「研究論文」とは?

関連ニュース

高地で育つ人の『前腕は短い』仕組みは謎 ヒマラヤ研究 - 06月21日(木)17:19 

【AFP=時事】人間は極度の高地で育つと、成長過程で身体がエネルギーの節約を余儀なくされ、腕が短くなる可能性があることが、20日に発表された研究論文で明らかになった。 英国王立協会(Royal Society)のオンライ...
カテゴリー:

英文校正ワードバイス、ネイティブチェック付きの日英翻訳サービス開始 - 06月21日(木)10:00 

英文校正ワードバイスでは、2018年6月21日より、研究論文や留学用エッセイを対象とした、ネイティブ校正付きの日英翻訳サービスを開始いたします。専門分野別の翻訳者が翻訳した文書に、ワードバイスの熟練の校正者が英文校正を施すことで、ネイティブにも伝わりやすい自然な英文に仕上げます。お見積りは土日祝日も24時間受付、最短72時間からのスピーディーで高品質な日英翻訳サービスをご利用いただけます。
カテゴリー:

【医学】「人間の知能指数が年々上昇する」というフリン効果は20世紀に終わっていた!?[06/15] - 06月17日(日)17:35  scienceplus

■ノルウェー男性の徴兵制データを分析すると、1970年代半ばに知能指数がピークに達し、 それ以降、明らかに低下していた 「人間の知能指数(IQ)は、年々、上昇し続ける」。 この現象は、ニュージーランドオタゴ大学のジェームズ・フリン教授が1984年の研究論文で初めて示したことから 「フリン効果」と呼ばれている。 フリン教授はこの研究において「1978年のIQは1932年に比べて13.8ポイント高くなっており、 IQは、1年あたり0.3ポイント、10年ごとに3ポイント上昇している」と明らかにした。 しかしながら近年の研究結果では...
»続きを読む
カテゴリー:

【生物】ミツバチは「ゼロの概念」を理解できる - 豪仏研究チームが報告 - 06月15日(金)23:16  scienceplus

豪RMIT大学、仏トゥールーズ大学などの研究チームは、ミツバチが「ゼロの概念」を理解できるとする実験結果を報告した。脳のニューロン数が人間と比べて非常に少ないミツバチがゼロという数学的概念を理解できるという今回の発見は、他の多くの生物にもこうした高度な抽象概念を理解できる知能が備わっている可能性があることを示唆している。研究論文は科学誌「Science」に掲載された。 今回の研究を行ったRMIT大学のAdrian Dyer准教授は、「ゼロの概念を理解することは難しく、人間の幼児でも学習によって習得するには数年を要する数...
»続きを読む
カテゴリー:

【NASA】探査機が火星の土壌から有機物発見 - 06月08日(金)15:12  newsplus

◆火星の土壌に有機物発見、大気中メタンも NASA探査機 米航空宇宙局(NASA)は7日、火星探査機キュリオシティによりクレーター内の30億年前の泥岩から採取された土壌試料の中に、有機物が見つかったと発表した。 キュリオシティは大気中のメタンも検出している。 地球外生命の探索では、有機化合物や分子など、生命の基礎構成要素が焦点となる。 ただ、こうした有機物などは生命とは無関係に存在することもできる。 有機物は過去の生命についての詳細な情報を記録していたり、生命の食料源となっていたりする可能性が...
»続きを読む
カテゴリー:

米国の喫煙率と肥満率、都市部より地方部で高い傾向 調査 - 06月21日(木)15:15 

【AFP=時事】米国の地方部に暮らす人々は、都市部住民に比べて喫煙率と肥満率がはるかに高いことが、19日に発表された研究論文で明らかになった。関連する多くの健康問題へのリスクも、地方部の住民の方がはるかに高かった。 2型...
カテゴリー:

【科学】高地で育つ人の前腕は短い、その仕組みは謎 ヒマラヤ研究 - 06月20日(水)22:46  newsplus

【6月20日 AFP】人間は極度の高地で育つと、成長過程で身体がエネルギーの節約を余儀なくされ、腕が短くなる可能性があることが、20日に発表された研究論文で明らかになった。  英国王立協会(Royal Society)のオンライン科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」に掲載された論文によると、高度3500メートル以上で生まれ育ったネパール人の男女は、類似の祖先を持つ低地出身の人々と比べて前腕が短い傾向があることが分かった。一方、興味深いことに、前腕と隣接する上腕と手については、...
»続きを読む
カテゴリー:

ガン予防にも有効なビタミンD、なんと「日焼け止め塗りすぎ」で不足する - 06月17日(日)08:46 

 日焼け止めを塗っていたら、要注意!?  毎日の食事で、「ビタミン」、ちゃんと摂れていますか? ビタミンは、「体の機能調整役」となる大事な存在で、美容やダイエットを考える上でも意識して摂取していきたい栄養素です。例えば、Cは美肌、Bはダイエット、Aはアンチエイジング…、そんなイメージがある中、あまり目立たない存在なのが、「ビタミンD」。  実は先日、「血中のビタミンD濃度が高い人はガンになりにくい」という研究論文(※1)が発表されました。これまでにも、インフルエンザや肺炎などの感染リスクを低下させる効果を示唆する報告(※2)も出ていて、健康を考える上で再注目されている栄養素であることは間違いありません。  また、ビタミンDが不足して欠乏症になると、骨量が減り骨軟化症・骨粗しょう症を起こしやすくなります。子どもの場合は成長障害が起こります。ところが…  日焼け止めを週3以上塗る人は、ビタミンDが不足しがちだという事実(※3)をご存知でしょうか? コレ、意外と深刻な問題なんです。  そこで今回は、ビタミンD摂取を考える上で、これだけはおさえたい「カンタンポイント」を3つにまとめてご紹介したいと思います。 ※1.発表された論文 Plasma 25-hydroxyvitamin D concentration and subsequent risk of total and ...more
カテゴリー:

【宇宙ャバイ】ハビタブルゾーンの系外巨大ガス惑星121個を特定!生命体がいる可能性も - 06月09日(土)07:28  news

カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)とサザンクイーンズランド大学(USQ)の研究チームは、 生命体の生存に適した環境にある衛星を保有している可能性のある太陽系外巨大ガス惑星121個を特定したと発表した。 系外惑星本体ではなく、その周りを回る衛星における生命体の存在可能性を検討した研究として注目される。 研究論文は「The Astrophysical Journal」に掲載された。 2009年からアメリカ航空宇宙局(NASA)が運用しているケプラー宇宙望遠鏡は、これまでに数千個の太陽系外惑星を発見している。 その中でも、ケプラー宇宙望...
»続きを読む
カテゴリー:

【ダイエットに朗報】 「脳のスイッチ」を操作、甘味の誘惑絶つ マウス研究 - 06月05日(火)18:46  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3177332?cx_module=latest_top 「脳のスイッチ」を操作、甘味の誘惑絶つ マウス研究 2018年6月5日 16:58 発信地:パリ/フランス 【6月5日 AFP】ダイエット中にこう思ったことはないだろうか──自分の味覚を刺激する食べ物がホウレンソウだったらいいのになあ、チョコレートには全くそそられないようになればなぁ──と。  このほど、甘いものをまずく、苦いものをおいしく感じさせるように脳を操作する方法を発見したとする研究結果が、神経科学者チームによって発表された。  だがこれは今の...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「研究論文」の画像

もっと見る

「研究論文」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる