「翻案」とは?

関連ニュース

大島優子、3年ぶりの舞台はドストエフスキー「罪と罰」 - 06月08日(金)08:28 

2019年1月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて、「罪と罰」が上演される。後世に多大なる影響を与えたドストエフスキーの長編傑作小説を三浦春馬主演で舞台化。 【写真を見る】勝村政信は三浦春馬演じるラスコーリニコフを疑う捜査官に! 自身の掲げる“正義”のために殺人を犯す主人公の青年・ラスコーリニコフを三浦、ラスコーリニコフと心を通わす娼婦・ソーニャを大島優子、ソーニャの義理の母を麻実れい、ラスコーリニコフを疑う捜査官を勝村政信が演じる。三浦と大島は本作が初共演となる。 ■ 三浦春馬コメント また、(演出家の)フィリップ・ブリーンさんの元で作品に一緒に向き合える事ができてとてもうれしいです。以前ご一緒させていただいた時に、作品が訴えかけたい事や、キャラクターの感情の起伏を密に考え、感じる喜びを教えてくださいました。早く稽古場で一緒に作品をつくっていきたいです。 大島さんが出演されている作品を見て、大島さんは繊細かつパワフルな演技をされる方だと思いました。舞台上でどんなやり取りができるか、今からとても楽しみです。 ■ 大島優子コメント 芝居をすることからしばらく離れていましたが、この作品に、そして、ソーニャへの情熱を傾ける時間に、一意専心したいと思います。 主人公のラスコーリニコフを三浦さんが演じられるのは、自然とイメージできました。三浦さんから正義感という、「それ」を感...more
カテゴリー:

【イタリア】赤ちゃんが独裁者ベニト・ムソリーニと同姓同名に、裁判所が両親を召喚 - 05月29日(火)18:50  newsplus

【5月29日 AFP】 イタリアで1歳2か月の男児の両親が裁判所に召喚を命じられたと地元紙が報じた。 この男児の名前がベニト・ムソリーニ(Benito Mussolini)だったためだ。  この男児は祖父の名をとってベニトと名付けられた。イタリアでよくあることだ。 しかし姓がムソリーニだったため、何の関係もないにもかかわらず 1922年から第2次世界大戦(World War II)末期までイタリアの政権の座にあった独裁者ムソリーニと同姓同名になってしまった。  地元紙ガゼッタ・ディ・パルマ(Gazzetta di Parma)によると、 北部ジェノバ...
»続きを読む
カテゴリー:

「翻案」の画像

もっと見る

「翻案」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる