「縄文時代」とは?

関連ニュース

【千葉】「縄文期で全国最大級」竪穴住居跡、取掛西貝塚で見つかる 国内最古の「動物儀礼」跡も - 09月22日(土)02:04  newsplus

縄文時代早期前半の竪穴住居跡が出土した取掛西貝塚=船橋市教委提供  船橋市で発掘調査が進む取掛(とりかけ)西貝塚西側で、縄文時代早期前半(約一万年前)と縄文前期(約六千年前)、弥生時代中期(約二千百年前)の竪穴住居跡が見つかった。同遺跡で市と市教育委員会は、市内初の国史跡指定を目指している。二十日には報道機関向けの現地説明会があり、市教委は「一帯は大規模集落だったことが確認された」とした上で、「貝塚を伴う約一万年前の縄文遺跡では全国最大級」と話している。 (保母哲)  取掛西貝塚で市は昨...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】2200年前?「炭化米」出土 弥生時代の東北地方に水稲農耕浸透、貴重な史料 弘前・清水森西遺跡 - 09月20日(木)19:41  newsplus

発掘調査の説明をする上條准教授=2018年9月18日午後1時16分、青森県弘前市十面沢の清水森西遺跡、佐藤孝之撮影 出土した長さ5ミリほどの炭化米  弘前大人文社会科学部北日本考古学研究センターは18日、岩木山麓(ろく)に位置する弥生時代遺跡「清水森西遺跡」(弘前市)で、約2200年前の弥生時代中期初めとみられる炭化米や土器が出土したと発表した。西日本の水稲農耕文化の影響を受けた土器とともに縄文時代の影響を残した遺物も見つかっており、東北地方に水稲農耕が浸透する過程を知る上で貴重な史料と期...
»続きを読む
カテゴリー:

縄文時代の土器、「聖火台のデザイン」に採用を - 09月13日(木)19:13 

 新潟県で多く見つかっている燃え上がる炎のような形状の縄文時代の土器を「聖火台のデザイン」に採用してほしいと、新潟県知事が文部科学省に要望しました。
カテゴリー:

【北方領土】老朽化で解体、択捉島の紗那郵便局跡地から続縄文時代の土器片出土 北海道博物館の学術交流訪問団が採集 - 09月20日(木)22:54  newsplus

 択捉島を3泊4日で訪れた北海道博物館の学術交流訪問団(6人)は17日、根室市の根室港に戻って記者会見し、老朽化のため3年前に解体された紗那郵便局跡地から続縄文時代の土器片が出土したことを明らかにした。  団長を務めた右代啓視(うしろひろし)学芸主幹によると、跡地はケーブル埋設工事のため掘り返され、訪問団は本州の弥生~古墳時代に当たる続縄文文化の土器片数点を採集した。3年前の局舎解体の際にも現地のロシア人が土器を発見したというが、事前の発掘調査は行われなかった。  日本の埋蔵文化財保護法では...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】日本人のルーツ、ゲノムで探る 遺伝研が新プロジェクト 現代日本人・縄文人・弥生人のゲノム解析、海外のサンプルとも比較 - 09月18日(火)03:39  newsplus

 私たちの祖先はどこから来て、どういう過程をへて今の「日本人」になったのか――。国立遺伝学研究所などが10日、現代人と古代人のゲノム(遺伝情報)解析・比較を通じて明らかにする新プロジェクトについて発表した。  日本人のルーツに関しては、1万数千年前に始まる縄文時代と、3千年前ごろに始まるとされる弥生時代の2回にわたり、日本列島の外から人々が渡来し、混ざり合って今の日本人ができあがったとの説が有力だが、決定的な証拠はない。  沖縄から北海道まで全国各地の50集団、計500人の現代日本人と、国内の...
»続きを読む
カテゴリー:

地元の魚屋さんから全国へ。高知「土佐の赤かつお」はご飯が止まらなくなる - 09月09日(日)05:59 

日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。一軒の魚屋さんからスタートした味は、いまや高知県内の多くのスーパーやお土産屋さんに置かれ、県から表彰されるまでになりました。高知のお土産ナンバーワンかつおを使った “食べる調味料”「土佐の赤かつお」のおいしさの秘密は、池澤本店に昔から伝えられてきた秘伝のタレ。出汁と醤油を合わせた甘辛いこのタレでじっくりとかつおを煮込み、油と一味で味を整えてできあがるのが「土佐の赤かつお」。完全手作り、無添加製品にこだわり、化学調味料などは使われていません。日本中から食のプロフェッショナルが集まる展示会「スーパーマーケットトレードショー」へ出展した際には、大絶賛を受けたました。3日間で200件を超える商談があり、高知県民だけでなく、県外の人にもファンを増やしていきました。その実力は、高知県内で作られた地場産品のなかでも特別優れたものに贈られる「高知県地場産業賞」を授与されるほど。この「土佐の赤かつお」の開発コンセプトは“食べる調味料。現在ではにんにく味、青さのり味、ゆず味の3種類が発売されていて、どれも暖かいご飯に乗せて一緒に食べるとどこまでもご飯が進む美味しさ。クラッカーや冷奴、納豆、卵料理、パスター、ピザ、ラ...more
カテゴリー:

「縄文時代」の画像

もっと見る

「縄文時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる