「米中貿易摩擦」とは?

関連ニュース

インタビュー:下期アジア鋼材市況、固めに予想=新日鉄住金副社長 - 11月21日(水)08:07 

新日鉄住金の宮本勝弘副社長はロイターのインタビューで、米中貿易摩擦が中国経済に及ぼす影響に警戒感を示した。不透明感の高まりを受け、下期のアジア鋼材市況を固めに予想、鋼材価格から原材料購入費などを差し引いたマージン(利幅)の改善も保守的に見積もっていることを明らかにした。
カテゴリー:

中国の経済開放、貿易摩擦への対応で有益=人民銀金融政策委員 - 11月20日(火)13:28 

中国人民銀行(中央銀行)の劉世錦・金融政策委員は20日、国内経済を開放すれば、米中貿易摩擦に対応する上で役に立つとの認識を示した。
カテゴリー:

寄り付きの日経平均は反落、米株安を嫌気 ハイテク売られる - 11月20日(火)09:38 

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比238円47銭安の2万1582円69銭となり、反落して始まった。前日の米国株がハイテク株中心に大幅安となった流れを引き継ぎ、ソニー、村田製作所などに売りが先行している。米中貿易摩擦を巡る懸念も相場の重しとなっている。会長が逮捕された日産自動車は6%前後の下落率で推移している。
カテゴリー:

今日の株式見通し=反落、米株大幅安を嫌気し売り先行 - 11月20日(火)07:55 

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反落となりそうだ。前日の米国株が大幅安となった流れを引き継ぎ、主力株中心に売りが先行するとみられる。米ハイテク企業の収益鈍化や米中貿易摩擦を巡る懸念が相場の重しになる。強含みの円相場も警戒されそうだ。売り一巡後は先物主導で荒い値動きになることも予想される。
カテゴリー:

前場の日経平均は反発、半導体関連株が買い戻される - 11月19日(月)13:05 

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比75円12銭高の2万1755円46銭となり、反発した。16日の米国株が総じて底堅かったことで、直近売り込まれた東京エレクトロン、SCREENなどの半導体関連株が買い戻された。ヘッジファンド等の解約に備えた売りが一巡し、需給が好転したとの見方も出ていた。一時は170円ほど上昇したが、円高や米中貿易摩擦への警戒感も強く、上げ幅を縮めた。
カテゴリー:

逆風下のファーウェイ、スマホ「アップル超え」の秘策 - 11月20日(火)16:02  bizplus

スマートフォン(スマホ)世界2位の中国・華為技術(ファーウェイ)が首位奪取をにらみ足場を固めようとしている。今年4~6月期に米アップルを抜き、7~9月期も2位を維持した。だが米中貿易摩擦という逆風が吹き、米国市場に本格参入するめどは立っていない。今までの高成長を持続できるのか。これまでの手法にこだわらない新しい経営戦略を打ち出そうとしている。 ■6年ぶり、ドコモの基幹機種に NTTドコモは今夏、フ… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37875020W8A111C1X13000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

豪失業率、「顕著に低下」する可能性=中銀議事要旨 - 11月20日(火)10:06 

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)が20日に公表した11月の理事会の議事要旨によると、理事会は失業率が「顕著に低下する」可能性があるとみている。国内経済について一段と強気の見方を示す格好となったが、米中貿易摩擦が世界経済の見通しにとって引き続き主要なリスクとも指摘した。
カテゴリー:

【中国製のスマホが世界一に?】逆風下の華為、スマホで「アップル超え」の秘策 - 11月20日(火)07:55  newsplus

逆風下の華為、スマホで「アップル超え」の秘策 2018/11/20 6:47 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37875020W8A111C1X13000/?nf=1 スマートフォン(スマホ)世界2位の中国・華為技術(ファーウェイ)が首位奪取をにらみ足場を固めようとしている。今年4~6月期に米アップルを抜き、7~9月期も2位を維持した。だが米中貿易摩擦という逆風が吹き、米国市場に本格参入するめどは立っていない。今までの高成長を持続できるのか。これまでの手法にこだわらない新しい経営戦略を打ち出そうとしている。 ■6年ぶり、ドコモの基幹機種に...
»続きを読む
カテゴリー:

日経平均は3日ぶり反発、半導体関連に買い戻し 銀行株は安い - 11月19日(月)15:53 

東京株式市場で、日経平均は3日ぶり反発となった。16日の米国株が総じて底堅かったことで、直近売り込まれた半導体関連株が買い戻された。ただ、外部環境が不透明な状況は変わらず、円高や米中貿易摩擦への警戒感も依然として根強い。「中小型株や内需関連が物色されやすい」(国内証券)との声が出ていた。
カテゴリー:

寄り付きの日経平均は横ばい、寄り後に上げ幅150円超す - 11月19日(月)10:01 

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比1円31銭安の2万1679円03銭となり、横ばいで始まった。寄り後は上昇基調となり、上げ幅は150円を超えている。円高や米中貿易摩擦への警戒感はあるものの、前週末の米国株が半導体株安にもかかわらず総じて底堅かったことから、買い戻す動きが出ている。東京エレクトロン、ファナックなどが高い。
カテゴリー:

もっと見る

「米中貿易摩擦」の画像

もっと見る

「米中貿易摩擦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる