「竜星涼」とは?

関連ニュース

ぐらんぶる:竜星涼&犬飼貴丈ダブル主演映画が公開延期 - 04月03日(金)20:14 

 俳優の竜星涼さんと犬飼貴丈さんがダブル主演を務める映画「ぐらんぶる」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)の公開が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定していた5月29日から延期することが4月3…
カテゴリー:

sumika、映画『ぐらんぶる』で挿入歌も担当。「唯風と太陽」書き下ろし - 03月26日(木)13:16 

竜星涼&犬飼貴丈がW主演する映画『ぐらんぶる』(5月29日全国ロードショー)の主題歌「絶叫セレナーデ」を担当したsumikaが、映画編集中の監督から急遽連絡を受け、挿入歌も担当することが決定した。◆映画予告映像書き...
カテゴリー:

いまこそ読みたい! ドラマになった“オトコとオンナ”の人気原作マンガ5選 | ananweb - マガジンハウス - 03月31日(火)21:45 

話題になったあのマンガ、読みたかったけどタイミングを逃してしまった!  ということ、よくありますよね。今回は、コミックに詳しい書評家の永田希さんが、マンガ好きじゃなくても楽しめる「話題になった“オトコとオンナのドラマ”原作コミック」5選を紹介します。ドラマを見た人も見なかった人も、ハマること間違いなし!ドラマとは違うふたりの姿を見て!『逃げるは恥だが役に立つ』©海野つなみ/講談社新垣結衣さんと星野源さんの主演で超人気ドラマになりましたね。一世を風靡した「恋ダンス」を練習した読者も多いのでは。親族や同僚による奇異の目を避けて、“恋愛はさておき”ひとまず「契約結婚」をしたふたりが徐々に互いを意識するようになっていく過程を、甘酸っぱく描いているのは原作コミックでも同じ。コミックを読むときに注目してほしいのは、ドラマ版とコミック版で登場人物たちがちょっと違うところ。星野源が演じた「平匡さん」のキャラは原作ではエンジニアらしい眼鏡男子。対する「みくり」はガッキーのような誰が見ても美人ではなく、ちょっと天然な普通め女子なのです。石田ゆり子さんが演じた、みくりの叔母にあたる「百合ちゃん」の姿も、ドラマ版とは違った魅力があります。元カレと魔性の男のあいだで揺れ動く『凪のお暇』©コナリミサト/秋田書店こちらは黒木華さんと高橋一生さんの主演でドラマ化されました。空気を読みすぎる性格からパニック障害にな...more
カテゴリー:

鈴木亮平演じる文吾が逮捕!黒幕から最後のメッセージが届き…『テセウスの船』最終話 - 03月19日(木)13:17 

竹内涼真が主演を務める日曜劇場『テセウスの船』(TBS系、毎週日曜21:00~)の最終話(第10話)が、3月22日に25分拡大SPで放送される。本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた東元俊哉による同名コミックを原作とした本格ミステリードラマ。竹内をはじめ、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里、安藤政信、貫地谷しほり、芦名星、竜星涼、せいや、ユースケ・サンタマリアが出演。主人公の田村心(竹内)が、父親が犯人として逮捕された連続毒殺事件の謎を追うため、「過去を変える」というタブーに挑む姿を描く。<最終話(第10話)あらすじ>駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木)。しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内)と和子(榮倉)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか...more
カテゴリー:

「竜星涼」の画像

もっと見る

「竜星涼」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる