「笑福亭鶴瓶」とは?

関連ニュース

村上佳菜子「休日の過ごし方が分からない」第一歩として鶴瓶とBBQ - 07月23日(月)05:00 

笑福亭鶴瓶とゲストが、ステキな家族を求めて日本中を巡る“ぶっつけ本番”の旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合、毎週月曜19:30~)。7月23日は、フィギュアスケートの村上佳菜子を迎えて、神奈川県…
カテゴリー:

十六茶「新垣結衣!」おーいお茶「有村架純!」爽健美茶「土屋太鳳!」綾鷹「吉岡里帆!」 - 07月20日(金)14:23  livejupiter

健康ミネラル麦茶「笑福亭鶴瓶!」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

小泉孝太郎、ムロツヨシ愛を告白「自分よりムロさんの成功の方が嬉しかった」 - 07月18日(水)11:27 

小泉孝太郎が、7月17日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。ムロツヨシとのエピソードを語った。ムロと出会ったのは映画『交渉人 真下正義』(2005年公開)での共演がきっかけ。お互い20代の頃だったそうで、小泉は「なぜかウマが合ったんです。会った日から(ムロさんは)僕の控え室にいました」と回顧した。MCの笑福亭鶴瓶もムロと交流があり、コマーシャルやドラマなど、多数出演している現状に喜びながらも、先日、リリー・フランキーと共に「アイツの鼻を折ろう」と画策したことを明かした。最近の交流について小泉は「嬉しいんですけど、プライベートで会う時間がお互いないですね」と。ムロが主催している「muro式」という舞台では、お客さんが入っていない時期から観に行っていたこともあり「自分の親友がまったく無名だった時から、雪だるま式に大きくなっていくのを見ている」と述懐。現在はチケットが取れないほどの人気ということから「満席のお客さんを見て涙がこみ上げました。自分の成功よりムロさんの成功の方が嬉しかったですね」と本音を語った。小泉の気持ちに同調しつつも鶴瓶が「『何でこんなところでムロの話せなアカンねん』って思うけどね」とこぼすと、小泉は「こういうところで話が出てきちゃうのがムロさんなんです」と話した。俳優になって17年という小泉。今年は1月末以来休みなく働いているという。...more
カテゴリー:

影山貴彦のテレビのホンネ。「15年ぶりの鶴瓶&なるみ レギュラー番組イケる!」 - 07月17日(火)16:51 

■ 番組収録後に鶴瓶もうなった、なるみの見事な“おっさん転がし”! 鶴瓶も「なるみがうまなってた!」と絶賛 6月30日に放送された、カンテレ開局60周年特別番組「鶴瓶&なるみのテレビのコト聞いてみよ!」が面白かった。番組MCを務めた笑福亭鶴瓶となるみの冠番組共演は、15年前「鶴瓶・なるみの満開!新妻セブン」でタッグを組んで以来となる。また2人ですぐレギュラー番組を持てるほど息がぴったりだった。 スタジオゲストには、ピーコ、野々村 真に加え、板東英二が久々に登場し、得意の板東節を炸裂させた。板東の持ち芸?は止まらない自慢話だが、そのハンドリングを鶴瓶となるみが見事にこなしていた。78歳の板東、まだまだ元気だ。大物が居並ぶなか進行役を任されたのが、カンテレの新実彰平アナウンサーだった。普段のニュースキャスターと色合いの違う役柄ながら、上手くいじられ盛り上げていたと思う。 番組のコンセプトは、「あなたの人生に影響を与えたテレビ番組は? あの頃、夢中になった思い出と一緒に、愛するテレビについてしゃべり倒す!」だった。「愛するテレビ」、とてもいい。テレビは近年、褒められることより批判されることの方が多いが、その影響力は、先日閉幕したサッカーワールドカップ日本戦の視聴率を紹介するまでもない。現在もあらゆるメディアの中で1番だろう。 街の人や著名人へのインタビューを数多く行い、数々の人気番組映像...more
カテゴリー:

鈴木亮平、“西郷どんクイズ”を出題「もう分かりましたかね?」 - 07月17日(火)15:17 

俳優の鈴木亮平が15日に更新したアメブロで、主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第26話を振り返るとともに、“西郷どんクイズ”を出題した。 NHK大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新の中心人物として活躍した西郷隆盛の半生を描いた作品。第26回「西郷、京へ」では、約5年にわたる島暮らしを終えた西郷吉之助(鈴木)が、大久保一蔵(瑛太)の求めに応じて京へ向かう。そんな西郷のうわさ話に勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)たちは花を咲かせる。京では朝廷と幕府、有力諸藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、将軍後見職の一橋慶喜(松田翔太)が薩摩の国父・島津久光(青木崇高)を愚弄し、会議は決裂。吉之助は久光と慶喜の関係修復のため奔走し、慶喜との再会を果たす……という展開だった。 この日の内容を踏まえて鈴木は、「島にいるうちにさらに噂が一人歩きしてしまった吉之助ですが、いよいよこの遅咲きの苦労人が幕末動乱の中心へ飛び込みます」とコメント。「糸どんとも、久しぶりの再会を果たしましたね」と、ヒロイン・岩山糸子役を演じる黒木華らとの集合ショットを公開した。 続けて、鈴木は、「「吉之助が京に戻ってきた記念」としまして、一つ西郷どんに関するクイズを出してみたいと思います」と述べ、吉之助が腰に着けている小袋について「2話から、ずーっと大切にお腰に付けているものなのですが...more
カテゴリー:

【テレビ】人気絶頂のSHISHAMO、実は 「ししゃも」が苦手と告白! - 07月22日(日)06:02  mnewsplus

2018年7月21日(土) 07時30分 人気絶頂のSHISHAMO、実は 「ししゃも」が苦手と告白!  ガールズロックバンドSHISHAMOが、20日放送の『A-Studio』(TBS系)に出演し、苦手な食べ物を告白。またデビュー秘話を明かす一幕もあった。  笑福亭鶴瓶が、「このごろ、あんまり“本ししゃも”獲れんようになってる」と漁獲量の減少を嘆くと、ボーカルでギターの宮崎朝子は「そんなに本物のししゃもの方には精通してない」と答えた。鶴瓶が、「自分らSHISHAMOやのに、なんで?」と聞くと、宮崎は「食べれないんですよ」。  鶴瓶の「何が食...
»続きを読む
カテゴリー:

仕事に…いや生きていくため必要不可欠な「聞く力」をつける方法 - 07月18日(水)16:01 

毎回ゲストのエピソードが面白いTBS系「A-Studio」ですが、この番組が成り立つのも、笑福亭鶴瓶さんのゲストの素顔を引き出す「聞く力」があってこそです。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者の松尾英明さんが、聞く力の大切さを力説すると同時に、その力が作用する前提「わかろうとする気持ち」について解説しています。 話す 聞く は目的がある 先日、県内の小学校にて、「聞く」をテーマに校内研の講師をさせていただいた。昨年度に引き続きお世話になっている学校である。校内全ての教室の授業を見せてもらい、研修会の冒頭で話したことが「黙る」ということの大切さである。 この学校では、清掃の時間に黙働をしてきた実績があり、黙って掃除ができていた。聞く力の素地ができているということである。 聞く力というが、実は先に黙ってないと聞けない。「黙る力」が前提にある。これは、自己コントロール能力であり、我慢、辛抱である。 話す力というが、実はおしゃべりとは性質が全く違う。だから、おしゃべりを推奨しても、学習指導要領が目指すような話す力と聞く力はつかない(代わりに、気晴らしにはなる)。 一般的におしゃべりが得意な類は、言わずもがな中高生の女子である。3人集まれば、言葉の機関銃乱射状態である。とりあえずの相槌は必要だが、聞く必要はあまりなく、ひたすら好きなことをしゃべりまくれる。...more
カテゴリー:

小泉孝太郎、父と弟を語る「違う次元ですよね」 - 07月18日(水)10:30 

7月17日深夜に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系)に、俳優の小泉孝太郎がゲスト出演。父親である小泉純一郎氏、さらに弟の小泉進次郎衆議院議員について言及する場面があった。 【写真を見る】選挙演説のようにアピールする小泉孝太郎/2018年ザテレビジョン撮影 司会の笑福亭鶴瓶から「元気にしてはるの、お父さん?」と聞かれた孝太郎は、「してますよ、ドラマとかこういうバラエティーとか全部見てくれてます」「今でもエネルギッシュ?」「はい…何かしら燃えてるものがあるんじゃないですか」と近況を報告した。 続けて鶴瓶の関心は弟の進次郎議員について。「(進次郎議員は孝太郎を)どない呼んではんの? 兄ちゃん?」「僕のこと『おにい』って呼びます。弟の友達とかも僕のこと、おにいですね。地元だとおにいと呼ばれますね」と意外な回答が。 「彼(進次郎議員)はちゃんとうまいことしゃべりよんねん。あれ、誰教えてんの?」と鶴瓶は孝太郎に質問。 孝太郎は「教わったりとかじゃないと思いますね。やっぱり小さい頃から父を見てるというのもありますし。いろんな人を見てきた」と説明した。 さらに鶴瓶からは「弟とけんかすることある?」との質問も寄せられた。「もうないです。小学校とか…そういう時(が最後)じゃないですか。今はないですね。 ただ、よくあの苦しい世界でやってるなと思いますけどね。僕らの世界より遊びがないじゃないですか。遊...more
カテゴリー:

【芸能コラム】いよいよ幕末の動乱へ!豪華キャスト総出演の第26回から探る革命編の見どころ 「西郷どん」 - 07月17日(火)16:25 

 二度の島流しを経験した西郷吉之助(鈴木亮平)が薩摩に呼び戻され、通称“革命編”と呼ばれる新章に突入した大河ドラマ「西郷どん」。次回「禁門の変」の予告には、軍装をした吉之助や、これまでなかった大規模な合戦シーンが登場。美しい風景の中で苦境に耐える吉之助の姿を描いた“島編”とはムードが一変し、いよいよ動乱の時代が幕を開ける。  7月15日放送の第26回「西郷、京へ」では、今後の物語を彩る登場人物たちが一挙に登場し、“革命編”の幕開けを華やかに飾った。そこでここでは、その顔ぶれから今後の見どころを探ってみた。  まずは、動乱の幕末で活躍する新たな登場人物たち。既に発表されている通り、坂本龍馬、勝海舟、岩倉具視、桂小五郎という幕末の英雄たちを、それぞれ小栗旬、遠藤憲一、笑福亭鶴瓶、玉山鉄二が演じる。  第26回の冒頭では、龍馬、勝、岩倉の3人が顔を見せ、それぞれの魅力の一端を垣間見ることができた。今後、彼らがいかに吉之助と出会い、幕末のドラマを盛り上げていくのか。その活躍が楽しみだ。  その一方、久しぶりに姿を見せた糸(黒木華)や、ふき(高梨臨)たちの元気な姿に、懐かしさを覚えた視聴者も少なくないはず。  その中で、“革命編”最大のキーパーソンと言えるのが、松田翔太演じる一橋慶喜だろう。かつて吉之助が島津斉彬(渡辺謙)に仕えていた頃は、共に幕政改革を目指す同志だったが、幕末の動乱の...more
カテゴリー:

<西郷どん>小栗旬の龍馬登場に女子騒然!「男くささがたまらない!!」 - 07月16日(月)19:18 

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が7月15日放送の第26回「西郷、京へ」で新章に突入。主人公・吉之助(鈴木)が島流しから戻り、本格的に時代が明治維新へと動き始める中、ドラマに小栗旬演じる坂本龍馬が初登場した。 【写真】“男くささ”がたまらない!小栗旬の“龍馬”姿/※画像は番組公式Instagram(nhk_segodon)のスクリーンショットです ■ 「海上がりのサーファー」ビジュアルも好評! 第26回で、藩主・茂久(長田成哉)の許可を得て京へと上った吉之助。都では、大久保一蔵(瑛太)やお虎(近藤春菜)、ふき(高梨臨)とも再会を喜び合う。その頃、「参与会議」はころころと意見を変える一橋慶喜(松田翔太)と、開国を迫る島津久光(青木崇高)との亀裂がますます深まっていた。事態を打開するため、吉之助は“ヒー様”こと慶喜と面会。慶喜と久光の会談を取り付ける。 幕府の屋台骨が大きく揺らぐ中、龍馬(小栗)と勝海舟(遠藤憲一)が初登場。ひょっとこ踊りを披露する龍馬に勝が「下手くそで見ちゃいられねえ」と軽快な江戸言葉で“ダメ出し”。龍馬が土佐弁で「また叱られたぜよ」と返す…という一連に、明治維新きっての人気者の登場を待ち望んだ視聴者は大喜び! 小栗らのキャスト発表会見では、主演の鈴木が龍馬の風貌を「ちょっと海上がりのサーファーみたい」とイ...more
カテゴリー:

もっと見る

「笑福亭鶴瓶」の画像

もっと見る

「笑福亭鶴瓶」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる