「経済規模」とは?

関連ニュース

アメリカが、中国経済を潰すまで「貿易戦争」を止めない理由 - 07月17日(火)04:45 

現在、アメリカ経済は絶好調で日米ともに株高となっていますが、この景気はいつまで続くのでしょうか。そして、米国が中国から輸入する多くの品目に関税をかけて「米中貿易戦争」が始まっていますが、この戦いは日本にどのような影響を及ぼすのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは自身のメルマガで、日々変わる世界経済の動きと、日本人のとるべき行動について、その根拠を並べながら解説しています。 円独歩安で円変調か? 円独歩安(えんどっぽやす)で、日米ともに株高になり、バブルが大きく成長している。米国消費者物価は2%になり、米経済は過熱で今以上の物価上昇も視野。FRB(連邦準備理事会)は年内に4回の利上げを行うという。今後を検討しよう。 0. 米経済過熱 米国経済が順調である。米国消費者物価が2%以上も上昇して、FRBは年4回の利上げを行うとしている。この金利上昇でドルの還流が起きてドル高になり、企業決算も利益幅が上昇し、実質的な失業率も下がり、経済は絶好調である。還流したドルで10年国債を買っているために、10年米国債の金利も低下してきた。 このため、10年国債と2年国債の金利差が縮小し、イールドカーブの平坦化が起きている。しかし、この現状は心配ないという意見が出てきた。 ホワイトハウスの経済顧問だったジャレッド・バーンスタインなどが、景気後退の前触れとされるイールドカーブ...more
カテゴリー:

国土は小さく、天然資源もない・・・それなのに日本はアジア随一の先進国になった 何故か? - 07月10日(火)21:53  news

 中国の国土面積は世界3位の規模を誇り、その面積は日本の約26倍に達する。中国の国内総生産(GDP)はすでに日本を大きく上回っているが、 国土がこれだけ大きくて人口も13億人以上もいることを考えれば、中国が世界有数の経済規模となってもなんら不思議なことではない。  逆に、中国人から見ると日本は国土も小さく、人口も中国の10分の1にとどまるのに、世界3位の経済大国として君臨していることの方がよほど不思議に思えるようだ。 中国メディアの快資訊は9日、「日本は中国の規模から考えれば小国なのに、なぜ...
»続きを読む
カテゴリー:

【評判の良い国ランキング】日本8位にランクアップ、31位の韓国「日本は高すぎるのでは?」と疑問符へ - 07月07日(土)21:14  news

世界でもっとも“評判の良い国”はどこか。 そんな疑問解消の一助となる、ひとつの調査結果がある。アメリカのコンサルティング企業「Reputation Institute」が発表した世界国別評判ランキングだ。 このランキングは、経済規模上位55カ国が対象で、環境、暮らしの質、社会の安全、政府の透明性、経済状況などの項目があり、それらを合算して国をランク付けしている。 今年の世界国別評判ランキングによれば、世界でもっとも評判の良い国はスウェーデンだった。点数は81.7点で、2017年の同じ調査の3位から2ランクアップして1位に輝...
»続きを読む
カテゴリー:

貿易摩擦、世界経済の成長に下押し圧力 「世界1、2の経済規模」米中が示す影響力 - 07月07日(土)06:11 

 米中両国が追加関税を課す制裁措置を発動したことで、世界1、2位の経済規模を誇る米中の景気悪化や企業活動の縮小などを通じ、日本をはじめとする世界経済の成長を下押しする恐れが出てきた。さらにトランプ米政権が検討する自動車の輸入制限が発動されれば報復措置の応酬となり、世界経済に甚大な悪影響を及ぼしかねない。
カテゴリー:

会社辞めてフリーランスになってよかった? 収入面や満足度を聞いてみると… - 07月12日(木)08:51 

「働き方改革」が声高に叫ばれる今、会社に頼らず自らの力で生計を立てるフリーランスが増えている。生涯雇用制度が崩れた昨今、働く人には多くの不安、葛藤があるなかで、あえて独立した人々の意識は? 一つの組織に頼らない生き方を選んだ人々の実態に迫る。  働き方改革の一環として、日本政府は「高度プロフェッショナル制度」の導入を決定。現在の労働基準法では一日8時間、週40時間を超えて労働させてはならないと定められているが、一定の所得以上のサラリーマンにはこれが適用されなくなるのだ。  これに反対する野党や一部の市民からは“定額働かせ放題”などと揶揄されているこの制度だが、いずれにせよ世のサラリーマンは会社組織に依存しない新しい働き方を求められている。その一つの選択肢が“フリーランス”だ。  SPA!編集部は、フリーランスの実態を探るべく、昨年設立された、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の代表理事・平田麻莉氏に話を聞いた。 ◆働く時間が減って年収・満足度アップ  協会ではフリーランスを“特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人”と定義している。営業、事務、広報、IT・クリエーティブ、肉体労働など職種は多岐にわたり、現在、日本には1000万人余りのフリーランス(専業、副業、兼業を含む)がおり、その経...more
カテゴリー:

【Q&A】米中貿易戦争、日本への影響は? - 07月10日(火)21:08 

 経済規模で世界1位と2位の米中両国の通商摩擦が新たな段階に突入している。両国は6日、互いの製品に大規模な追加関税を発動。二大経済国の「貿易戦争」への発展が危惧されている。今後の見通しや日本経済への影響などをQ&A形式でまとめた。
カテゴリー:

【悲報】嫌韓国民が多いほど「世界で最も評判の良い国」のランキング上位になる法則が発見される - 07月07日(土)20:27  news

◆「評判の良い国ランキング」は上昇も…韓国と評判上位国との“意外な因縁”とは 世界でもっとも“評判の良い国”はどこか。 そんな疑問解消の一助となる、ひとつの調査結果がある。 アメリカのコンサルティング企業「Reputation Institute」が発表した世界国別評判ランキングだ。 このランキングは、経済規模上位55カ国が対象で、環境、暮らしの質、社会の安全、政府の透明性、経済状況などの項目があり、それらを合算して国をランク付けしている。 今年の世界国別評判ランキングによれば、世界でもっとも評判の良い国はスウェー...
»続きを読む
カテゴリー:

米中制裁関税:消費者にしわ寄せも - 07月06日(金)20:38 

 世界第1位、2位の経済規模を誇る米国と中国が6日、追加関税を発動したことで、米中両国だけでなく第三国も含めた幅広い業界に影響が及びそうだ。  対象品目を手がける両国の業界は、輸出減少の直接的な打撃が避けられない見通しだ。米国が課税した中国製の金属加工機械や産業用ロボットを輸出するメーカーは競争力が
カテゴリー:

「経済規模」の画像

もっと見る

「経済規模」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる