「第一歩」とは?

関連ニュース

あらゆる物のインターネット化を可能にする貼れる/剥がせる薄膜状電子回路 - 07月18日(水)13:41 

パーデュー大学とバージニア大学が開発した、“小さな薄膜状の電子回路は、物の表面に貼ったり剥がしたりできる”。それは、目立たない(unobtrusive)物のインターネット(IoT)を作るための第一歩だ。そのはがせるステッカーは物の表面の全面に貼ることができ、センサーやワイヤレス通信システムとして利用できる。 これらのステッカーと従来のソリューション〔薄膜トランジスタなど〕との最大の違いは、シリコンウェハーを使わずに製造できることだ。回路全体をステッカーに転写できるので、かさばるパッケージは要らないし、回路は必要に応じて剥がしたりまた貼ったりできる。 パーデューのChi Hwan Lee助教授は語る: “たとえばセンサーを作ってドローンに貼り、事故現場などの危険なガス漏れを検出させることができる”。プレスリリースは、こう言っている: ニッケルのような延性のある金属を電子回路薄膜とシリコンウェハーの間に挿入すると、水中でも剥がすことができる。これらの薄膜状電子回路は、切って整形し、どんな表面にも貼れるので、物に電子的機能を持たせられる。 たとえばステッカーを植木鉢に貼れば、植物の生長を左右する温度変化をセンスできる。 回路の“プリント”は、回路をまずウエファ上にエッチングし、そしてその上に薄膜を置く。すると、少量の...more
カテゴリー:

こんなに変わる!? 生活費を賢く節約する方法 - 07月18日(水)06:10 

何かとお金が必要なのが社会人の一人暮らし。一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか。毎月の生活費の内訳や、必要なお金、節約についてファイナルシャルプランナーの川部紀子さんに聞きました。 ■一人暮らし社会人に必要な生活費の目安 たとえば、東京での女性の一人暮らし。家賃や光熱費、食費など、毎月どんなことにいくらくらいのお金がかかるのかを把握し、自分の支出の目安にしてみましょう。 ◇一人暮らしの社会人、平均の生活費は? 東京で仕事をしている一人暮らしの女性の生活費は、平均約21万円~23万円と考えられます。平均価格に幅があるのは、東京の中でも住む場所によって平均家賃が異なるからです。都内のある2駅のデータでは、A駅の一人暮らし用平均家賃は6万7863円、B駅では8万6922円というように大きく差があります。 ◇一人暮らし生活費の内訳 一番大きなウェイトを占める家賃以外の生活費は、総務省家計調査(2017年 単身・勤労者・関東)によると、食費4万3206円、光熱・水道1万464円、家具・家事用品4646円、被服及び履物6739円、保健・医療8080円、交通・通信1万8314円、教養娯楽2万989円、他3万2318円。家賃以外の生活費の合計はおよそ14万4000円となっています(1000円未満四捨五入)。 自分の支出と比べてみていかがですか? 平均より多いもの少ないもの、さまざ...more
カテゴリー:

【教育】女子大学生へ“妊活のススメ” 卵子の老化と妊娠適齢期 若いうちからライフプラン/愛知学院大学 - 07月17日(火)21:34  newsplus

◆女子大学生へ“妊活のススメ” 卵子の老化と妊娠適齢期 若いうちからライフプラン 「女性が自分の体のことを知る」。 妊活の第一歩ですが、それを女子大学生に勧める取り組みが始まりました。 愛知県日進市にある愛知学院大学で行われていたのは、女子学生たちの採血検査。 でも、健康診断ではありません。 実はこれ、学生に妊娠・出産について若いうちから考えてもらおうとする授業の一環なんです。 採血で調べているのは「卵子の在庫数」。 つまり、その学生の残りの卵子の数です。        女性ひとりひとりが持つ...
»続きを読む
カテゴリー:

「PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack」数量限定で発売 - 07月17日(火)10:00 

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は、日本国内に向けて、「プレイステーション4」(PS4)(CUH-2200シリーズ/ HDD:500GB)とPS4用ソフトウェア「MONSTER HUNTER: WORLD」通常版(パッケージ版)、さらに同ソフトの攻略ハンドブックをセットにした数量限定商品「PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack」を3万2,980円(税別)にて、2018年7月26日(木)より発売する。■雄大な自然の中でモンスターを狩る生活を体験「MONSTER HUNTER: WORLD」は、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。今作では、新たに構築された多種多様な地形や生態系が息づく世界で、その全てを利用してモンスターを狩る、究極の狩猟生活が体験できる。同梱されている攻略ハンドブックは、これから狩りを楽しむための重要な情報が64ページにわたって掲載された、ハンター達必携の冊子だ。この機会に「MONSTER HUNTER: WORLD」の世界に第一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。■「PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack」商品概要商品名:PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Va...more
カテゴリー:

【国際】中国、産児制限廃止を検討=少子高齢化に危機感 - 07月16日(月)23:00  bizplus

中国で人口の増加を抑制するために行われてきた産児制限が廃止されるという見方が強まっている。急速な少子高齢化による国力の低下が懸念されているからだ。経済的な見返りを伴う「出産奨励策」も検討されている。ただ、抜本的な対策となるかどうかは不透明だ。 中国では1979年から1組の夫婦に1人の子供しか認めない「一人っ子政策」が取られてきたが、少子化時代に入り、2016年から2人まで産める「二人っ子政策」に転換した。しかし、国家統計局によると16年の出生数は1786万人で前年を上回ったものの、17年は17...
»続きを読む
カテゴリー:

【教育】女子大学生へ“妊活のススメ” 卵子の老化と妊娠適齢期 若いうちからライフプラン/愛知学院大学 ★2 - 07月18日(水)08:34  newsplus

◆女子大学生へ“妊活のススメ” 卵子の老化と妊娠適齢期 若いうちからライフプラン 「女性が自分の体のことを知る」。 妊活の第一歩ですが、それを女子大学生に勧める取り組みが始まりました。 愛知県日進市にある愛知学院大学で行われていたのは、女子学生たちの採血検査。 でも、健康診断ではありません。 実はこれ、学生に妊娠・出産について若いうちから考えてもらおうとする授業の一環なんです。 採血で調べているのは「卵子の在庫数」。 つまり、その学生の残りの卵子の数です。        女性ひとりひとりが持つ...
»続きを読む
カテゴリー:

スーパーの約75%が導入、ユーザー数が1年で2倍―トクバイがもたらす「チラシ」の破壊的イノベーションとは? - 07月17日(火)22:31 

その日の特売情報や人気商品の入荷がわかる新聞の折り込みチラシ。以前なら、チラシで特売情報をチェックして近所のスーパーに買い物に行く主婦も多かったが、最近では新聞自体の購読率が激減し、チラシを見る機会は減る一方だ。 しかし、スーパーや小売店は販売情報を消費者に伝えたいし、消費者もまた何らかの媒体の情報を得て、できるだけ安く、いい商品を買いたい。 そこに登場したのが、チラシ情報をデジタル化し、地域の生活者の買い物体験をより便利に楽しくするサービス「トクバイ」。株式会社トクバイの取締役である沖本裕一郎氏に、その革新性について語っていただいた。 株式会社トクバイ 取締役 沖本裕一郎氏 2013年よりクックパッドの新規事業責任者として日常消費領域のO2Oプラットフォーム事業「クックパッド特売情報」を立ち上げ。2016年に事業分割の形で株式会社トクバイを設立。トクバイを、51000店舗以上の小売が参画する国内最大のプラットフォームにした。 チラシが響かない現状をデジタルで革新する 新聞購読率が20代の若者で平均6~7%しかなく、60代でも50%台になっている中で(※)、地域の小売店の広告媒体としてのチラシ効果が疑問視されるようになった。一方で、共働き世帯が増え、日用品の買い物のための時間は限られている。毎朝、専業主婦がチラシをじっくり読み込んで買い物をするというようなスタイルは...more
カテゴリー:

アングル:相場操縦の中国人摘発、日中当局が初連携 国境またぐ不正に警鐘 - 07月17日(火)15:52 

[東京 17日 ロイター] - 日本の証券取引等監視委員会と中国証券監督管理委員会(CSRC)が不正摘発で連携を深めている。証券監視委が今年6月末、相場操縦の疑いで中国在住の個人投資家への課徴金納付命令の勧告に至った背景には、両国の当局同士の交流が深まったことがあった。グローバル化した金融市場で存在感を高めつつあるアジアの個人投資家に対し、不正取引への警鐘を鳴らす第一歩になったと証券監視委は自信を深めている。
カテゴリー:

【東北】「野党連携で勝てる」国民民主・玉木共同代表に聞く 支持率5%を目指す 東日本大震災の復興に対する考え方は - 07月17日(火)04:10  seijinewsplus

2018年07月16日 河北新報オンラインニュース  国民民主党の玉木雄一郎共同代表は15日、仙台市内で河北新報社のインタビューに応じ、来年夏の参院選について「東北は野党が連携すれば勝てる地域だ」との見方を示した。「地域事情を最大限に尊重し、連携を図りたい」と述べ、野党間の選挙協力を推進する意向を明らかにした。(聞き手は報道部・松本果奈、馬場崇) ◇ <再び大きな塊を>  -地方組織が分裂した現状をどう考えるか。  「早期に解消し、再び大きな塊を作らないといけない。国民民主の結党を野党再結集の第一歩に...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、産児制限廃止を検討=少子高齢化に危機感 - 07月16日(月)15:01 

 【北京時事】中国で人口の増加を抑制するために行われてきた産児制限が廃止されるという見方が強まっている。急速な少子高齢化による国力の低下が懸念されているからだ。経済的な見返りを伴う「出産奨励策」も検討されている。ただ、抜本的な対策となるかどうかは不透明だ。 中国では1979年から1組の夫婦に1人の子供しか認めない「一人っ子政策」が取られてきたが、少子化時代に入り、2016年から2人まで産める「二人っ子政策」に転換した。しかし、国家統計局によると16年の出生数は1786万人で前年を上回ったものの、17年は1723万人に減少。早くも「二人っ子政策」の効果は薄れている。 今月10日付の共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版は、「社会構造の大改革」に向けた第一歩として、産児制限の廃止を求める学者の見解を1面で伝えた。この記事は、米ブルームバーグ通信が今年5月に「中国政府が産児制限の全廃を検討中」と報道したことも紹介。その後も同紙やニュースサイト「澎湃新聞」は、中国政府が出生率低下に歯止めをかけるため子供を育てている家庭に税の減免などの「奨励策」を検討していると報じた。 「奨励策」の具体化に着手した地方政府もある。遼寧省政府は6月下旬、2人の子供を育てる家庭を対象に税、教育、社会保障、住宅に関する優遇策を検討する方針を決めた。 同省の出生率低下は長引く地域経済の停滞が影響しているとの見方が...more
カテゴリー:

もっと見る

「第一歩」の画像

もっと見る

「第一歩」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる