「福島第一原発」とは?

関連ニュース

【原発】福島第一原発5・6号機の燃料搬出が困難に - 05月25日(金)22:56  newsplus

廃炉作業中の福島第一原発で、東京電力は、深刻な事故にはならなかった5号機と6号機の一部の核燃料を来年から搬出する計画でしたが、受け入れ先の茨城県にある施設の国の審査などが終わる見通しが立っていないことから、燃料の搬出が難しい状況であることがわかりました。原子力規制委員会は、東京電力などから説明を聞いたうえで対応を検討することにしています。 東京電力は、深刻な事故にはならなかった福島第一原発5号機と6号機の廃炉作業を進めるため、燃料貯蔵プールにある360体の新しい核燃料を来年1月以降、搬出し、2...
»続きを読む
カテゴリー:

日光・中禅寺湖での釣りイベントに親子が大満足! - 05月22日(火)19:42 

5月20日(日)に、「日光中禅寺湖漁業協同組合 創立55周年記念感謝祭」が開催。全国の釣りファンから「マス釣りの聖地」と称される日光・中禅寺湖での親子釣り体験会をメインとしたイベントに、80組約200名のファミリーが集まった。 【画像を見る】記念式典も開催。日光市の大嶋一生市長、中禅寺湖漁業協同組合の福田政行組合長、グローブライド株式会社の鈴木一成社長が登壇(写真右から) 会場になったのは、晴天に恵まれ、新緑輝く山々が囲む中禅寺湖湖畔 大尻川南岸。実は東日本大震災後、ここ中禅寺湖は福島第一原発の事故に伴い、マス類の持ち出しが全面的に禁止され、風評被害などで釣り客が大幅に減少し、レジャー産業が大きなダメージを受けた。そこで立ち上がったのが、中禅寺湖漁業協同組合。釣り具ブランド「DAIWA」を展開するグローブライド株式会社の強力なバックアップのもと、放射性物質モニタリング検査を確保するための「釣り大会」や、安全性を印象づける「釣り教室」などを積極的に実施した。 12年よりマス類のキャッチ&リリースの施行をスタートし、4年後の16年からヒメマスの持ち出しが解禁され、17年には釣り客の数が震災前の水準まで回復したという。そして「本当は節目の50周年に開く予定だった」(中禅寺湖漁業協同組合・福田政行組合長)感謝祭を、“55周年”の今年、ようやく開くに至ったのだ。 イベントでは、親子での釣り体...more
カテゴリー:

福島第一原発“処理水”対応 公聴会開催へ 5/18 18:26更新 - 05月18日(金)18:26 

福島第一原発の汚染水を浄化した処理水について、国は、海に流すことも含め今後の対応について、この夏、公聴会を開く方針を決めた。
カテゴリー:

【発電】原発20~22%「確実な実現へ」 政府エネルギー計画原案★2 - 05月14日(月)07:23  newsplus

朝日新聞デジタル 2018年5月13日05時03分 (記事元でご登録の方は続きが読めます) https://www.asahi.com/articles/ASL5C41TXL5CULFA007.html  政府が今夏の閣議決定を目指す「第5次エネルギー基本計画」の原案がわかった。電力量に占める 原子力発電の割合を20~22%にするなど、政府が2030年度にめざす電源構成を初めて明記し、 「確実な実現へ向けた取り組みのさらなる強化を行う」とした。核燃料サイクル政策は維持し、 原発輸出も積極的に進めるなど、原発推進という従来の姿勢を崩していない。  原発比率を...
»続きを読む
カテゴリー:

小泉純一郎元首相インタビュー「首相交代が必要」「自分の国で原発建設ができないから外国に売り込もうとする発想が分からない」 - 05月13日(日)11:42  seijinewsplus

◆全電源、自然エネにできる 小泉純一郎元首相インタビュー 2018年5月13日 07時06分  小泉純一郎元首相(76)が本紙のインタビューに応じ、原発事故後も原発稼働を前提とする安倍政権のエネルギー政策を「反省がない」と批判するとともに、「原発支援のカネを自然エネルギーに向ければ、原発が供給していた30%程度の電力は10年で自然エネルギーで供給でき、将来、全電源を自然エネルギーでできる国になる」と、原発稼働を直ちにやめ、自然エネルギーへの転換を促進すべきだとの考えを強調した。  小泉氏は「首相の権限は強...
»続きを読む
カテゴリー:

【福島第一原発】福島第一原発5・6号機の燃料搬出が困難に[05/25] - 05月25日(金)06:25  scienceplus

廃炉作業中の福島第一原発で、東京電力は、 深刻な事故にはならなかった5号機と6号機の一部の核燃料を来年から搬出する計画でしたが、 受け入れ先の茨城県にある施設の国の審査などが終わる見通しが立っていないことから、 燃料の搬出が難しい状況であることがわかりました。 原子力規制委員会は、東京電力などから説明を聞いたうえで対応を検討することにしています。 東京電力は、深刻な事故にはならなかった福島第一原発5号機と6号機の廃炉作業を進めるため、 燃料貯蔵プールにある360体の新しい核燃料を来年1月以降、...
»続きを読む
カテゴリー:

福島 飯舘村で8年ぶりの運動会 原発事故の避難解除で - 05月19日(土)16:49 

東京電力福島第一原発の事故による避難がこの春解除された福島県飯舘村で、8年ぶりとなる運動会が開かれ、子どもたちの元気な声が運動場に響きました。
カテゴリー:

【福島第一原発事故】「甲状腺がん子ども基金」療養費の給付年齢を拡大 - 05月17日(木)04:56  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180517/k10011441081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 5月17日 4時13分 東京電力福島第一原発の事故のあと甲状腺がんと診断された子どもの支援を行っている民間の基金は、これまでに120人に療養費を給付し、さらに対象の年齢を拡大して支援を強化しました。 民間の基金、「3・11甲状腺がん子ども基金」は、原発事故後に甲状腺がんやがんの疑いと診断された子どもたちに1人当たり10万円の療養費の支援を行っています。 16日都内で行われた記者会見で、おととし1...
»続きを読む
カテゴリー:

【発電】原発20~22%「確実な実現へ」 エネルギー計画原案 - 05月13日(日)13:12  newsplus

朝日新聞デジタル 2018年5月13日05時03分 (記事元でご登録の方は続きが読めます) https://www.asahi.com/articles/ASL5C41TXL5CULFA007.html  政府が今夏の閣議決定を目指す「第5次エネルギー基本計画」の原案がわかった。電力量に占める 原子力発電の割合を20~22%にするなど、政府が2030年度にめざす電源構成を初めて明記し、 「確実な実現へ向けた取り組みのさらなる強化を行う」とした。核燃料サイクル政策は維持し、 原発輸出も積極的に進めるなど、原発推進という従来の姿勢を崩していない。  原発比率を...
»続きを読む
カテゴリー:

官僚による改ざん、隠蔽…不祥事は氷山の一角! 公文書管理法と情報公開法をセットで改正すべき理由 - 05月12日(土)06:00 

公文書をめぐる不祥事が相次いでいる。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、公文書をめぐる危機的状況を解決するための提案をする。 * * * 財務省による決裁文書改竄(かいざん)、防衛省による自衛隊日報の隠蔽など公文書管理をめぐる不祥事が続いている。だが、これらは氷山の一角。同じようなずさんな公文書管理は政府、行政の至る所で起きている。 例えば、福島第一原発事故による放射能汚染が今も続いていることが、政府ぐるみで隠されていたのをご存じだろうか。 2013年秋に福島県南相馬市の19ヵ所の水田で収穫されたコメから、基準値(1kg当たり100Bq)ベクレルを超えるセシウムが検出されるという騒ぎがあった。 このとき、汚染の原因として浮上したのが福島第一原発3号機のがれき撤去作業だった。がれきを運び出す際に、粉塵(ふんじん)と共に大気中に飛散した放射性物質が20km以上離れた南相馬市の水田に降り注ぎ、稲穂を汚染したことが、学者などの調査で後に明らかとなった。 しかし、当時の政府の結論は「コメ汚染に関連はない」というもの。政府内では、経産省や田中俊一原子力規制委...more
カテゴリー:

もっと見る

「福島第一原発」の画像

もっと見る

「福島第一原発」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる