「総額約」とは?

関連ニュース

フレセッツ株式会社、UTECとセレスから総額約3.5億円を調達 - 06月18日(月)16:16 

[フレセッツ株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/28896/5/resize/d28896-5-101327-0.jpg ]    フレセッツが開発するEWMは、複数のホットウォレットとコールドウォレットをそれぞれマルチシグで複合利用できる世界初の事業者向け...
カテゴリー:

「痩せる」「美肌」根拠なし=消費者庁、ネット通販会社に措置命令 - 06月15日(金)20:15 

 飲むだけで痩せられるかのような広告をし、サプリメント商品を販売したなどとして、消費者庁は15日、ネット通販会社「ブレインハーツ」(大阪市北区)に景品表示法違反(優良誤認など)で再発防止を求める措置命令を出した。併せて課徴金計2229万円を支払うよう命じた。 同庁によると、措置命令の対象はダイエットサプリ「グリーンシェイパー」や、せっけん「恋白美スキンソープ」など5商品。課徴金の対象はうち4商品で、2016年11月~今年4月に総額約7億4300万円を売り上げていた。 サプリは「毎日2粒摂取して14日間の使用で体重マイナス12.8キロ以上をお約束します」と宣伝。せっけんは「誰でも美肌になれる」としていた。 同社は同庁に対し、根拠を示す資料を提出しなかった。同社は「うたっている効果はないと認識しつつ、過激な表現をすることで販売が伸びるのでそうした」と説明したという。 同社は「広告表示に関する社内の審査体制と社内教育を強化し、広告表示の適正化を推進していく」などとコメントしている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【M&A速報:2018/06/15(2)】自律移動型ロボット開発のSEQSENSE、総額約10億円の資金調達を実施 - 06月15日(金)16:17 

【M&A速報:2018/06/15(2)】自律移動型ロボット開発のSEQSENSE、総額約10億円の資金調達を実施
カテゴリー:

定期賃金総額約100万円を不払い 不動産業者を書類送検 長岡労基署 - 06月12日(火)10:01 

 新潟・長岡労働基準監督署は、労働者に対する定期賃金を支払わなかったとして、不動産業などを営む㈱ユアーズホーム(新潟県長岡市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で新潟地検長岡支部に書類送検した。 同社は労働者7人に対し、平成29年11月16日~12月15日の定期賃金を支払わなかった疑い。不払い総額は94万343円。12月16から営業停止をした同月29日までの賃金および退……[続きを読む]
カテゴリー:

飲食店の経営をデジタル化し、ECのように効果測定できる環境へ——「favy」が5億円を調達 - 06月11日(月)10:00 

favyの役員と株主一同。写真中央が代表取締役社長の髙梨巧氏 「どうやって飲食店というビジネスとデジタルを融合していくか、『飲食店の経営のデジタル化』をテーマに事業を進めてきた。特に正確な経営判断に必要なデータ基盤を作るというのは創業時から決めていたこと。ようやく、やりたかったことの本丸の領域に入っていける段階になった」——favy代表取締役社長の髙梨巧氏は、同社の現状についてそう話す。 グルメメディアや飲食店向けツールなど、食の領域で複数の事業を展開してきたfavy。同社は6月11日、Draper Nexus Ventures、アプリコット・ベンチャーズ、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資と、日本政策金融公庫の資本性ローンに基づく融資により、総額約5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 favyでは調達した資金をもとに新規事業となる飲食店向けMA(マーケティング・オートメーション)ツールの開発のほか、グルメメディア「favy」やサービスEC事業「ReDINE」 の拡充に向けて組織体制を強化する。 同社は2017年3月に環境エネルギー投資、サイバーエージェント・ベンチャーズ、みずほキャピタル、個人投資家より総額約3.3億円を、2016年4月にみずほキャピタルとサイバーエージェント・ベンチャーズから総額1億円を調達している...more
カテゴリー:

アプリコット、7億円で1号基金 - 06月18日(月)05:00 

新興ベンチャーキャピタル(VC)のアプリコット・ベンチャーズ(東京都渋谷区)は、総額約7億円規模のベンチャーファンド(基金)「アプリコットベンチャーファンド1号…
カテゴリー:

京阪電気鉄道13000系、2編成を新造 - 4両・7両7編成ずつ計77両に - 06月15日(金)19:02 

京阪電気鉄道は15日、今年度の鉄道事業設備投資計画について発表した。2018年度は運転保安度の維持・向上やサービス向上などを目的に総額約108億円の鉄道設備投資を行う。車両新造・リニューアルも行い、7両編成の13000系を新たに2編成導入する。
カテゴリー:

スキャンで人間を判別、周囲を把握して動く自律移動型ロボット開発のSEQSENSEが10億円調達 - 06月15日(金)14:00 

自律移動型ロボットを開発するスタートアップのSEQSENSE(シークセンス)は6月15日、三菱地所、TIS、およびJAFCOが運営するファンドを引受先とする総額約10億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。 SEQSENSEの創業は2016年10月。宇宙航空研究開発機構(JAXA)ではやぶさ、はやぶさ2のプロジェクトメンバーを務めた明治大学理工学部教授の黒田洋司氏らにより設立された。 今回の資金調達はSEQSENSEにとってシリーズAラウンドに当たる。同社は2017年4月、TISとジャフコから2億円の資金調達を実施している。また2017年度のNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)による「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップに対する事業化支援」にも採択されている。 SEQSENSEが開発する自律移動型ロボットは、レーザースキャナーを使った3次元マッピング技術でロボット周辺の環境をリアルタイムに把握し、スキャンの形状から人間も判別することができる。そのため、 あらかじめ地図情報を用意したり、GPSを使わなくてもスムーズに移動が可能。人が多く出入りするような商業施設やオフィスビルなどでの利用が想定されている。 SEQSENSEでは、2017年秋に警備ロボットのプロトタイプを開発済み。24時間の巡回警備が必要なオフィスビル、商業施設や空港などでの警備、管...more
カテゴリー:

favyが総額約5億円の資金調達を実施、飲食店向けMAツールなどの事業拡充目的で採用を強化 - 06月11日(月)11:00 

食マーケティング総合企業の株式会社favyは、Draper Nexus Venturesをリード投資家として、株式会社アプリコット・ベンチャーズ、みずほキャピタル株式会社を引受先とした第三者割当増資、並びに日本政策金融公庫の資本性ローンに基づく融資により、総額約5億円の資金調達を実施しました。
カテゴリー:

favyが約5億円の資金調達--グルメメディアや飲食店向けMAツールを強化 - 06月11日(月)10:00 

favyは6月11日、Draper Nexus Venturesをリード投資家とする、アプリコット・ベンチャーズ、みずほキャピタルを引受先とした第三者割当増資と、日本政策金融公庫の資本性ローンに基づく融資により、総額約5億円の資金を調達したと発表した。
カテゴリー:

もっと見る

「総額約」の画像

もっと見る

「総額約」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる