「社会全体」とは?

関連ニュース

元国税が明かす「消費税は社会保障のため不可欠」が大間違いな理由 - 11月20日(火)05:00 

2019年10月より10%に引き上げられる消費税。「社会保障のため消費税は不可欠」と言われてしまえば受け入れざるを得ないと思ってしまいますが、これに異を唱えるのは元国税調査官で作家の大村大次郎さん。大村さんは自身のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』で、そもそも消費税は社会保障になど使われないという衝撃の事実を明かした上で、この税金がいかに欠陥だらけなものかを白日の下に晒しています。 消費税についてもう一度ちゃんと考えてみよう 先月、安倍首相は、来年からの消費税の増税をついに表明しました。これに対して、世論はほとんど反対しませんでした。国の必死の喧伝が功を奏してか、今となっては、消費税について文句を言う人はあまりいません。国のやることには文句ばかり言っている朝日新聞でさえ、社説で「消費税増税やむなし」と書いたほどです。 私は、なぜ消費税がこれほど国民に受け入れられているのか、不思議でなりません。消費税というのは、欠陥だらけの税金なのです。それは、税金を専門とする学者の多くがそれを指摘しています。御用学者以外の税金学者のほとんどは、消費税に反対しているのではないでしょうか? 日本人というのは、根の部分で国の指導者を信じ切っているところがあります。国の指導者の悪口を言ったり、叩いたりすることは大好きだけれども、根本の部分で、「まあ、少しくらい悪いことをしても、基本的にはち...more
カテゴリー:

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が佐賀県みやき町にて提供を開始! - 11月19日(月)13:02 

[株式会社エムティーアイ] ◆地域社会全体で「子育て・子育ち」を応援する環境づくりを進める佐賀県みやき町で『母子モ』の提供を開始! [画像1: https://prtimes.jp/i/2943/481/resize/d2943-481-341094-0.png ]  みやき町は、「すべて...
カテゴリー:

その危険性に気づき警告を発する以前に子どもたちはデータ化されている - 11月17日(土)12:00 

イギリスの児童コミッショナーは、その報告書で、民間公共を問わず、子どもたちのデータが収集され拡散されている状況に懸念を示している。 『Who knows what about me?』(自分の何を、誰が知っているのか?)と題されたその報告書で、Anne Longfieldは、ビッグデータが子どもたちの人生にどう影響するかを「立ち止まって考える」べきだと社会に訴えている。 ビッグデータの使い方によっては、子ども時代の足跡によって将来が決められてしまうデータ劣位世代が生まれると、彼女は警告している。 大人になる前の子どもたちをプロファイリングすることが、長期的にどのような影響を及ぼすかは、まだわかっていないと彼女は書いている。 「子どもたちは、ソーシャルメディアだけでなく、人生のさまざまな場面で『データ化』されています」とLongfieldは言う。 「今、成長中の子どもたちと、それに続く世代は、個人データの収集量が単純に増えることから、プロファイリングの影響をより強く受けることにります」 子どもが13歳になるまでの間に、その両親は、平均1300点の写真や動画をソーシャルメディアで公開していると、報告書は伝えている。その子どもたち自身がソーシャルメディアを使い始めると、1日平均で26回投稿するようになり、そのデータ量は「爆発的」に増えて、18歳になるまでには、総計でおよそ7万点に達する。...more
カテゴリー:

日本語訳がない「マーケティング」その定義を説明できますか? - 11月15日(木)21:00 

ビジネスシーンのみならずよく耳にする「マーケティング」という用語。ごく一般的に使われることも多いこの言葉ですが、いざ「マーケティングって何?」と聞かれたら、説明することができるでしょうか。今回の無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』では著者の梅本泰則さんが、「マーケティングのわかりやすい定義」を紹介しています。 マーケティングって何? マーケティングの話をするのは、久しぶりです。時々、ワン・トゥー・ワン・マーケティングの具体例を紹介しています。 では、「マーケティングって何?」と聞かれたらどう答えられるでしょうか。なかなかむつかしいのではないでしょうか。なぜなら、マーケティングは経営の広い範囲を取り扱うからです。なかなか一言で説明することはできません。そんなこともあってか、マーケティングという言葉は日本語に訳されていません。 そして、書店に行くとその棚にはマーケティング関連の本がぎっしり。私も、これまで何十冊とマーケティング本を読みましたが、マーケティングの全体像がよく分かりません。マーケティングには、やたら種類が多いのです。私の読んだ本だけでも、 マスマーケティング パーソナルマーケティング ダイレクトマーケティング マキシマーケティング ゲリラマーケティング エモーショナルマーケティング パーミッションマーケティング リレーションマーケティング ワン...more
カテゴリー:

経済産業省主催 平成 30 年度 第 12 回製品安全対策優良企業表彰  千趣会が「優良賞」受賞 - 11月12日(月)13:00 

2018年11月12日 株式会社 千趣会 経済産業省主催平成 30 年度 第 12 回製品安全対策優良企業表彰千趣会が「優良賞」受賞 株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:梶原健司 以下千趣会)は、経済産業省主催の「平成30年度 第12回 製品安全対策優良企業表彰」において、優良賞を受賞しました。この表彰制度は、企業の製品安全に対する積極的な取り組みを促進し、社会全体として製品安全の価値を定着させることを目的に、経済産業省が平成19年度から実施しております。千趣会は創業より63年間もの時を「誠実」に女性と向き合い、寄り添い、オリジナリティあふれる商品提案・企画提案・サービス提案を行ってまいりました。お客様からのご支持を得る上で、安全で安心な品質を提供することは不可欠であり、長きにわたり様々な取り組みを継続的に行っていますが、この度下記3点が評価され、受賞に至りました。【受賞の理由】◆千趣会リスクマネジメント体系に基づいた全社リスク管理体制の構築ガバナンス、コンプライアンス、リスク管理のフレームワークに基づき、全社リスク管理体制を、従来からの組織である品質管理部門、品質保証部門、リコール対策部門が相互に連携する形で統括する組織として構築し、全ての商品のリスクマネジメントを可能な体制を実現した。その体制のもと、新しいジャンルの商品についてリスクアセスメントを実施し、販売可能性を...more
カテゴリー:

子どもを授かるための「正しい年齢」とはいつなのか? - 11月19日(月)19:00 

By Andrea Ferreira社会全体の晩婚化が進んでいるのは日本に限らず多くの先進国で見られる現象で、それに伴って女性が出産する年齢も上昇しています。自身のキャリアとのバランスで出産のタイミングを見計らうことはとても重要ですが、一方では出産に適した「適齢期」があることもしっかりと考えておく必要があります。
カテゴリー:

【社会】泣いてもいいよ!赤ちゃんステッカー・・・岩手など14県、各地の方言バージョンで本日配布開始 - 11月19日(月)12:07  newsplus

朝日新聞 2018年11月19日11時06分 電車内や飲食店で赤ちゃんが泣いている時、「大丈夫だよ、気にしないで」と伝えたい――。そんな思いから生まれた「泣いてもいいよ!」のステッカーに、14県の方言バージョンが登場した。 11月19日の「いい育児の日」に合わせて配布を始めた。 赤ちゃんのイラストの横に「泣いてもいいよ!」と声かけする吹き出しが描かれたステッカーを配布する「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」は、 ネットメディアを運営する「エキサイト」(東京)が2016年に始めた。スマートフォンの裏側やパソコンな...
»続きを読む
カテゴリー:

GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)⇐この中に一つだけ要らない子がいるよな - 11月16日(金)12:56  poverty

GAFAに社会共存の風圧 課税や賃上げ、下がる利益率 米グーグルなど「GAFA」と呼ばれるIT(情報技術)大手4社が、「社会と共存するうえでのコスト」を求められ始めている。 欧州を中心に課税強化の動きが広がる一方、賃上げ圧力が強まり、情報流出の対策コストも膨らんでいる。 データを独占して高成長を続ける一方で、税や賃金など「社会全体への還元」には十分な関心を払ってこなかったGAFAという「異形の企業群」。 かつてのような高い収益性の維持は難しくなっており、… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37349720T01C1...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】シャブ山シャブ子大激論で注目される「田代まさしの告白」 - 11月13日(火)19:01  mnewsplus

『相棒 Season17』(テレビ朝日系)に登場したキャラクター“シャブ山シャブ子”が賛否両論を呼んでいる。 11月7日放送の第4話では、重度の薬物依存症者の女性によって刑事の一人が撲殺されるシーンがあった。取り調べでは43歳の主婦なのに「シャブ山シャブ子です! 17歳です!」と自称。幻覚に取り憑かれたかのように髪を振り乱す様子が”怪演”と話題になった。 一方で専門家からは異論が相次いだ。20年以上も薬物依存症の治療に関わってきた精神科医の松本俊彦氏(51)は『プレジデントオンライン』への寄稿で《あんな覚醒剤依存症...
»続きを読む
カテゴリー:

平成30年度製品安全対策優良企業表彰の受賞企業が決定しました! - 11月07日(水)10:00 

経済産業省は、民間企業の製品安全に対する積極的な取組を促進し、社会全体として製品安全の価値を定着させるため、「製品安全対策優良企業表彰」を実施しています。この度、平成30年度製品安全対策優良企業として12の企業・団体の受賞が決定しました。 受賞企業の表彰式は、製品安全総点検月間での取組の一環として、「製品安全総点検セミナー」において11月16日(金曜日)に東京で開催します。
カテゴリー:

もっと見る

「社会全体」の画像

もっと見る

「社会全体」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる