「真田ナオキ」とは?

関連ニュース

山野楽器の演歌まつりが全国どこからでも楽しめる動画配信イベントに!『元祖どこでも演歌まつり』 開催決定 - 09月18日(金)10:00 

株式会社山野楽器(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長 山野政彦)は、コロナ禍の中、大きな反響のあった『おうちで演歌まつり』に続き、この秋、初めての動画配信イベント『元祖どこでも演歌まつり』を開催いたします。   山野楽器の恒例イベント『元祖ぎんざ演歌まつり』が、今秋は『元祖どこでも演歌まつり』として開催決定!! 新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、例年春と秋に開催していた『元祖ぎんざ演歌まつり』がこの春は中止が決定。そこで『おうちで演歌まつり』と題し、動画コメントを寄せていただき、閲覧回数合計10万回を超える大きな反響をいただきました。 この反響をうけ、引き続きお出掛けにも気をつかう今、演歌まつりがパワーアップ。『ぎんざ演歌まつり』の会場としておなじみの銀座本店 JamSpotで収録した、山野楽器でしか観ることができないライブ映像を”どこでも”好きな場所で楽しめる企画になりました。その名も『元祖どこでも演歌まつり』! 参加アーティストは現時点で27組を予定! パソコン、タブレット、スマートフォンを使って、簡単に視聴できます。アーティストの皆さんの素晴らしいステージを、堪能してください!   ◆元祖どこでも演歌まつり 【参加方法】 山野楽器 CD/DVD取扱各店およびオンラインショップにて、対象商品をお買い上げごとに、先着で対象アーティ...more
カテゴリー:

株式会社エイフォース・エンタテイメントは、所属アーティスト美良政次の3rdシングル「朝と夜のあいだに」を2020年9月9日(水)に発売します。「夜と朝のあいだに/霧の海c/w夜桜花~YA.OUKA~」 - 09月09日(水)12:00 

               演歌第七世代の貴公子!     アポロが月から連れてきた昭和の美少年のカバー曲を歌うお笑い界に第7世代と呼ばれる若手芸人を中心としたブームが起きていますが、演歌界にも若手を中心とした世代交代がきています。例えれば、、、第5世代氷川きよし・水森かおり 他第6世代純烈・山内惠介・丘みどり・三山ひろし 他第7世代新浜レオン・中澤卓也・真田ナオキ・辰巳ゆうと・美良政次 他現在、現役で活動しているのは第3世代以降紅白歌合戦を始め、あらゆるメディアで活躍をしています。時代は令和へと移り、新世代組が今後も演歌界を牽引していくことでしょう。その中で2018年にデビューした美良政次(みよしせいじ)もその一人です。今回カバー曲「夜と朝のあいだに」を発売。この曲はピーター(現:池畑慎之介氏)の1969年のデビュー曲です。デビュー当時のキャッチフレーズは「アポロが月から連れてきた少年」(wikipediaより参照)といわれ、当時その妖艶な魅力で第11回日本レコード大賞・最優秀新人賞(1969年)を獲得、話題となりました。美良政次もある意味風変りなデビューを果たしています。彼のもう一つの顔はヴィジュアルバンドMALICE MIZER(活動停止中)のリーダーManaが作詞、作曲・プログラミングを手がけるソロゴシックメタルサウンドプロジェクト“Moi dix Mois”(モア・ディ...more
カテゴリー:

「真田ナオキ」の画像

もっと見る

「真田ナオキ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる