「突破口」とは?

関連ニュース

オラオラ系から一転「王子が大渋滞」 王道王子様路線再評価のワケ - 05月27日(日)08:40 

 多角的プロジェクト『HiGH&LOW』に続き、LDHが新たな動きを見せている。『PRINCE OF LEGEND』と名付けられた新プロジェクトは、『HiGH&LOW』で見せた「全員主役」のギャング抗争から一転、新たに打ち出したのは「王子が大渋滞」と言うコンセプト。LDH所属のタレントたちが個性豊かな王子を演じるという。そもそも2000年代以降、イケメンの“いかつさ”が「カッコイイ」とされた傾向は、EXILEがけん引してきたと言えるはず。その大所帯が真逆にも見える方向に舵を切り、一斉に王子様化することとなったが、今や“王子様コンセプト”は若手俳優・アイドル界では主流となりつつある。まさに「王子が大渋滞」な状況は、現代のひとつのムーブメントと言えるだろう。 【写真】“オラオラ系”をけん引、EXILE AKIRA&三代目JSB岩田剛典ら炎の中で熱闘 ■“悪ガキ”が俳優・アイドルになった80年代、アイドル冬の時代にバラエティ進出した90年代  かつて、60年代の橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦による「御三家」や、70年代の郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎による「新御三家」と言われるような歌手は、テレビの向こうの大スター。ファンのみならず、一般の人々にとっては到底手が届かない、まさに王子様のような遠い存在だった。それが、80年代初頭には「ヤンキー=カッコいい」というイメージが定着、横浜銀蠅や...more
カテゴリー:

【アメフト】日大アメフト部父母会「子ども指示あったと聞いている」選手「声を上げたい」現役選手も決起、近日中に声明発表へ★2 - 05月25日(金)09:41  newsplus

https://www.daily.co.jp/general/2018/05/25/0011289708.shtml 2018.5.25(Fri)  会見の冒頭で謝罪する日大アメフット部父母会の会長(手前左)と副会長  アメリカンフットボールの定期戦で日大の宮川泰介選手(20)の悪質なタックルにより関学大のQBを負傷させた問題で、日大の内田正人前監督(62)と、井上奨コーチによる反則指示の有無が注目される中、日大アメフット部の父母会が24日、都内で緊急理事会を開いた。 会長らが匿名で取材に応じ「子供からは(反則の)指示があったと聞いている」と明かすとともに、...
»続きを読む
カテゴリー:

第188回 これからの自治体と外郭団体(上山信一の「続・自治体改革の突破口」) - 05月24日(木)05:00 

 この約1年半、筆者は東京都の特別顧問として各局や外郭団体のヒアリングを重ねてきた。その上でしみじみ思うことは、外郭団体の位置づけの変化である。都庁に限らず、自治体は従来の外郭団体に関する固定観念を捨てるべき時期にあると思う。
カテゴリー:

【インタビュー】『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』 妻夫木聡「今回は、うっかり感動させちゃいます」 蒼井優「この家族は、最低だけど最高じゃないですか」 - 05月21日(月)12:00 

 第1作は「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」をテーマにした、山田洋次監督の喜劇『家族はつらいよ』シリーズ。最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3』(5月25日公開)のテーマは「主婦への讃歌」だ。気遣いがなさ過ぎる夫の言葉に日頃の不満が爆発し、家出をした妻と、一家の主婦がいなくなるという緊急事態に直面した平田家の大騒動を描く。本作で平田家の次男・庄太とその妻・憲子を演じた妻夫木聡と蒼井優が、撮影の舞台裏や、山田監督に対する思いなどを語った。 -『東京家族』(13)も含めると今回が4作目になりますね。山田洋次監督の言葉の中で、特に印象に残ったものはありますか。 妻夫木 多分、今回がこのシリーズの集大成になると思うし、誰にでも起こり得ることを題材にしているので、監督は「ただ皆さんに笑いを届けるだけではなく、喜劇だからこそ真剣に取り組んで、血の通ったものにしたい」とおっしゃっていました。その言葉がとても印象に残っています。また、台本には書かれていない大事なことを、演出の中で気付かせてくださるのが山田監督ならではだと思います。 蒼井 山田監督が「初めて映画を撮る前日に緊張して眠れなくて、先輩の監督の家を訪ねて『明日から自分はどうすればいいのでしょう…』と聞いたら、『現場の人間を信じることも監督の才能の一つだ』と言われた」という話をしてくださいました。それを聞いて、私たち役者はもち...more
カテゴリー:

【アッキード/森友】安倍首相夫妻に投下される森友“紙爆弾”と大阪地検捜査の本丸◆2★1646 - 05月16日(水)23:32  seijinewsplus

財務省による文書改ざんをめぐり、自民党はこれまで18日をメドとしてきた改ざん前の決裁文書などの国会への提出を一転し、23日まで延期する考えを野党側に伝えた。  与党の豹変に野党は反発し、18日の提出を前提に21日で調整されていた集中審議は行われない見通しとなった。    財務省は5月中にも、国有地払い下げをめぐる森友学園側との交渉記録を国会に提出する予定だった。近畿財務局のメールなども含め、500ページにも及ぶというが、与党がずるずると日程を引き延ばす可能性もある。 柳瀬唯夫元首相秘書官の国会招致で「加...
»続きを読む
カテゴリー:

米朝、仕切り直しへ交渉水面下に - 05月25日(金)09:58 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談は、米側が一方的に中止を宣言した。ただ、米朝とも首脳会談への意欲は表明しており、今後は仕切り直しに向け、非核化方式など対立点をめぐる水面下の交渉に入るとみられる。 トランプ氏は首脳会談中止を発表する公開書簡で、正恩氏に「いつの日かあなたに会えるのをとても楽しみにしている」と呼び掛けた。北朝鮮の金桂冠第1外務次官も、首脳会談について「切実に必要だ」と訴えた。 米国は北朝鮮の核計画放棄、北朝鮮は制裁解除による経済面の利益を求めている。そのためには米朝の直接交渉が不可欠で、首脳会談が突破口になるという認識では、双方とも一致している。 首脳会談の延期で合意の「期限」がなくなり、米朝は対立点を整理し、打開策を話し合う時間的余裕を手にした。当面は両国がどういう態勢を組み、どのような形で接触するかが注目点となる。 だが、非核化と制裁解除を進める手順をはじめ、根本的な対立が解けたわけではない。相互の不信感も依然強く、仕切り直しに向けた話し合いが暗礁に乗り上げ、再び軍事的緊張が高まる可能性もある。 【時事通信社】
カテゴリー:

【アメフト反則タックル】日大父母会「指示あったと聞いている」 現役選手も決起、近日中に声明発表 - 05月25日(金)07:36  mnewsplus

https://www.daily.co.jp/general/2018/05/25/0011289708.shtml 2018.5.25(Fri)  会見の冒頭で謝罪する日大アメフット部父母会の会長(手前左)と副会長  アメリカンフットボールの定期戦で日大の宮川泰介選手(20)の悪質なタックルにより関学大のQBを負傷させた問題で、日大の内田正人前監督(62)と、井上奨コーチによる反則指示の有無が注目される中、日大アメフット部の父母会が24日、都内で緊急理事会を開いた。 会長らが匿名で取材に応じ「子供からは(反則の)指示があったと聞いている」と明かすとともに、...
»続きを読む
カテゴリー:

「キャプテン翼」第8話の先行カットが到着。南葛の黄金コンビが誕生! - 05月21日(月)17:00 

テレビアニメ「キャプテン翼」第8話の先行カットとあらすじが到着しました。 第8話「誕生!南葛黄金コンビ」より/ (C)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会 (C)高橋陽一/集英社 <第8話「誕生!南葛黄金コンビ」あらすじ>修哲の先制で幕を開けた後半戦。翼はロベルトも唸るゲーム感覚を見せるが、なかなか点に結びつかない。さらには、修哲の必勝パターン“とりかご”に大苦戦。なんとか石崎がガッツを見せて突破口を作り出すが、その際に足を痛めてしまう。誰か代わりはいないかと困っていると、翼たちの前に今日南葛小に転校してきたという少年・岬 太郎が現れる。岬の華麗なボールさばきに、翼たちは石崎の背番号11を託すことを決める。試合時間、残り10分。勝負の行方はーー!?[脚本:猪爪慎一、絵コンテ:斉藤徳明、演出:福元しんいち、総作画監督:渡辺はじめ・中島 渚・福島豊明、作画監督:服部一郎・齊藤香織・竹内一将・桜井このみ・劉 雲留・濱口頌平・菊池聡延] 第8話「誕生!南葛黄金コンビ」は、5月21日(月)25時35分からのテレビ東京・テレビ愛知・テレビ北海道など、各局で放送。また、あにてれなど各配信サービスで順次配信されます。 本作は、1980年代から放送されて社会的なブームを巻き起こした「キャプテン翼」の新作。南葛小に転入してきた天才サッカー少年・大空翼が、若林源三や日向小次郎ら全国のライバル...more
カテゴリー:

柳瀬元秘書官が加計学園関係者との面会を認めざるを得なかった訳 - 05月18日(金)04:45 

与野党の激しい攻防が続く加計学園問題。10日に衆院予算委員会で行われた参考人招致での柳瀬元総理大臣秘書官の発言に愛媛県知事が反論するなど、事態は混迷を極めています。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、柳瀬元秘書官の「釈明」や14日の集中審議での安倍首相の答弁を分析した上で、「安倍特権サークルの協働が明らかになった」と指摘しています。 柳瀬氏と加計学園の面会を問題なしとする安倍首相の不見識 柳瀬唯夫・元首相秘書官が加計学園関係者と官邸で会ったことについて、安倍首相は14日の衆参予算委集中審議で、「何ら問題はない」と語った。 問題がないのなら、なぜ今まで隠してきたのか。後述するが、今井尚哉首席秘書官も知っていたのだ。 しかも、柳瀬氏は参考人質疑において、愛媛県や今治市の面会記録で問題になっている2015年4月2日とその前後に計3回も、官邸で同学園事務局幹部らに会ったことを明かした。 柳瀬氏はおかしな釈明をした。「総理秘書官になって外の話が聞けなくなった。自分は世の中からずれているんじゃないかと思い、できるだけ政府の外の方からアポイントがあれば会うよう努めていた」。これでは、加計学園関係者を官邸に呼ぶ理由にはならない。 加計学園事務局幹部と柳瀬氏はおそらく携帯で連絡を取り合える仲になっていたのだろう。 13年5月のゴールデンウイーク。安倍首相の...more
カテゴリー:

【アッキード/森友】安倍首相夫妻に投下される森友“紙爆弾”と大阪地検捜査の本丸◆1★1645 - 05月16日(水)18:24  seijinewsplus

財務省による文書改ざんをめぐり、自民党はこれまで18日をメドとしてきた改ざん前の決裁文書などの国会への提出を一転し、23日まで延期する考えを野党側に伝えた。  与党の豹変に野党は反発し、18日の提出を前提に21日で調整されていた集中審議は行われない見通しとなった。    財務省は5月中にも、国有地払い下げをめぐる森友学園側との交渉記録を国会に提出する予定だった。近畿財務局のメールなども含め、500ページにも及ぶというが、与党がずるずると日程を引き延ばす可能性もある。 柳瀬唯夫元首相秘書官の国会招致で「加...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「突破口」の画像

もっと見る

「突破口」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる