「総務省」とは?

関連ニュース

東京の物価0・5%上昇 5月、伸び縮小 - 05月25日(金)10:20 

 総務省が25日発表した5月の東京都区部の消費者物価指数(中旬速報値、生鮮食品を除く)は前年同月比0・5%上昇の100・5だった。11カ月連続のプラスとなったが、伸び率は4月の0・6%から縮小し、3カ月連続で前月を下回った。
カテゴリー:

【通信】ソフトバンクがスマホ販売で不適切な行為、総務省が行政指導へ - 05月24日(木)20:27  bizplus

総務省は、ソフトバンクがスマートフォンの販売で指針の趣旨に反する不適切な行為を行っていたとして、近く行政指導する。  今回問題となったのは、ソフトバンクが販売代理店に対し、指針に直接抵触しない販売店の裁量に見えるような形で、スマートフォンの値引きやキャッシュバックを実質的に指示していたこと。販売代理店の情報提供で判明した。総務省は指針の抜け穴を突いた悪質な行為と見なし、ソフトバンクを厳重に注意する。  携帯電話市場では一時期キャッシュバックによる顧客の争奪戦が過熱。総務省は是正に向けた取り組...
»続きを読む
カテゴリー:

東京新聞:安全なパスワード作成は 日本語をローマ字に変換:暮らし(TOKYO Web) - 05月24日(木)09:50 

東京新聞:安全なパスワード作成は 日本語をローマ字に変換:暮らし(TOKYO Web)ネットショッピングや会員制交流サイト(SNS)など、日々の生活にネットのサービスが欠かせなくなり、パスワードを設定する場面は増えるばかりだ。総務省などは従来、パスワードの定期変更を勧めてきたが、最近は「定期変更は不要」と呼び掛け内容を変えた。どう設定し管理すべきかを専門家に聞いた。 (稲田雅文) 総務省は最近、情報セキュリティー対策を説明するサイトで、パスワードの管理について「定期的な変更は不要」...
カテゴリー:

総務省が提言したスマホ2年縛りの問題点――実施されたら、損か得か?  - 05月23日(水)06:00 

昨年12月から行なわれている総務省の携帯電話事業に関する有識者会議「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」。 4月24日には野田聖子総務大臣が、この有識者会議で検討された内容を踏まえ、「2年縛り」「4年縛り」をはじめとする長期契約について「利用者の不測の費用負担を求めることになりかねない。関係事業者に行政指導を行なう予定です」とメディアに対して発言。 これって、ユーザーにとっては、何かとネガティブイメージが強めの「縛り」が廃止されるってこと? これが実施された場合のユーザーの損と得とは? * * * まずはスマホの長期契約について復習してみましょう。最新スマホから格安SIMまで、完全ユーザー目線でテストしまくりの月刊誌『家電批評』(晋遊舎)の松田健人さん、お願いします。 松田 長期契約が本格化したのはiPhoneが登場してからです。価格の高くなった端末代を、分割して支払うのが長期契約なのです。 ―長期契約のネガティブイメージはどこから? 松田 ユーザーからしたら契約期間内で解約した場合に発生する解約金(違約金)でしょう。三大キャリアの場合、更新期間を過ぎると9500円の解約金が発生。総務省はこの解約...more
カテゴリー:

【インバウンド】訪日客のレンタカーによる人身事故4倍超 総務省、兵庫で実態調査 - 05月22日(火)22:08  newsplus

訪日外国人客(インバウンド)によるレンタカーでの人身事故件数が、2016年までの5年間の全国統計で、4倍以上に増加していることが分かった。国は、大阪、京都、兵庫の3府県の業者を対象に、交通ルールの事前説明の有無などを確認する実態調査を開始。レンタカー業界も、外国人が運転していることを示すステッカーを作製するなど、事故防止に向けた対策を進めている。(石川 翠)  国土交通省の外郭団体の公益財団法人「交通事故総合分析センター」の調査では、外国人がレンタカーを利用し、相手より過失割合の大きい第1...
»続きを読む
カテゴリー:

総務省とドコモ 今夏、研究コンテスト 5G活用に高専生の知恵を拝借 - 05月25日(金)06:08 

総務省とNTTドコモが、第5世代(5G)移動通信方式の活用に関する研究を高専生に募集するコンテストを今夏に開催する。5Gは自動運転など携帯電話以外での利活用が期…
カテゴリー:

日本ヤバイ。我が国が抱える爆弾「8050問題」を知っていますか? - 05月24日(木)17:00 

2018年度に新たに総額13億円の来年度予算案を計上し、さらに力をいれなくてはいけない状況になっている「ひきこもり施策」。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、我が国が直面している深刻な「8050問題」について解説しています。 8050問題 厚労省は2018年度、「就労準備支援・ひきこもり支援の充実」費として、新たに総額13億円を来年度予算案に計上した。国の「ひきこもり施策」の方針は、2015年4月に施行された生活困窮者自立支援法を法的根拠に、若者自立支援から福祉施策へと切り替わりつつある。施策の窓口となっているのが、同省の社会援護局だ。支援事業は、主に4つの柱で成り立っている。 その柱の1つは、引きこもる人や中高年齢者などのうち、ただちに就労を目指すことが困難で、家族や周囲との関係が希薄な生活困窮者に対し、家庭訪問(アウトリーチ)などによる継続的な個別支援を重点的に実施するという「就労準備支援事業」だ。 この事業は、就労体験先を開拓、マッチングする自治体の取り組みも推進するというもの。国が3分の2を補助するらしい。 大塚 「最近、ちっとも求人が来なくて、顧問先様たち、困ってるわね~」 深田GL 「働き方改革とかいっているのに人がいないと時間外労働も減らせないねぇ~」 新米 「そうですよね~」 E子 「人に困っている会社は多いですよね。うちだって良い人がいたら、...more
カテゴリー:

みんなの平均貯蓄額は?1812万円【最新・家計調査】 - 05月23日(水)20:30 

2018年5月18日に総務省が発表した2017年の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」によると、二人世帯の平均貯蓄残高は1812万円。前年の1820万円から8万円、0.4%の減少となり、昨年まで4年連続の…
カテゴリー:

ネットとの連携本格化明示 放送の未来像、有識者会議が骨子案 - 05月23日(水)05:51 

総務省は22日、放送サービスの未来像について協議する有識者会議を開き、サービスの高度化や利用されていない電波帯域の活用方法のほか、国際共同制作などの海外展開を支…
カテゴリー:

H30年「熱中症」による救急搬送、5/14-20週は957人…前週から急増 - 05月22日(火)19:15 

 総務省消防庁は、平成30年5月14日から5月20日までの熱中症による救急搬送人員数の速報値を発表した。全国の救急搬送人員数は957人。前週の187人より大きく増加しており、福岡県で熱中症による死亡例も発生している。都道府県別の搬送人員数では、埼玉県の82人が最多。 総務省消防庁では、消防機関や医療機関、都道府県の協力により、平成20年から熱中症による救急搬送人員数の調査を実施している。平成30年5月14日から5月20日の速報値によると、全国で熱中症により救急搬送された人は957人。都道府県別では、「埼玉県」の82人がもっとも多く、ついで「大阪府」の57人、「愛知県」の55人、「東京都」の54人、「福岡県」の52人だった。 年齢区分別では、「高齢者(65歳以上)」が53.3%を占め、「成人(18歳以上65歳未満)」は29.8%、「少年(7歳以上18歳未満)」15.9%、「乳幼児(生後28日以上7歳未満)」0.9%。「新生児(生後28日未満)」0.1%だった。 発生場所別では、「住居」が30.4%ともっとも多く、そのほか「道路」17.9%、劇場や野外コンサート会場など「公衆(屋外)」11.6%、学校などの「教育機関」11.0%、道路工事現場や工場などの「仕事場(1)」10.2%が続いた。 初診時の傷病程度は、「軽症」が64.4%を占めているものの、入院診療を要する「中等症」が30.8...more
カテゴリー:

もっと見る

「総務省」の画像

もっと見る

「総務省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる