「県支部」とは?

関連ニュース

【琉球新報】沖縄と沖縄人の誇りのために闘った政治家・翁長雄志氏 その生きざまを写真で振り返る - 08月09日(木)18:14  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010000-ryu-oki 膵臓がんの手術を受け、治療を続けていた沖縄県の翁長雄志知事が8日午後、入院先の病院で死去した。辺野古新基地建設の阻止を最大の公約に掲げ、歴代の知事の中でも高い県民支持率を背景に、米軍普天間飛行場の辺野古移設を推し進める国と鋭く対立してきた。政治家としての翁長氏を写真で振り返る。 政治家としての原点 沖縄戦から5年後の1950年、那覇市に生まれた。父助静(じょせい)さんは旧真和志市長を務め、兄助裕(すけひろ)さんは西銘順治知事時代に副知事...
»続きを読む
カテゴリー:

“土日閉所”の徹底求める 建設工事関係者連絡会議で 秋田労基署 - 08月09日(木)10:02 

 秋田労働基準監督署(町田良則署長)は、7月19日に建設工事関係者連絡会議を開催した=写真。秋田県振興局、管内各市町村、建設業労働災害防止協会秋田県支部、各建設業協会に対して建設現場の「土曜閉所」の取組み強化を要請している。 人口減少が最も厳しい秋田県は、建設業の労働者不足が深刻だ。人員不足の影響は在籍する労働者の時間外労働を押上げにつながっている。建設現場においては、土曜完全閉所の実施が思うよう……[続きを読む]
カテゴリー:

西日本豪雨支援の輪 義援金855万円贈る - 08月02日(木)06:50 

佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)は1日、西日本豪雨災害で県内の企業や団体、個人から7月11~31日に寄せられた義援金(総額855万5986円)を佐賀市の県共同募金会と日本赤十字社県支部に贈った。 県共同募金会であった贈呈式では、同会の伊藤正副会長に目録を手渡した。伊藤副会長は「県民の皆さんの気持ちが温かく、ありがたい。被災者の支援に役立てたい」と謝辞を述べた。義援金は中央共同募金会を通じて被災地に届けられる。日本赤十字社県支部では、船津定見事務局長に目録を手渡した。
カテゴリー:

琉球新報「翁長知事は辺野古移設推進派だった」 - 08月09日(木)12:24  news

沖縄と沖縄人の利益のために闘った政治家・翁長雄志氏 その生きざまを写真で振り返る 膵臓がんの手術を受け、治療を続けていた沖縄県の翁長雄志知事が8日午後、入院先の病院で死去した。 辺野古新基地建設の阻止を最大の公約に掲げ、歴代の知事の中でも高い県民支持率を背景に、米軍普天間飛行場の辺野古移設を推し進める国と鋭く対立してきた。政治家としての翁長氏を写真で振り返る。 沖縄戦から5年後の1950年、那覇市に生まれた。 父助静(じょせい)さんは旧真和志市長を務め、兄助裕(すけひろ)さんは西銘順治知事...
»続きを読む
カテゴリー:

本社来訪・8月2日 - 08月03日(金)06:30 

野中明氏(早稲田大学校友会佐賀県支部顧問)松尾哲吾氏(同副支部長)山口浩氏(同幹事長)神代剛氏(同事務局長)奥田律雄氏(同幹事)▽中村良信氏(与賀神社宮司)竹下敏昭氏(与賀神社文化財保存修理事業奉賛会名誉会長)北島恭一氏(同会長)▽青栁直氏(佐賀県労働者福祉協議会理事長)江頭一哉氏(同専務理事)▽渡辺満氏(渡辺花屋)
カテゴリー:

要請で墜落防止徹底を呼び掛け 兵庫労働局 - 08月01日(水)05:02 

 兵庫労働局(畑中啓良局長)は、「建設業労働災害防止強化月間」に当たる7月2日、建設工事現場を対象に局長による安全パトロールを行った。同労働局と神戸西労働基準監督署が、建設業労働災害防止協会兵庫県支部、工事発注者とともに「新長田合同庁舎建設工事」の現場を視察するもので、墜落災害、重機災害などを重点にチェックしたうえで局長自らが対策の強化を要請している。 要請では、昨年同労働局管内で建設業から12人……[続きを読む]
カテゴリー:

「県支部」の画像

もっと見る

「県支部」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる