「突如発表」とは?

関連ニュース

【NY株】大幅安 米中貿易摩擦を懸念 - 06月19日(火)23:45  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011486571000.html NY株が大幅安 米中貿易摩擦を懸念 2018年6月20日 6時43分 19日のニューヨーク株式市場は、アメリカと中国の貿易摩擦が激しくなることを懸念した売り注文が広がりダウ平均株価は、一時400ドル以上値下がりして取り引きされています。 19日のニューヨーク株式市場は、アメリカのトランプ大統領が中国の2000億ドル規模の輸入品に10%の関税をかけることを検討するよう指示し、これに対抗して中国も報復措置をとる考えを示したことから、貿易摩擦が激しくなること...
»続きを読む
カテゴリー:

米朝交渉「戦争終戦宣言で制裁緩和」に警鐘=シャーマン元国務次官インタビュー - 06月07日(木)15:43 

 【ワシントン時事】2015年のイラン核合意で米代表として協議を主導したウェンディ・シャーマン元国務次官は、12日の米朝首脳会談の主要議題の一つとなる朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言が、関係国による制裁の緩和に直結する危険性に警鐘を鳴らし、北朝鮮の非核化と「同時並行に進めるべきだ」と強調した。時事通信とのインタビューで語った。 トランプ大統領は首脳会談で戦争終結への取り組みに強い意欲を示している。シャーマン氏は、米朝や韓国による終戦宣言が象徴的なものであれ、関係国が朝鮮半島に平和が訪れたとみなして制裁を中止すれば「米国は(米朝交渉で)大きな成果を得られなくなる」と警告した。 シャーマン氏は2000年10月のオルブライト国務長官(当時)の訪朝に政策調整官として同行し、金正恩朝鮮労働党委員長の父、故金正日総書記と面会。正日氏は米朝関係について熟知しており、「取引ができる相手だった」と振り返った。その上で、正恩氏も父親同様に取引相手と見なせるが、交渉には「多くの時間がかかるだろう」と語った。 来週実現する米朝首脳会談については、「正恩氏にとって最も重要な問題であり、非常によく準備ができていることが強みだ」と評価。一方で、トランプ政権の交渉担当者に、交渉の細部を詰める核物理学者や軍備管理の専門家の姿がないことを懸念し、2回目以降の首脳会談までに実務交渉チームを設置するべきだと提案した...more
カテゴリー:

Crossfaith、新曲を突如発表!米国Webメディア「Metal Injection」にてプレミア公開! - 06月07日(木)19:22 

[株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ] Crossfaithの新曲「The Perfect Nightmare」がアメリカの大手音楽ニュースサイト「Metal Injection」にて 6月6日(現地時間)に突如プレミア公開された。 [画像: https://prtimes.jp/i/13546/1447/resize/d13546-...
カテゴリー:

「突如発表」の画像

もっと見る

「突如発表」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる