「突拍子」とは?

関連ニュース

20代女子との不倫をくり返す40代カメラマン。ある日、相手が近所に引っ越してきて… - 06月22日(金)15:54 

 既婚者が妻以外の女性に手を出してしまったら……。バレたら離婚、社会的な地位や信用を失ったり、慰謝料を請求されたり。にも関わらず、芸能人や政治家の“不倫”のニュースが絶えない。そのほとんどが最悪の結末を迎えることは言うまでもないが、一般人はどうなのか? 「彼女は、もともと僕の個展に来てくれていたファンの子で……打ち上げの飲み会がきっかけで“肉体関係”になりました」  フォトグラファーとして活動する井上正志さん(仮名・40代・既婚)がこう話す。彼には、大学生(20歳)の不倫相手がいる。井上さんは雑誌や広告をはじめ、プロとして活躍しており、業界だけではなく、InstagramやSNSなどを通じて一般人にも知られていた。その顛末やいかに……。 ◆ファンに手を出した男性カメラマンの顛末  彼女にとって井上さんは憧れの存在だ。プライベートでも頻繁に会うようになったという。当然、井上さんに妻がいることは承知のはずだが、彼女の行動は次第に本気モードになっていく。 「新宿で映画を観た帰りに彼女が『実は私、先週引っ越したの。これから新居で一緒にご飯食べない?』と言うので、喜んでついて行ったら……なんと僕の最寄駅だったんですよ! 何考えてるんだと怒ったのですが『だって好きなんだもん!』と妙にふてぶてしくて。なんていうか彼女、不思議ちゃんなんですよね。そんなふうに突拍子もないことをして怒られて...more
カテゴリー:

美少女×戦闘機「ガーリー・エアフォース」TVアニメ化 「マクロス△」のサテライト制作 - 06月14日(木)22:30 

 美少女と戦闘機を掛け合わせたストーリーで人気を博している小説「ガーリー・エアフォース」のテレビアニメ化が決定した。「マクロスΔ」や「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズで知られるサテライトがアニメーション制作を担当する。  夏海公司氏(著)、遠坂あさぎ氏(イラスト)が手がけた原作小説「ガーリー・エアフォース」は、空に焦がれる少年・鳴谷慧(なるたにけい)と“人類の切り札”となった少女たちの物語。突如、人類の航空戦力を圧倒する謎の飛翔体ザイが出現し、追い詰められた人類は対抗兵器として戦闘機「ドーター」を開発する。ドーターを操るのは少女の姿をした操縦機構「アニマ」。主人公・慧が、アニマの少女・グリペンらととともに、ザイに立ち向かっていく姿を描く。  著者の夏海氏は、テレビアニメ決定に対し「ありがとうございます。もともと戦闘機が好きという一念で書き始めた話なので、こうして映像化の機会までいただき本当にうれしいです。応援いただいた読者の方々、および関係各位に心から感謝しつつ、一視聴者としても動くアニマやドーターを楽しみにしています」と喜びを語る。  一方の遠坂氏も、「『ガーリー・エアフォース』とはかれこれ4年ほど付き合ってきましたが、この度アニメ化決定ということで大変うれしく思います!」と興奮気味に語っており、「アニメ化するとお知らせを受けた時はあまりに突拍子のない事を言われてなかなか実感...more
カテゴリー:

【サッカー】<ホンダの代わりはオカザキ!>なんとメキシコ紙が岡崎慎司のパチューカ行きを伝える! - 06月07日(木)05:51  mnewsplus

テコ入れが必要な前線の有力候補に浮上 明日金曜日、スイスとのテストマッチを控える日本代表に衝撃が走った、かもしれない。    6月6日にメキシコの全国紙『El Sol de Tulancingo』が報じたのは、「オカザキがパチューカに到着するかもしれない」との見出しが打たれた記事だ。パチューカの新シーズンに向けた補強戦略において、日本代表FW岡崎慎司に白羽の矢が立っているという。 「高い確率でやって来そうなのが、アジア人のシンジ・オカザキだ。彼は現在レスター・シティでプレーしている」と記し、前線のテコ入れが不可...
»続きを読む
カテゴリー:

鳥の剥製をロボット化すれば、オスが求愛する? 生物学者による「真面目な研究」の中身(動画あり) - 06月18日(月)19:00 

米国の生物学者が、絶滅危惧種のキジオライチョウの剥製をロボットに改造した。この突拍子もないアイデアは、実はロボット化した雌「フェムボット」に雄が求愛行動をとるよう仕向けることで、その生態を解明しようとするものだった。この真面目な研究は、果たして成功するのか。
カテゴリー:

【対談】堀江貴文×高橋みなみが語る「価値あること」とは - 06月13日(水)13:16 

毎回、各分野のトップランナーをゲストに迎え、堀江氏独自の視点で様々なテーマを深掘りするイノベーション×クリエイティブコース。第4回のゲストは、AKB48グループ初代総監督をつとめ、AKB48卒業後はテレビ、ラジオなどで幅広く活躍中の歌手・タレントの高橋みなみ氏。今まで知らなかった、考えたことがなかったような独特の講義は、「自分でも何かやってみたい!」とモチベーションを高めます。 【オーディションから見える本質】 >>どうしてAKB48になれたのか/AKB48の子たちには、他の子とは違う何かがあった 堀江:AKB48の発表を見た時に、行かなきゃと思ったんですか? 誰かが応募したの?高橋:母親がものすごく芸能界に入れたがる親だったんです。 堀江:いるよね、そういう親。 高橋:まさに(笑) 子どもはそんなにやる気ないけど、がんがんオーディション受けさせられていたタイプの子でした。 堀江:がんがんオーディション受けさせられてたんだ。 高橋:がんがん受けてました。ソニーのフェニックスっていう有名なオーディションとか、AKB48の前にはホリプロスカウトキャラバンも。 堀江:ホリプロも受けてたの。高橋:しかも、私、最終まで行ってるんです。 堀江:へー高橋:審査員長、秋元さんですからね。 堀江:あ、そうなんだ。 高橋:秋元さんは、覚えてないと思うんですけど。で、徐々に自分...more
カテゴリー:

『ガーリー・エアフォース』TVアニメ化決定! アニメーション制作は『マクロスΔ』『シンフォギア』などを手がけるサテライト! - 06月01日(金)18:35  moeplus

2018/6/1 18:15 『ガーリー・エアフォース』TVアニメ化決定! アニメーション制作は『マクロスΔ』『シンフォギア』などを手がけるサテライト! 原作者よりコメントも到着 「電撃文庫」(KADOKAWA刊)にて刊行されている『ガーリー・エアフォース』(著/夏海公司、イラスト/遠坂あさぎ)の待望のTVアニメ化が決定しました! 本作は、空に焦がれる主人公・鳴谷慧(なるたにけい)と、「ドーター」と呼ばれる戦闘機を操る「アニマ」の少女・グリペンやイーグル、ファントムが、人類の航空戦力を圧倒する謎の飛翔体・ザイに立ち向...
»続きを読む
カテゴリー:

「突拍子」の画像

もっと見る

「突拍子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる