「立川志らく」とは?

関連ニュース

ダチョウ倶楽部・肥後、有吉弘行の活躍ぶりに「猫缶あげてたら虎だった」 - 05月27日(日)09:54 

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。5月27日の放送回には、ダチョウ倶楽部の肥後克広、上島竜兵、そして土田晃之が登場。20年来の付き合いについて語った。 【写真を見る】土田晃之は「(肥後克広が)一時期有吉を養子にしようとしていた」と暴露! 土田がまだ若かった当時の思い出として「有吉(弘行)があの時めっちゃヒマだったから、一番多い時で15日間連続でたぶん2人(肥後と有吉)で飲んでた。そんで暇過ぎるから、暇だと海外ロケが入るんですよね。 肥後さんが『ちょっと有吉、飲み行こうよ』って言ったら、『いや、ちょっと明日海外に…』」と有吉に断られていたエピソードを語る。 さらに土田は「『(肥後が)え?なんでだよ。その海外ロケいくらもらえるんだよ。それよりもっと出すから一緒に飲んでくれよ』って言って、一時期有吉を養子にしようとしていた」と、肥後の有吉へのでき愛ぶりを明かした また、上島は「こっちが仕事終わって1時2時になって、もう夜中の。呼び出したらきてたもんね。もうみんな売れちゃったけど。最初はうれしかったよ。でもこんなに売れるとは思ってないからね。 しかもこんなに腕があるんだって。腕があるなとは思ってたよ。こいつら絶対にある程度は売れると。え、でもこんなに売れるの?」と、今や多数のレギュラー番組を抱え、当時からは考えられないほどの人気芸人となった後輩の成長に...more
カテゴリー:

日大出身志らく「昨日のお二方は悪い顔、嫌な顔」 - 05月24日(木)12:32 

 日大出身の落語家立川志らく(54)が、母校アメリカンフットボール部の内田正人前監督(62)と井上奨コーチ(30)が行った会見に、「こんなふざけた会見はない」と切り捨てた。  24日放送のTBS系「ひるおび!」は、前夜に急きょ開かれた日…
カテゴリー:

林家正蔵&立川志らく「文春砲を浴びたい」 - 05月20日(日)09:34 

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。5月20日の放送回には落語家の林家正蔵、立川志らく、柳家花緑が登場。芸人としてあるべき姿のギャップと現実を語った。 【写真を見る】柳家花緑は「もともと狂っている人は、『飲む、打つ、買う』はやらなくていい」とピシャリ 家族の話になると、志らくは「子どもの話になると芸人と思えなくなる。本当は家庭のことを顧みず、破天荒に生きた方がカッコいい。でも打ち上げに出るくらいなら子どもの顔を見に帰る!」と5歳と1歳の娘を持つパパの顔に。 正蔵も「全然やさぐれなくなった。犬の散歩をしたりとか健康食品を食べて…」とポツリ。 しかし、正蔵が「でも、駄目なんだよね」と漏らし、志らくも「芸人としてはね。本当はもっと破天荒に…」と肩を落とす。 この流れで正蔵は「飲む、打つ、買う、で本当は“文春砲”を浴びてね」と衝撃コメントをし、志らくも「(文春砲を)浴びたい! 芸人としては、女の3人とか4人いるけどどうだいって言ってみたいけど、そういう話は一つもない」と盛り上がる。 「落語は真面目じゃないとやっていけない。稽古したり覚えたり」と、そういうことが出来ない理由の持論を正蔵が展開する。 これを聞いていた花緑は「飲む、打つ、買うの三道楽を通るのは、普通の人が芸人になるときにどれか通って来いよ。一回でも狂わないとなれないぞって意味だと思う。 もとも...more
カテゴリー:

立川志らくが「話もしてくれない」、林家正蔵によそよそしい理由 - 05月25日(金)20:30 

 5月20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に落語家の9代目林家正蔵(55)と立川志らく(54)、柳家花緑(46)が出演し、落語界での独特な人間関係について語った。  柳家が正蔵と志らくに二人の関係について聞くと、正蔵は「話もしてくれない……ことが多い」と志らくのよそよそしさを訴えた。すると志らくは「だって年代は同世代だけども、キャリアは(正蔵が)ずっと上だから。本来は“正蔵さん”とか、“正蔵アニさん”ではいけない。“正蔵師匠”なんですよ」と林家が自分より格上であることを熱弁。正蔵が「でも、そう呼んでくんないじゃん」と不満気な声を出すと、志らくも花緑も爆笑。正蔵は「呼び捨てか、“さん”でしょ〜。呼び捨て多いよね!」と訴えた。  志らくは「違う。それは落語の中で、枕で正蔵師匠を使うとウケるんですよ」と弁明。正蔵がそれを受けて「あれを勘違いなさってる方が多くて。ものすごく志らくさんが(自分を)嫌ってるんじゃないかっていうように誤解されてる方が多いね」と志らくに同意を求めた。  すると志らくもNHKの生放送で、童謡の『ぞうさん』の節で「正蔵さん、正蔵さん、落語がヘタなのよ〜」と替え歌を歌ったと自己申告し、三人は爆笑。正蔵は、「落語家が高座でもって、枕とかギャグで言うぶんには、それはネタなんだから悪口じゃないんですよ。逆に名前出していただいてウケなかったら、申し訳ないって...more
カテゴリー:

加害選手に指示を暴露された内田前監督 立川志らくが『比喩』でバッサリ! - 05月23日(水)16:40 

日本大学(以下、日大)と関西学院大学(以下、関学大)のアメリカンフットボールの試合で起こった、悪質タックル問題。 2018年5月22日には、加害者である日大の選手が記者会見で経緯を説明し、関学大の選手と家族、そして関係者...
カテゴリー:

妻夫木聡、主婦の本音に閉口「相当ストレスたまっていそう」 - 05月13日(日)20:20 

 俳優の橋爪功、西村まさ彦、妻夫木聡が「母の日」の5月13日、都内で映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」の「奥さま感謝DAY」と題した男性限定のイベントに出演した。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  事前に取った主婦のアンケートがスクリーンに投影され、「お前らももう少しやれ」「私はあなたの親じゃない」といった意見に、2016年にマイコと結婚したばかりの妻夫木は、「全部が衝撃ですね。言い方も、相当ストレスがたまっていそう」とたじたじ。結婚生活では先輩の西村は、「どの言葉もグサッときます。結婚すると、男は子どもになっちゃうんですよね」と自らに照らし合わせうなだれた。  料理や洗濯など家事にまつわるクイズも行われ、「よくできた家内なので、(家事は)あまりやらない、ということにしておきます」という最年長の橋爪が5問中4問正解し「当然でしょ」と誇らしげ。西村が3問で、妻夫木は最後の2問をなんとか当て胸をなで下ろした。  映画は、西村の妻(夏川結衣)が家出をしたことから起こる家族の騒動を描くが、西村は「撮影が終わるまで後悔の念が付きまとい、必要以上に疲れている自分がいた。人間失格、男失格、なんで生まれてきてしまったのかとさえ思った」と神妙な面持ち。そして、「男は大変だよね。女性をちょっと上に見なければ我々は勝てっこない。感謝の気持ちで、いつもあり...more
カテゴリー:

「立川志らく」の画像

もっと見る

「立川志らく」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる