「第三者委員会」とは?

関連ニュース

なぜ人を守る「ダム」が命を奪ったか。西日本豪雨に見る3つの課題 - 07月18日(水)05:00 

想定を遥かに上回る雨量で、200人を超える犠牲者を出してしまった「平成30年7月豪雨」。愛媛県西予市などではダムの放流により肱川が氾濫し、9人の方の命が奪われる事態となりました。作家の冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、ダムを巡る3つの問題点を上げ、「ダム政策の総見直し」を提言しています。 豪雨災害を教訓に、ダム政策の総見直しを 西日本豪雨の災害は、発生から10日を経ても依然として事態の全容は解明されていません。そんな中で、多くの水害において「ダム」あるいは「砂防ダム」の問題が絡んでいることが徐々に明らかになってきています。 この「ダム」の問題ですが、大きく分けて3つの問題があると思います。 1つ目は、ダムが満水になった場合の放流についてです。その典型的な例としては、7月7日に愛媛県の西予市などに深刻な被害をもたらした「肱川(ひじかわ)」の氾濫です。この氾濫は、肱川の上流にある「野村ダム」と「鹿野川ダム」が満水になる危険が生じたために、国交省四国地方整備局として「2つのダムでは入ってきた水の量と同じ量を放流する」良いう異例の措置を取ったために発生しました。 問題は、その放水量が安全基準の6倍という猛烈なものだったということです。国交省の四国地方整備局は災害の4日後に当たる7月11日に会見を行って、この操作は適切なものだったとしています。ですが、問題は、その...more
カテゴリー:

小5女児「いじめ自殺」、SOSを見て見ぬフリした学校の隠蔽体質 - 07月17日(火)04:25 

教育の現場で頻発する「いじめ」を見つめ続けてきた、無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』。今回の記事で代表の井澤一明さんは、いじめに関して新しい取り組みを始めた自治体などについて紹介しつつも、教育現場の「事なかれ主義」や隠ぺい体質、責任逃れは相変わらずで、いじめ問題を抱えた子どもたちに頼られるような活動や体制づくりにむけた改革が急がれる、と訴えています。  子どもたちから信頼される「相談体制」が求められる 夏休みが目前に迫ってまいりました。私たちのところへの相談も毎日届いています。高校生が、部活で吊し上げにあって、校長に相談したら「学校の対応が悪かったので謝罪いたします」と言ってはくれたのですが、「加害生徒が心から悪いことをしたと思うかどうかは本人次第ですので、謝罪をするように指導はできません」と逃げてしまったという相談もきています。校長が責任を放棄したのでは何事もすすみません。 また、私立の小学校でも「金、もってこい」、「死ね」などと脅されたので学校に相談したところ「加害生徒とその保護者には伝えました。ただ学校は両者の間には入りませんので」と謝罪の会も開いてくれないというのです。 責任を放棄し、さらには隠蔽を図る学校が跡を絶ちません。報道によると、去年、兵庫県多可町で小学5年の女子児童が自殺した問題で、第三者委員会は「いじめ」が自殺の要因だったと認定しました。同委員...more
カテゴリー:

出版業界が軽減税率の適用目指して「有害図書排除」へ 「何を以て『有害』指定するのか。何がエロになるのか不明」と懸念する声も - 07月12日(木)07:45  newsplus

消費増税が来年に迫る中、日本書籍出版協会を含む出版4団体が出版物に軽減税率を適用するため、有害図書排除の仕組みを作ろうとしている。全国書店新聞が7月1日号で報じた。 軽減税率とは一部の商品の税率を他の商品よりも低くするという仕組みだ。2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられるが、酒類を除く飲食料品と定期購読の新聞は、消費税が8%のまま据え置かれることになっている。 「性や暴力の過激な描写があるものには軽減税率を適用しない」 しかし書籍と雑誌は現状では軽減税率の対象外だ。2016年度の税制改正大綱...
»続きを読む
カテゴリー:

新潟県教委:高3男子、いじめ苦に自殺か 重大事態に認定 - 07月10日(火)19:44 

 新潟県教育委員会は10日、下越地方の県立高3年の男子生徒が、いじめを苦に自殺した疑いがあると発表した。近くいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定し、第三者委員会で自殺の経緯などを調査する方針。
カテゴリー:

女児犠牲のブロック塀撤去へ=北部地震、基準法違反で倒壊-大阪府高槻市 - 07月10日(火)12:24 

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震でプールのブロック塀が倒壊し、三宅璃奈さん(9)が亡くなる事故があった大阪府高槻市の市立寿栄小学校で10日午前、ブロック塀の撤去作業が始まった。市によると、12日に完了する見通しで、撤去後のブロック塀は市が保管する。 撤去作業を前に、浜田剛史市長が同小学校を訪れ、献花するとともに、市関係者と黙とう。浜田市長は「いつ災害が起こっても市民の命を絶対に守るんだという危機感を持って、まちづくりをしていかなければならない」と述べた。 ブロック塀は建築基準法違反だったことが明らかになっている。市は事故原因と再発防止策をまとめるため建築の専門家らによる第三者委員会を月内に立ち上げる予定だ。 【時事通信社】
カテゴリー:

警視庁、文科省、関東学連、第三者委員会が田中理事長派を完全包囲 - 07月17日(火)14:03 

日大アメフト部の悪質タックル問題は「黒幕」の登場で“シーズン2”に突入した。7月6日、日本大学は理事である井ノ口忠男氏の辞任を報告した(4日付)。井ノ口氏は学生支援事業などを...
カテゴリー:

新潟の高3男子自殺、いじめ原因か=第三者委調査へ - 07月12日(木)20:27 

 新潟県立高校3年の男子生徒(17)が6月、自殺したとして、生徒の通っていた学校の校長らが12日、記者会見し、複数の生徒から嫌なあだ名で呼ばれたり、SNS上で中傷されたりするいじめを受けていたと発表した。校長は「亡くなった生徒の悩みをくみ取ることができなかった。ご遺族、亡くなった生徒に対し大変申し訳なく思っている」と話した。 県教委はいじめと自殺の因果関係を明らかにするため、第三者委員会で調査を行う。 学校によると、男子生徒は6月27日朝に家を出たが、学校を欠席。午後11時を過ぎても帰宅しなかったため、母親が警察に届け出て、担任に連絡。翌日、男子生徒が自殺しているのが見つかった。男子生徒の自室には書き置きがあり、スマホにはいじめについてのメモが残されていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【新潟】高3男子、いじめ苦に自殺か 重大事態に認定ー新潟県教委 - 07月10日(火)21:51  newsplus

7/10(火) 19:44配信 毎日新聞  新潟県教育委員会は10日、下越地方の県立高3年の男子生徒が、いじめを苦に自殺した疑いがあると発表した。近くいじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」に認定し、第三者委員会で自殺の経緯などを調査する方針。  県教委によると男子生徒は6月27日に行方が分からなくなり、家族や県警が捜したところ28日に遺体で発見された。生徒はいじめを受けていたとの趣旨のメモを残しており、学校側が生徒たちに聞き取り調査をした結果、生徒によるいじめがあった可能性を把握したとしている。男子生...
»続きを読む
カテゴリー:

文科省汚職、第三者委で調査へ 事業選定の過程など - 07月10日(火)16:23 

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐり、前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)が逮捕された汚職事件を受け、林芳正文科相は10日の記者会見で、問題とされた事業選定の過程などについて、第三者委員会…
カテゴリー:

文科省汚職:第三者委設置へ 東京医科大選定の経緯を調査 - 07月10日(火)11:46 

 林芳正文部科学相は10日、私立大学支援事業を巡る汚職事件を受け、文科省内に第三者委員会の設置を指示したことを明らかにした。  第三者委の人選や設置時期は未定だが、「私立大学研究ブランディング事業」で東京医科大が選定された経緯を調査する見通し。林氏は「捜査の推移をただ見守るのではなく、協力しながら準
カテゴリー:

もっと見る

「第三者委員会」の画像

もっと見る

「第三者委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる