「糖尿病」とは?

関連ニュース

【研究】ビールの苦味成分が手足の痛みや痺れ、腹痛を抑制することを発見・・・従来の鎮痛剤が効かない痛みにも効果あり - 06月24日(日)21:10  newsplus

掲載日:2018.06.22 近畿大学薬学部(大阪府東大阪市)教授 川畑 篤史(専門:病態薬理学)らの研究グループは、ビール原料の1つで、苦味や香りづけなどに使用されるホップの成分が、リウマチの痛みや神経損傷による痛み、また過敏性腸症候群患者に見られる腹痛など幅広い痛みの治療に応用できることを発見し、マウスを用いた実験において実際に足の痛みや腹痛を抑制することを証明しました。特に、モルヒネをはじめとする麻薬性鎮痛剤が効かない神経障害性疼痛(糖尿病の合併症、ヘルペス後神経痛、抗がん剤の副作用など)にも有効で...
»続きを読む
カテゴリー:

屋台のきゅうりで食中毒に…注意していても感染する恐怖 - 06月23日(土)08:31 

梅雨を迎え、いよいよ本格的に夏に突入していこうとする6月。気温と湿度が高まるこの時期は、細菌やウイルスの増殖、あるいは精神の変調によって、多くの“ヤバイ病気”がはびこるタイミングでもあったのだ。命をおびやかす病の正体を追った! ◆不意打ちでもノックアウト。驚異の感染力 死のリスク★★★☆☆ 罹患リスク★★★★★ ※数値は各識者の所見、厚生労働省発表の統計データを参考に、編集部で算出したもの  O157に代表される腸管出血性大腸菌感染症の増加は6月から始まる。“十分洗浄されていないものは避ける”のが対策なのはわかるが……。内科医の久住英二氏もその難しさを語る。 「本当にささいなことで感染は広がります。例えば4年前に静岡の花火大会で、屋台で売っていたキュウリで感染が起きました。原因は、手洗いやキュウリの消毒、保管の仕方が不十分だったこと。手洗いに石鹸を使うのはもちろん、キュウリは冷蔵すべきでした。また、汚染されたものが一つでもあれば触れたものにどんどん広がっていきます」  発症した場合、高熱に下痢や嘔吐、血便といったツラい症状が。そして、体が弱っている人がかかるとそれだけでは済まないという。 「高血圧や糖尿病で血管が傷んでいる人はさらに重症化する可能性があり、多臓器不全や意識障害になって死に至るケースがあります」  O157同様にリスクが高まるもう一つの病気として、腸...more
カテゴリー:

ウコンって全く効かないんだってな ガッテンの肝臓の回で見た 逆に数値が悪化することも - 06月22日(金)08:16  news

“酒飲みの味方”ウコン 大量摂取で肝機能低下、死亡例も 飲料タイプの健康食品で“酒飲みの味方”といえばウコンだ。ウコンはショウガ科の植物で“すっきりした朝の目覚めに”などと謳われ、 肝臓の機能を高める効果が期待されている。飲酒の前後にウコン入りの飲料を飲む人が多いのではないか。 一方で摂り過ぎによる有害事象がデータベースには複数報告されている。〈糖尿病と脂肪肝を患っている30代男性(日本)が、 飲酒時にウコンを酒に混ぜて1ヶ月程度摂取したところ、肝機能が低下した〉 〈軽度肥満でよく飲食をする30代男...
»続きを読む
カテゴリー:

【千葉・松戸女児殺害】呆然の初公判 被告がリンちゃん遺族に叫んだ謝罪 「すいませんでした!以上です!」★4 - 06月21日(木)23:11  newsplus

昨年3月、千葉県松戸市で9才女児が殺害された事件で、逮捕された澁谷恭正被告(47才)の初公判が始まった。しかし、被告は罪状をすべて否認した上、遺族の神経を逆なでする発言に終始。裁判官が呆れ、傍聴席がどよめいた発言の数々をここに再現する。  黒のジャージーに迷彩柄のズボン。天然パーマのかかった白髪は、肩まで伸びている。 「その日は子供を車で送ったあと、キャンピングカーの中で釣りの準備をして、夜まで釣りの下見をしていました」  凄惨な犯行を全否定する言葉から始まった被告人の返答に、傍聴席が静まり返る...
»続きを読む
カテゴリー:

【千葉・松戸女児殺害】呆然の初公判 被告がリンちゃん遺族に叫んだ謝罪 「すいませんでした!以上です!」★3 - 06月21日(木)20:04  newsplus

昨年3月、千葉県松戸市で9才女児が殺害された事件で、逮捕された澁谷恭正被告(47才)の初公判が始まった。しかし、被告は罪状をすべて否認した上、遺族の神経を逆なでする発言に終始。裁判官が呆れ、傍聴席がどよめいた発言の数々をここに再現する。  黒のジャージーに迷彩柄のズボン。天然パーマのかかった白髪は、肩まで伸びている。 「その日は子供を車で送ったあと、キャンピングカーの中で釣りの準備をして、夜まで釣りの下見をしていました」  凄惨な犯行を全否定する言葉から始まった被告人の返答に、傍聴席が静まり返る...
»続きを読む
カテゴリー:

食事制限によるダイエットで、あなたが望む明日を手に入れよう - 06月24日(日)07:00 

食事制限と聞いて思い浮かべる言葉は「過酷さ」であろうか。格闘家が計量前約1ヶ月間で行う「減量」や、僧侶が自身に科す断食の「苦行」をイメージするひともいるかもしれない。確かにその手の食事制限も存在するし有名であることは事実だが、健康なダイエット法としての食事制限とは大きく意味が異なる。本記事ではダイエットとしての食事制限を正しく理解し、合理的にかつ健康的に体重を落とすための方法を紹介する。食事制限をうまく使いこなすその術を伝授しよう。 放っておくと危険な肥満のリスク 肥満はさまざまな病気の発症原因となる。肥満により体重が重くなっていると、その分、骨や関節への負担が大きいため、膝の関節症や腰痛の原因となる。偏った食生活で肥満になっていると高血圧や血糖値上昇のリスクも当然あり得るし、糖尿病はさらなる合併症の発祥リスクとなる。肥満は病気の大敵である。 肥満になる原因は大きくわけて3つ。「食べ過ぎ」「不規則な生活」「ストレス」だ。1日の摂取カロリーが消費カロリー量を超えていれば体重が増加し、夜食や間食を多く摂る習慣がある方も肥満になりやすい。ストレスも脳の「摂食中枢」を刺激するため、あまりに溜め込むと暴飲暴食の原因となってしまう。 簡単に痩せる方法など、この世には存在しない よく「食べるだけで痩せる」という表現を耳にするが、これはありえない。なにかを食べるという行為は「体内に物を取り込む...more
カテゴリー:

今どきちょっと足を運びたくなる美と健康のイベントとは?中編「集客の鍵」【抗加齢医学会レポート④】 - 06月22日(金)13:15 

前回に引き続きご紹介するのは今注目される最新医学とメディアのコラボ企画。第18回日本抗加齢医学会総会でもう一つ開催されたのは「市民公開講座」でした。 1300人がホールを埋め尽くしたそのイベントの成功の鍵は、楽しみながら「最新かつ専門的な医療・健康ソリューション」と「親しみやすい日々の工夫」そして「将来構想」までを手に入れられる企画にありました。 いま議論された最新医療情報を即出し そして地元の将来構想「健康都市宣言」まで 5月27日(日)学会総会の最終日に行われた市民公開講座は「100歳現役時代の到来 生涯、若く、美しく! すぐに役立つ最新・アンチエイジング習慣! 80代になっても、趣味や旅行を満喫したい! 健康人生の最新情報を公開!」という盛沢山のタイトルを冠して、家庭画報ビューティーウェルネス講座との協賛企画として行われました。 冒頭、「先ほど終了したばかりの第18回日本抗加齢医学会総会で発表された最新の内容などを、皆様に分かりやすくそのままお伝えできればと思いやってまいりました」と挨拶したのは学会の会長を務めた山田秀和教授(近畿大学アンチエイジングセンター副センター長、奈良病院皮膚科)。 山田教授「近年、基礎的な研究がどんどん進んでいます。健康長寿には運動、食事、精神の3つの条件が重要と今まで言われていましたが、プラスして環境も非常に重要である事がわかってきました。例えば、...more
カテゴリー:

【千葉・松戸女児殺害】呆然の初公判 被告がリンちゃん遺族に叫んだ謝罪 「すいませんでした!以上です!」★5 - 06月22日(金)07:00  newsplus

昨年3月、千葉県松戸市で9才女児が殺害された事件で、逮捕された澁谷恭正被告(47才)の初公判が始まった。しかし、被告は罪状をすべて否認した上、遺族の神経を逆なでする発言に終始。裁判官が呆れ、傍聴席がどよめいた発言の数々をここに再現する。  黒のジャージーに迷彩柄のズボン。天然パーマのかかった白髪は、肩まで伸びている。 「その日は子供を車で送ったあと、キャンピングカーの中で釣りの準備をして、夜まで釣りの下見をしていました」  凄惨な犯行を全否定する言葉から始まった被告人の返答に、傍聴席が静まり返る...
»続きを読む
カテゴリー:

コーヒーや紅茶のカフェインをトリガーに「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表される - 06月21日(木)21:00 

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには「目を覚ます効果がある」とされている一方、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすとも言われています。そんなカフェインを特殊な合成遺伝子を組み込んだ糖尿病の動物に投与することで、カフェインを細胞のトリガーとして「糖尿病を治療できる」という研究結果が発表されました。続きを読む...
カテゴリー:

【千葉・松戸女児殺害】呆然の初公判 被告がリンちゃん遺族に叫んだ謝罪 「すいませんでした!以上です!」★2 - 06月21日(木)17:33  newsplus

昨年3月、千葉県松戸市で9才女児が殺害された事件で、逮捕された澁谷恭正被告(47才)の初公判が始まった。しかし、被告は罪状をすべて否認した上、遺族の神経を逆なでする発言に終始。裁判官が呆れ、傍聴席がどよめいた発言の数々をここに再現する。  黒のジャージーに迷彩柄のズボン。天然パーマのかかった白髪は、肩まで伸びている。 「その日は子供を車で送ったあと、キャンピングカーの中で釣りの準備をして、夜まで釣りの下見をしていました」  凄惨な犯行を全否定する言葉から始まった被告人の返答に、傍聴席が静まり返る...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「糖尿病」の画像

もっと見る

「糖尿病」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる