「羽田美智子」とは?

関連ニュース

【視聴率】井ノ原快彦主演「特捜9」最終回15・2% シーズン3も全話2桁フィニッシュ - 07月27日(月)12:29  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/fbf6c9ef8496309b4882529159be4d89cc296367 イノッチ主演「特捜9」最終回15・2% シーズン3も全話2桁フィニッシュ  V6の井ノ原快彦(44)が主演を務めるテレビ朝日の刑事ドラマ「特捜9 season3」(水曜後9・00)の最終回(第10話)が22日に放送され、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は15・2%だったことが27日、分かった。シーズン1、シーズン2に続き、3シリーズ連続で全話2桁を記録した。  初回は14・2%で3作連続の2桁好発進。第2話、第3話、第4話はいずれも13・9%。新...
»続きを読む
カテゴリー:

「激レアさん」に思う番組作りとパスワークの類似点 - 07月24日(金)16:32 

先日、テレビ朝日で放送している人気番組「激レアさんを連れてきた。」に出演させてもらいました。 お笑い芸人オードリーの若林正恭さん、女優の羽田美智子さん、お笑い第7世代の霜降り明星せいやさん、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー、第一線で戦い…
カテゴリー:

羽田美智子、“父”伊東四朗への愛を語る!「本当に父だと思っています」 - 07月19日(日)10:37 

たたき上げの刑事・鴨志田新一(伊東四朗)と、エリート警視の娘・岡崎真実(羽田美智子)という“凸凹父娘コンビ”の活躍を描く人気ミステリー『おかしな刑事』シリーズ。その最新作が、7月19日(日)に放送される。17年間にわたって娘・真実を演じてきた羽田美智子が、シリーズスタート時の思い出や“芸能界の父”と慕う伊東四朗への思いを語った。◆会いたかった大先輩・伊東四朗との共演に「夢がかなった!」『おかしな刑事』シリーズは、2003年に『土曜ワイド劇場』で第1弾を放送して以来、同枠や『日曜ワイド』『ミステリースペシャル』枠などで放送を重ねてきた。シリーズ開始当初を振り返り、羽田は「女優を目指していた頃、いちばん会いたいと思っていた人が伊東四朗さんでした。その伊東さんと親子を演じさせていただくことになって、“夢ってかなうんだ”…と思ったことが最初の思い出です」と、実は名優・伊東との共演が女優になる前からの念願だったことを明かす。――『おかしな刑事』シリーズは今年で17年目に突入しました! シリーズ開始当初の思い出や忘れられないエピソードを教えてください。「17年、そのすべてがいい思い出ばかりです。女優を目指していた頃、いちばん会いたいと思っていた人が伊東四朗さんでした。その伊東さんと親子を演じさせていただくことになって、“夢ってかなうんだ”…と思ったことが最初の思い出です。スタッフさんの平均年齢...more
カテゴリー:

羽田美智子、『おかしな刑事』共演17年 “父”伊東.. - 07月18日(土)09:01 

羽田美智子、『おかしな刑事』共演17年 “父”伊東四朗への思いを告白 (写真 全3枚) #伊東四朗 #羽田美智子 #テレ朝 #ドラマ #おかしな刑事
カテゴリー:

十津川警部(高橋英樹)、新十津川へ!ラストランを終えた札沼線&新十津川駅に感謝 - 07月26日(日)12:21 

ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏が生み出した人気キャラクター“十津川警部”と“亀井刑事”が、時刻表や鉄道にまつわるトリックを解明。事件の背後に潜む人間ドラマを浮かび上がらせていく『西村京太郎トラベルミステリー』。その最新作となる第72弾が、本日7月26日(日)に放送される。今回は、北海道・新十津川町で撮影したノスタルジックな風景が旅情をかきたてるミステリー。舞台となるのは、この春“ラストラン”が大きな話題となったJR札沼(さっしょう)線と“日本一最終列車が早い駅”として鉄道ファンに親しまれてきた新十津川駅だ。実は新十津川町は、十津川警部の名前の由来である奈良・十津川村の住民が明治時代に水害を逃れて移住し築き上げた町。原作者である西村京太郎氏は、十津川村では観光大使、今回の舞台である新十津川町では応援大使を務めており、十津川警部とは切っても切れない“深い縁”で結ばれた場所となっている。今回の最大のみどころは、この春に一部廃線となった札沼線と、それに伴い駅としての役目を終えた新十津川駅がふんだんに登場すること。本作では、まもなく引退のときを迎える札沼線、新十津川駅でロケを敢行。その姿を美しい映像でとらえている。◆あらすじ大学教授・大島健蔵(久松信美)が都内の路地で何者かに刺殺され、警視庁捜査一課・十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)は臨場する。第一発見者によると、被害者は「十津...more
カテゴリー:

前田亜季、娘虐待の疑いをもたれる母役を体当たりで挑む『死役所』 - 07月20日(月)14:24 

前田亜季と佐々木みゆが、7月22日に放送される松岡昌宏(TOKIO)の主演ドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~ ※アンコール放送)の第8話「あしたのわたし」に母娘役で出演。心痛む悍ましい事件を題材にした回で「愛とは何か」を問う。本作は、累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画が原作。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、“生と死”“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。主人公であるシ村(松岡)はあの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い人物だ。松岡のほかに、黒島結菜、清原翔、でんでん、松本まりか、余貴美子らが出演する。<第8話あらすじ>シ役所の他殺課に、絵本を抱えた少女・小野田凛(佐々木)がやってきた。凛は、シ村(松岡)に「いつもお母さんのことを怒らせていたから、凛は天国には行けないかも」と言うが、保育士・黒川あかね(吉田志織)に憧れていた生前の凛は、園児に読み聞かせをする心優しい子だった。保育士のあかねは、凛の異変に気付きだす。不潔な身なり、不審な傷、保育園に迎えに来ない母親・瞳(前田)の虐待を疑いだす。凛は「お母さんはとっても優しい」の一点張りだが、実際は、絵本を読...more
カテゴリー:

霜降りせいや、大慌て!オードリー若林が「やっぱりネットに詳しいね」とツッコミ - 07月18日(土)11:59 

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。7月18日(土)の放送では、霜降り明星のせいやと羽田美智子をゲストに迎え、“年俸120円の現役Jリーガー”を紹介する。42歳のアビコさんは現在J3リーグのY.S.C.C.横浜に所属し、10代や20代に混じってプレーする正真正銘のJリーガー。プロになったのはなんと40歳のときで、それまでは15年間普通のサラリーマンをしていたが、一念発起。昨年ついにJリーグ史上最年長デビューを達成した。もともとアビコさんは幼い頃からプロサッカー選手を目指し、17歳で単身ブラジルへサッカー留学するほどの腕前の持ち主。ところが帰国後、大きな挫折を味わい、23歳のときにサラリーマンになることを選んでしまう。同僚になぜプロになることを諦めたのかを聞かれるたび、理由を説明したものの、すべて真っ赤な嘘だという。ビジネスマンとして優秀で、稼ぎも相当あったものの、30代の終わりに人生の大きな転機が訪れる。長く本格的に運動をしていなかったため、スポーツジムに通うことにしたのだが、そこでトレーナーからの”悪魔のささやき”に、「いまの安定した生活を捨てて、プロになる!」と決意してしまったのだ。トレーナーが”営業トーク”で言ったのに、アビコさんのやる気に火をつけた言葉が明らかになる。◆せいや大慌て!若い頃、ア...more
カテゴリー:

「羽田美智子」の画像

もっと見る

「羽田美智子」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる