「経営破綻」とは?

関連ニュース

てるみ社長:詐欺「常習性明白」 東京地裁、懲役6年判決 - 07月20日(金)22:11 

 経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)=破産手続き中=を巡る融資金詐取事件で、詐欺罪や破産法違反などに問われた同社社長、山田千賀子被告(68)に対し、東京地裁は20日午前、懲役6年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。詐欺事件で共謀したとされる元経理責任者、笹井利幸被告(37
カテゴリー:

てるみくらぶ社長に判決 懲役6年 - 07月20日(金)11:24  poverty

 経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京、破産手続き中)を巡る融資金詐取事件で、詐欺罪などに問われた同社社長、山田千賀子被告(68)の判決公判が20日、東京地裁であった。河本雅也裁判長は懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。  山田被告は公判で起訴内容を認め、5月の最終意見陳述では「迷惑をかけてしまい、申し訳ない」などと謝罪。検察側は論告で「自転車操業状態で融資金詐取を繰り返した意思決定は、身勝手かつ無責任きわまりない」などと批判していた。  起訴状などによると、山田被告は2016~17年、...
»続きを読む
カテゴリー:

【日銀】 “リーマン前夜”の危機認識に温度差 金融政策会合の議事録で判明 白川総裁「最悪期は去ったのだろうと思う」 - 07月17日(火)11:16  newsplus

日銀は、10年前のリーマンショック直前にあたる2008年上半期の金融政策決定会合の議事録を公表しました。アメリカの金融機関の経営問題がどこまで危機的な状況になりうるか、委員の間で認識に温度差もあったことがわかりました。 日銀は17日、2008年9月に起きたリーマンショックの直前にあたる2008年上半期の金融政策決定会合の議事録を公表しました。 この年の3月には、サブプライムローンの焦げつきが拡大した証券大手、ベアー・スターンズが大手銀行に救済合併され、金融市場に動揺が広がっていました。 これについて、6月の...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】アパート購入契約を一方的解除 東京千代田区の不動産会社「ガヤルド」を提訴へ アパートのオーナーたちはスルガ銀行から融資 - 07月12日(木)05:22  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180711/k10011528631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_059 アパート購入契約を一方的解除 東京の不動産会社を提訴へ 2018年7月11日 17時52分 東京の不動産会社とアパートの購入契約を結んだオーナーたちが、建物が未完成のまま一方的に契約を解除されたとして、賠償を求める訴えを起こすことがわかりました。オーナーたちはシェアハウスのオーナーへの融資で問題になった静岡県のスルガ銀行から融資を受けていて、今後、スルガ銀行の責任も追及していきたいとしています。 東京...
»続きを読む
カテゴリー:

「てるみくらぶ」元社長に懲役6年の判決 7/20 13:57更新 - 07月20日(金)13:57 

経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」の元社長が、銀行から5億4000万円あまりの融資金をだまし取った罪などに問われた裁判で、東京地裁は懲役6年の判決を言い渡した。
カテゴリー:

融資金詐取:てるみくらぶ社長に懲役6年判決 東京地裁 - 07月20日(金)11:18 

 経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)=破産手続き中=を巡る融資金詐取事件で、詐欺罪や破産法違反などに問われた同社社長、山田千賀子被告(68)に対し、東京地裁(河本雅也裁判長)は20日、懲役6年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡した。
カテゴリー:

【経済】仮想通貨の投資家保護を議論…自民有志が議連 - 07月16日(月)10:47  bizplus

 自民党の有志議員が、仮想通貨市場の健全化を目指し、「新型通貨の適正利用を考える議員連盟」を17日に設立することが明らかになった。投資家保護のあり方などを議論し、関連法の改正も検討する。議連会長には、竹本直一衆院議員が就任する見通し。  金融庁がこれまで仮想通貨交換業者に対して行った立ち入り検査では、投資家の資産を経営陣が流用していた事例などが相次いで見つかった。  交換業者を規制する改正資金決済法は、会社の資産と投資家の資産を分別管理することを義務付けているが、投資家に損失が発生した場合の...
»続きを読む
カテゴリー:

シェアハウス訴訟延期に=スマートデイズ破綻で賠償請求-東京地裁 - 07月11日(水)11:47 

 女性専用シェアハウスを運営し、経営破綻した不動産会社「スマートデイズ」の旧経営陣らに対し、投資家13人が計2億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論について、東京地裁(原克也裁判長)は11日、9月に延期することを決めた。同日午前に開く予定だったが、一部の元役員に訴状が届いていなかったという。 訴状などによると、13人はスルガ銀行(静岡県沼津市)から融資を受けて土地と建物を購入したが、資産価値は購入額の3~5割程度にとどまっていた。物件はスマート社が一括借り上げし、「かぼちゃの馬車」の名称でシェアハウスを運営していたものの、一回も賃料の支払いを受けていない投資家もおり、「明らかな詐欺的スキームだった」と訴えている。 【時事通信社】
カテゴリー:

「経営破綻」の画像

もっと見る

「経営破綻」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる