「米英仏」とは?

関連ニュース

仏ロ、共同でシリアに人道支援 空爆で対立、関係改善へ - 07月21日(土)09:25 

 フランスとロシアは20日、シリア内戦の激戦地だった首都ダマスカス近郊の東グータ地区に共同で人道支援物資を送ると発表した。両国は4月の米英仏軍によるシリア空爆で対立が深まっていたが、関係改善に踏み出し…
カテゴリー:

国連安保理、南スーダン武器禁輸を決議=内戦開始から4年半 - 07月14日(土)06:31 

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は13日、南スーダンへの武器輸出を禁止する米作成の決議案を米英仏など9カ国の賛成で採択した。中ロやエチオピアなど6カ国が棄権した。決議採択には9カ国の支持が必要で、ぎりぎりの採択となった。2011年にスーダンから独立した南スーダンでは13年に内戦が勃発し、約4年半の間に多数の死者や避難民が出ている。 武器禁輸の決議案はオバマ前政権末期の16年12月にも採決されたが、賛成7、棄権8で否決された。安保理の非常任理事国だった日本は当時、陸上自衛隊を現地の平和維持活動(PKO)に派遣しており、武器禁輸が現地政府を刺激して情勢悪化を招くことを懸念し、棄権に回った。陸自は17年に南スーダンから撤収。日本は17年末で非常任理事国の任期を終えた。 【時事通信社】
カテゴリー:

シリアの市民ボランティア団体、欧米が退避を検討 - 07月16日(月)12:02 

内戦が続くシリアで活動する救助ボランティアの市民団体「シリア民間防衛隊(通称・ホワイトヘルメッツ)」について、欧米諸国が国外へ退避させる措置を検討していることが16日までに分かった。 シリア情勢に詳しい外交筋と、複数の政権当局者が明らかにした。米英仏とカナダなどが、ホワイトヘルメッツのメンバー約1000人とその家族に危険が迫っているとの理由から、退避計画を話し合っているという。 シリア政府はホ...
カテゴリー:

今日の歴史(7月14日) - 07月14日(土)00:00 

1936年:日本が朝鮮土地調査令を公布 1949年:米上院が韓国への軍事援助案を可決 1950年:国連事務総長が各国に朝鮮戦争への派兵を要請 1953年:米英仏外相が会談し朝鮮戦争休戦後の中国参戦時の共同制裁で合意 1987年:第4回南北スポーツ会談がスイス・ローザンヌで開催 1991年:全国労働団体連合発足 1993年:第2回米朝高官級会談 1994年:世界日報の朴普熙(パク・ボヒ)社長が金日成(キム・イルソン)主席弔問のため平壌入り 2002年:体細胞複製技術によるクローン豚誕生、国内
カテゴリー:

「米英仏」の画像

もっと見る

「米英仏」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる