「経済面」とは?

関連ニュース

ねじれた「自由の国」。新聞各紙は米中間選挙をどう捉えたか? - 11月09日(金)04:45 

トランプ大統領の注目度もあり、我が国でもかつてないほど大きく報道された米中間選挙ですが、上院はトランプ氏率いる共和党、下院は民主党がそれぞれ勝利を収めました。この結果を新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。ジャーナリストの内田誠さんが自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で詳細に分析しています。 新聞各紙は米中間選挙の結果をどう伝えたか ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「民主下院奪還 議会ねじれ」 《読売》…「上院共和 下院は民主」 《毎日》…「下院は民主 ねじれに」 《東京》…「トランプ共和 下院敗北」 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…「トランプ審判 白黒つかず」 《読売》…「再選 手応えと陰り」 《毎日》…「トランプ流 先鋭化も 米国第一 拍車に警戒」 《東京》…「内政運営に民主の壁 対外強硬策に拍車か」 ハドル 米中間選挙の結果に対する各紙の評価に焦点を当てます。前にもどこかに書きましたが、これまで、米中間選挙が日本でこれほど大きな話題に上ったことはありませんでした。良くも悪くも、トランプならでは…ということでしょう。 トランプ氏は負けていない 【朝日】は1面トップの他、2面3面、7面に関連記事。10面に下院当選者の顔ぶれ、11面にも記事と識者の声、15面にはマイケル・ムーア監督へのインタビュー(朝日新聞と共同通信、毎日新聞が合同...more
カテゴリー:

イラン制裁:経済面で打撃 欧州、中国との連携強化で対抗 - 11月05日(月)23:32 

 【ダラムサラ(インド北部)松井聡】米国が5日に再発動した制裁に対し、イランは欧州や中国など核合意を支持する各国との連携を強化することで対抗したい考えだ。「トランプ米政権が変わるまで制裁が続くことをイランは覚悟している」(外交筋)とみられるが、原油輸出が禁止される影響は大きく、国内経済への打撃は必至
カテゴリー:

【徴用工訴訟】経済同友会の代表幹事が指摘 「筋が通らないことには一円も払ってはならない。他の企業にも迷惑をかける」 - 11月02日(金)17:58  newsplus

1日の会見で、経済同友会の小林喜光代表幹事は徴用工を巡る判決に言及した 「筋が通らないことには一円も払ってはならない」と指摘 今のままでは特に経済面で、日韓関係に負の効果をもたらすと思う、とも 「日韓に負の効果、1円も払うな」…小林喜光氏  経済同友会の小林喜光代表幹事は1日の記者会見で、韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を確定させたことについて、「筋が通らないことには一円も払ってはならない。他(の被告企業など)にも迷惑をかける」と指摘した。  小林氏は「今の...
»続きを読む
カテゴリー:

中国で金融業者が相次ぎ倒産。泣き寝入りしかできぬ市民の阿鼻叫喚 - 11月07日(水)05:00 

銀行金利を遥かに上回る利率を売りに中国で急速に広まったピア・ツー・ピア(P2P)金融が続々と破綻、中には日本円にして数千万の被害に遭った投資家も存在し、大きな社会問題となっています。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、P2P金融が立ち行かなくなった理由を紹介するとともに、抗議集会に参加しようとした被害者に対する中国政府の非道な扱いについても記しています。 【中国】ハイリスク金融の破綻続々の中国、ついに景気悪化報道も規制 ● 中国でネット金融P2P業者が相次ぎ倒産 7月にすでに131社 独裁色を強めている習近平体制のほころびが、経済面で露呈してきたようです。中国で大流行している「P2P(ピア・ツー・ピア)金融」プラットフォームの倒産や閉鎖が相次いでいます。 これは、インターネット上で中小企業や個人である借り手と一般投資家を仲介する融通事業で、より多くの貸し手を呼び込むために、銀行の預金金利よりはるかに高い利回りを掲げ、なかには10%や20%の利回りを提示する業者もいるといいます。しかし、うまい話には落とし穴があるのが世の常です。当然ながら、一部の業者は市民の資金をだまし取る詐欺集団でした。 P2Pについて、もう少し詳しい説明を以下、記事を引用します。 P2P金融は、個人投資家から資金を集め、小規模な企業や個人...more
カテゴリー:

日本と中国と韓国がもし「1つの国」になったら・・・韓国ネット上で議論=中国メディア - 11月05日(月)15:29  liveplus

日本と中国と韓国はそれぞれ地理的に近く、歴史を紐解いても古くから往来があった国同士だ。 現代でも経済面では密接な協力関係にある3カ国だが、 必ずしも関係が良好というわけではないのが現状だろう。  中国メディアの一点資訊はこのほど、韓国のネット上で 「日本と中国と韓国が1つの国になったらどうなるか」についての議論が巻き起こったと伝えつつ、 多くの韓国人ネットユーザーから様々な意見が寄せられたと紹介している。  記事は、「日中韓が1つの国になった場合」という 仮定についての議論は韓国ネット上で大...
»続きを読む
カテゴリー:

次の子どもが欲しいけど年齢が……ママの加齢によって変化する妊娠中・出産後の課題 - 10月29日(月)10:00 

30代、特に30代後半以降に、子どもが欲しいと感じたことはありますか? 子どもが欲しいと思う気持ちは尊いものです。ただ同時に、年齢による出産のリスクについても頭をよぎりませんか。 筆者には息子がひとりいます。35歳で出産したので、高齢出産ということになります。高齢出産することについては、迷いがなかったわけではありません。実際に産婦人科医からは、「胎児に遺伝子異常などがないか検査してみないか」とも促されました。結局主人と話し合ったうえで検査はしなかったのですが。 高齢出産することの悩み、それは初産でも第2子以降でも変わらないはずです。年齢が気になって子作りに踏み切れないというママがいました。 『今36歳。3人目が欲しいけど年齢が気になり踏み切れない』 女性の年齢が上がるに伴い、妊娠しやすさは低下する 女性が年齢を理由に妊娠をためらう理由のひとつに、”妊娠しやすさの低下”、”流産の確率の上昇”があります。 女性の卵子の数の変化 公益社団法人日本産婦人科医会によると、女の子は産まれたとき、すでに体内に200万個の卵子を持って産まれてくるそうです。成長とともに卵子の数は減少していき、思春期から生殖適齢期には30万個から50万個にまで減ってしまうのだとか。10万単位で話をされると「じゅうぶん足りているではないか」と感じる人もいるかもしれませんが、卵子がすべて生殖能力を持っているとも限...more
カテゴリー:

「経済面」の画像

もっと見る

「経済面」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる