「経営破綻」とは?

関連ニュース

マルチ商法と安倍政権と"関係"近く臨時国会の火種に ■何人もの大臣が広告塔に - 11月21日(水)14:12  poverty

マルチ商法「ジャパンライフ」の捜査が本格化 安倍政権と"関係"近く臨時国会の火種に 顧客約6800人、負債総額約2400億円――。マルチ商法まがいの手口で、磁石を埋め込んだ健康グッズの預託商法を全国展開していた 「ジャパンライフ」(東京)による消費者被害をめぐる捜査が本格化の様相だ。  1975年に設立されたジャパンライフは昨年12月に経営破綻し、今年3月に東京地裁が破産手続きの開始を決定。 その間、消費者庁から4度の行政処分を受けながら、しぶとく生き延びていた。その背景には安倍政権...
»続きを読む
カテゴリー:

米玩具大手:日本トイザらスは運営継続 - 11月16日(金)19:13 

 昨年9月に経営破綻した米玩具販売大手トイザラスを巡り、日本を含むアジア事業を管轄する会社の株式約85%分が、投資ファンドや金融機関で構成する法人「タージ・ノートホルダーズ」に売却されることが決まった。日本トイザらス(川崎市)によると、日本事業はこれまでと変わらず運営する。新店舗の出店や既存店の改装
カテゴリー:

【ビジネス】IT音痴で負け組へ 日本に残された時間は7年 AI駆使する中韓勢 経営者はシステム刷新の決断を ★3 - 11月15日(木)23:37  newsplus

経済産業省は今秋、先進ITを使ってビジネスモデルを変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を産業界に促す報告書を公表した(報告書の全文はこちら)。日本企業は7年以内に既存システムを一新しないと、人工知能(AI)やビッグデータ解析、IoT技術を駆使する海外企業に対して、競争力を失うと警告する。報告書を取りまとめた研究会の事務局を務める経産省・情報技術利用促進課の中野剛志課長に真意を聞いた。 --報告書からは産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅々として進まないことへの危機感がにじみ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ビジネス】IT音痴で負け組へ 日本に残された時間は7年 AI駆使する中韓勢 経営者はシステム刷新の決断を ★2 - 11月15日(木)10:51  newsplus

経済産業省は今秋、先進ITを使ってビジネスモデルを変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を産業界に促す報告書を公表した(報告書の全文はこちら)。日本企業は7年以内に既存システムを一新しないと、人工知能(AI)やビッグデータ解析、IoT技術を駆使する海外企業に対して、競争力を失うと警告する。報告書を取りまとめた研究会の事務局を務める経産省・情報技術利用促進課の中野剛志課長に真意を聞いた。 --報告書からは産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅々として進まないことへの危機感がにじみ...
»続きを読む
カテゴリー:

ラウンドワンが米国で狙う「シアーズ」跡地 - 11月13日(火)12:47 

 米国進出を加速しているレジャー施設のラウンドワンが、10月に経営破綻(はたん)した小売り大手「シアーズ」の店舗跡地に狙いを定めている。ラウンドワンは米国で2019年度に約10店舗、20年度に約20店…
カテゴリー:

【不動産】トラブル相次ぐ「サブリース」実態調査へ - 11月18日(日)07:21  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181118/k10011714721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008 トラブル相次ぐ「サブリース」実態調査へ 2018年11月18日 4時15分 不動産業者が、アパートなどの建物を家主から一括して借り上げて入居者にまた貸しする、いわゆる「サブリース契約」でトラブルが相次いでいることから国土交通省は、契約の実態調査を始めることになりました。 「サブリース契約」は、不動産業者が、マンションやアパートを家主から建物ごと借り上げ、入居者にまた貸しする契約形態です。ことしに入っ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本トイザらスの親会社、譲渡先決定 国内事業も継続 - 11月16日(金)17:42 

 日本トイザらスの親会社、トイザらス・アジア(香港)は16日、米トイザラスが保有していた85%の株式が、米投資ファンドなどに譲渡されると発表した。昨年9月に米トイザラスが経営破綻(はたん)し、アジア事…
カテゴリー:

政府も航空会社も困惑 「パイロットが新米の20代とベテラン50代ばかり。中堅の30代40代がいない。」 - 11月15日(木)12:54  poverty

パイロット確保、航空会社も政府も危機感 国内航空各社が、パイロットの育成・確保の取り組みを加速させている。 訪日外国人観光客の急増を背景に、国際便の就航が増えてパイロットが不足すると見込まれているためで、政府も危機感を強めている。自社育成や大学との提携など、官民を挙げた対策が進んでいる。 「一時期は本当にパイロットになれるか不安だったが、やっとかなえられてうれしい」 今秋、スカイマークで副操縦士となった吉本朱里あかりさん(26)は、羽田空港と北海道を往復するフライトを終え、笑顔で話した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ビジネス】IT音痴で負け組へ 日本に残された時間は7年 AI駆使する中韓勢 経営者はシステム刷新の決断を - 11月15日(木)01:38  newsplus

経済産業省は今秋、先進ITを使ってビジネスモデルを変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を産業界に促す報告書を公表した(報告書の全文はこちら)。日本企業は7年以内に既存システムを一新しないと、人工知能(AI)やビッグデータ解析、IoT技術を駆使する海外企業に対して、競争力を失うと警告する。報告書を取りまとめた研究会の事務局を務める経産省・情報技術利用促進課の中野剛志課長に真意を聞いた。 --報告書からは産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が遅々として進まないことへの危機感がにじみ...
»続きを読む
カテゴリー:

ジャパンライフ、平成20年ごろから粉飾決算 都内で債権者説明会 - 11月12日(月)19:38 

 磁気治療器の預託商法などを展開し、昨年12月に経営破綻した「ジャパンライフ」(東京都千代田区)の第1回債権者集会が12日、東京都内で開かれた。破産管財人は、遅くとも平成20年ごろから粉飾決算が続いていたと説明。約10億8千万円に上る負債に対し、現時点で回収のめどが立っている資産は4億円程度にとどまり、被害救済が困難な状況が明らかになった。
カテゴリー:

もっと見る

「経営破綻」の画像

もっと見る

「経営破綻」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる