひとつ。自慢のあんには北海道産の最高級小豆を使用。シロップにはあまおうなど糖度の高い品種のいちごを厳選して使う。氷は昔なじみの氷屋さんから取り寄せた純氷。「時間をかけて冷凍すると、こんな風に透明な氷ができあがるんだよ」と店主の池さん。あえて少し固めに削るという氷は、サクサクとした食感が特徴。浅めの器に盛られた氷にシロップとあんを半分ずつ乗せたら、さらに上から練乳をたっぷりと。いちごのおいしさが凝縮した甘酸っぱいシロップと、やさしい甘さのあんが相性抜群で、ひと口目から思わず笑顔になるはず。◆ほかにもある!お店の人気メニューや雰囲気をチェック【真っ白なのに抹茶味!?】一見...more
カテゴリー:

天ぷらを揚げて30年!80年代のJ-POPと楽しむ老舗の天ぷら - 06月06日(水)11:00 

「天ぷらと串 髙尾」は、祖母の代から始めて43年を迎える天ぷらの老舗。敷居が高いイメージのある天ぷらを気軽に楽しむことができる、下町ならではの親しみやすさが魅力だ。 【写真を見る】ステーキ屋で働いていた髙橋さんが「天ぷらと串 髙尾」を継いで30年。「髙尾という店名は、親族の名字の『髙橋』と『尾崎』から一文字ずつ取ったんですよ(笑)」 ■ 職人が手がけるジューシーな天ぷら 厨房は店主の髙橋さんが一人で切り盛りし、築地で仕入れた新鮮な魚介類や野菜を次々と衣にくぐらせ、サラダ油とごま油をこだわりの配合にした揚げ油で手際よく揚げていく様は、まさに職人技。衣はサクッと、具材はジューシーな天ぷらを堪能できる。 店内には、髙橋さんセレクトの80年代のJ-POPが流れる。どこか懐かしい雰囲気を楽しみつつ、30年磨き続けてきた職人の技を間近で見ながら、揚げたてのおいしい天ぷらをいただこう。(東京ウォーカー・東京ウォーカー編集部) 【関連記事】 ・都民でも利用したくなる?蔵前の居心地のいいゲストハウス ・キリッと冷やして楽しみたい、無農薬有機栽培のおいしいお茶 ・居酒屋でカツサンド!?おかず横丁の一角で“食のカオス”を楽しむ ・コスパ最強!東京・台東区の激安たこ焼き&今川焼き
カテゴリー:

まさに職人技!ベテランアニメーターが『犬ヶ島』の世界を作り上げていくメイキング映像が先行公開 - 06月04日(月)11:14 

パペットは「演技を刻み付けていく、動く彫刻」 『犬ヶ島』のアニメーターたちがいかにしてアンダーソン監督のユニークなビジョンを形にし、パペットに命を吹き込んでいったのかを捉えた特別映像。
カテゴリー:

「職人技」の画像

もっと見る

「職人技」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる