「相互理解」とは?

関連ニュース

「理想の人は、運命の人!」の罠 by ぱぷりこ - 05月25日(金)10:31 

『妖怪男ウォッチ』ぱぷりこです。よく婚活・恋活相談を受ける時、私は「ゆるふわ言葉と形容詞は爆破せよ!」と主張しています。なぜなら、考えているようで何も考えていないから。 本連載では、「どんな人が好み?」への回答によく見られる「あいまい・ゆるふわ表現の罠」を分析します。 本日のゆるふわ表現「運命の人」 「やっぱり運命の人と結婚したい」 運命、それはディスティニー。若い人はもちろん、恋愛経験が少ない人、恋愛経験が豊富でややお疲れ気味の人まで幅広い人が「運命の人と早く出会いたい」と口にします。 「さっき小石を投げたら、たまたまあなたに当たったので結婚しよう」と言ってくる偶然の人よりも、「あなたがこの小石を引き寄せた。これは運命だ。結婚しよう」と言ってくる運命の人のほうがディスティニーがあふれてときめきます。 運命の人= 努力せず自分の理想を叶えてくれる人 「運命の人」という言葉からは、特別で唯一無二の雰囲気はよく伝わってくるのですが、それ以外がノー定義すぎて、まるでなにも伝わってきません。「運命の人」を望む人は、何をもって「運命の人」と判断するのでしょうか? 「これまで付き合って別れた人はなにかしら不満があったけれど、そんな不満がなにもない運命の人に出会えるって信じてる」 「大丈夫。ちゃんとまじめに生活していれば、ちゃんと運命の人に出会えて結婚できる。占いでも言わ...more
カテゴリー:

故宫“看门人”人民日报撰文:吸引更多人进博物馆 - 05月20日(日)10:16 

  原标题:吸引更多公众走进博物馆(五洲茶亭)   单霁翔   自5月18日国际博物馆日设立以来,每年国际博物馆协会都会在这一天举办庆祝活动,旨在使社会公众认识到“博物馆是促进文化交流,丰富文化生活,增进人们之间相互理解、合作,实现和平的重要机构”。目前,越来越多....
カテゴリー:

オバマ夫妻、Netflixと番組を契約 - 05月22日(火)10:21 

Netflixにとって新たな(しかもかなり)大きな契約となった。アメリカの前大統領バラク・オバマ、ミッシェル・オバマ夫妻はストリーミングサービス向けの番組を持つことについてNetflixと合意した。 ニューヨークタイムズが、オバマ夫妻とNetflixが“かなり進んだ話し合い”を進めているようだと最初に報じたのは今年3月のことだ。この番組の目的は、トランプ政権を批判したり、特定の政治的なメッセージを発したりするのではなく、人々にインスピレーションを与えることと思われる。 Netflixのオフィシャルな発表では、番組はオバマ氏が感じていることを扱うものになりそうだ。コンテンツ責任者のTed Sarandosはその内容について“コミュニティで際立つ人々や、世界をより良いものにしようと絶えぬ努力をしているような人々に焦点を当てるかなり特別なものになる”と表現している。 オバマ夫妻は、こうしたコンテンツを制作するにあたってHigher Ground Productionsという会社を立ち上げた。 この契約に伴う報酬などの条件は明らかにされていない、しかしNetflixは豊富な資力を持ち、喜んでそれに見合うだけの充分な額を示したのだろう。オバマ夫妻が台本を書いたシリーズ、台本なしのシリーズ、ドキュメンタリーシリーズ、ドキュメンタリーと特集など、基...more
カテゴリー:

「相互理解」の画像

もっと見る

「相互理解」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる