「羽生善治竜王」とは?

関連ニュース

永世七冠・羽生善治、愛娘の恋バナにやきもき 真顔で「お断りします!と言わなきゃ」 - 07月12日(木)19:00 

将棋の羽生善治竜王(47、永世七冠)の妻・理恵さんが2018年7月11日、夫が家庭で見せた「父親の顔」をツイッターで明かした。
カテゴリー:

全国オール学生将棋選手権戦(団体戦)への協賛のお知らせ ―ファーストロジック杯開催― - 07月10日(火)16:40 

[株式会社ファーストロジック] [画像: https://prtimes.jp/i/1240/323/resize/d1240-323-510238-0.jpg ] 藤井聡太七段による「七段昇段の最年少記録更新」や、羽生善治竜王の「永世七冠」達成など、近年、将棋界で様々な出来事がありました。...
カテゴリー:

羽生善治竜王、自身が着想の早指し将棋に本音「かなりハード」 - 07月07日(土)13:48 

 将棋棋士の羽生善治竜王(永世七冠)が7日、都内で行われたインターネットテレビ局・AbemaTV「将棋チャンネル」の新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』取材会に参加。自身の着想によってスタートした“早指し将棋”を取り入れた同トーナメントの魅力を「短い限られた時間の中でスリリングな展開が続いているので、将棋の魅力をアナウンスするひとつの形になればなと思います」とアピールした。 【写真】決勝進出が決定している藤井聡太七段  羽生竜王の着想で作られたトーナメントは、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」で対局が行われる。持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用。チェスでも用いられるものだが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で実施する。1対局あたり約30分と初心者でも楽しみやすい、スピーディーな展開が見どころのオリジナルルールとなっている。  この将棋のスタイルについて「100メートルダッシュを何回も繰り返すような感じで、かなりハード」と表現した羽生竜王だが、「このルールは若い人の方が有利だと思いますけど、私自身もいままでやったことがないというのもあるので、楽しむことができたらいいかなと思っています」と意気込み。「ある程度の技術も保ちながら、見ている人も面白いと感じられるような内容になっ...more
カテゴリー:

【将棋】佐藤天彦名人が3連覇 4勝2敗で羽生善治竜王降す/名人戦七番勝負第6局 - 06月20日(水)21:43  mnewsplus

<名人戦>佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す 6/20(水) 21:42配信 毎日新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000115-mai-soci 19日から山形県天童市の天童ホテルで指されていた第76期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、天童市、天童商工会議所協力)は20日、佐藤天彦名人(30)が挑戦者の羽生善治竜王(47)を破って4勝2敗で防衛し、3連覇を果たした。羽生のタイトル獲得100期達成はならなかった。【丸山進】 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】羽生は2手目で珍しい6二銀 佐藤名人vs羽生竜王 名人戦第6局始まる - 06月19日(火)09:47  mnewsplus

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000016-mai-soci 名人戦第6局で初手を指す佐藤天彦名人(右)と挑戦者の羽生善治竜王 佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦し、佐藤の3勝2敗で迎えた第76期名人戦七番勝負第6局(毎日新聞社、朝日新聞社共催、大和証券グループ協賛、山形県天童市、天童商工会議所協力)が19日午前9時、天童市の天童ホテルで始まった。 先手番の佐藤が初手2六歩を指し、2日間の戦いが始まった。 羽生は2手目では珍しい6二銀と指した。 交互に先手番を指し、第4局ま...
»続きを読む
カテゴリー:

娘が男に言い寄られたと知った、羽生善治竜王 その後の言動に「可愛すぎる!」 - 07月12日(木)11:05 

2018年7月11日、元女優の羽生理恵(@usaginoheso)さんがTwitterを更新。 夫の羽生善治竜王と、2人の娘たちとのエピソードをつづりました。 娘がいい寄られると知った羽生善治、真顔で… 男子から「LIN...
カテゴリー:

史上初! アマからプロになった将棋界のレジェンド瀬川晶司とは? 自伝的小説が映画化『泣き虫しょったんの奇跡』 - 07月10日(火)16:00 

史上初の永世七冠を達成し、国民栄誉賞も受賞した「羽生善治竜王」や、最年少で七段に昇段した「藤井聡太七段」の活躍など、近年大きな盛り上がりを見せている将棋界。漫画や小説、映画化も活発で、今や将棋ファンだけでなく一般層の間でもブームを起こしています。 そんな中、またひとり将棋界のレジェンドが起こした奇跡の実話が映画化、今秋公開となることをご存じでしょうか? そのレジェンドとは、将棋界史上初・アマチュアからプロへと転向を果たした、瀬川晶司五段。彼の同名自伝的小説を原作に作られた映画『泣き虫しょったんの奇跡』は、夢を追う人または夢破れた人など、あらゆる人々に勇気を与える新たな感動実話映画となっています。 一度は夢破れるも、”奇跡”を起こしアマからプロへ!瀬川晶司、衝撃の半生 瀬川五段がレジェンドとされているのは、かつて将棋界への道を断たれるも、将棋への情熱と周囲の厚い支持により、プロ編入を果たしたことにあります。 そもそも将棋の世界でプロとして活動するためには、日本将棋連盟のプロ将棋棋士養成機関「新進棋士奨励会」、通称「奨励会」への入会が必要。試験は年に一回しかなく、これだけでも狭き門だが、大変なのは入会後。原則、満21歳までに初段、満26歳までに四段へ昇段しなければならず、これが果たせなければ強制的に退会、つまりプロ棋士になることはできないのだ! 年齢制限というタ...more
カテゴリー:

【将棋】藤井聡太七段、高校入学後初黒星 29連勝達成時の相手・増田六段に雪辱許す - 06月29日(金)22:26  mnewsplus

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(15)が29日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメント2回戦で増田康宏六段(20)と対戦し、125手で敗戦。高校入学後(今年度)10局目で初黒星を喫し(未放映のテレビ対局を除く)、今期の羽生善治竜王(47)への挑戦の可能性が消えた。  藤井は昨年6月26日の同1回戦で増田に勝ち、公式戦新記録の29連勝を達成。将棋界を超えて大きな注目を集めた。それから約1年ぶりとなる公式戦での対戦で、「東の天才」とも称される増田に雪辱を許す形となった。  藤井は...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】原口は飛車、乾は桂馬……サッカー通棋士が描くW杯初戦 - 06月19日(火)18:29  mnewsplus

 佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑む第76期将棋名人戦七番勝負第6局が19日、山形県天童市の天童ホテルで繰り広げられている。2勝3敗で迎えた羽生竜王にとっては、負けたらシリーズ敗退が決まる大一番だ。負けられない大一番といえば、サッカー日本代表が今晩、ワールドカップ(W杯)初戦のコロンビア戦を迎える。将棋界のサッカー通で知られる野月浩貴八段(44)は、「将棋とサッカーは共通点が多い。『組織の連動性』が勝利のカギを握る」と話す。  第6局の副立会人を務めている野月八段は、サッカー観戦歴32年というサ...
»続きを読む
カテゴリー:

「羽生善治竜王」の画像

もっと見る

「羽生善治竜王」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる