「白石和彌」とは?

関連ニュース

編集の経験がないから、文藝春秋を変えられた。経理出身の中部嘉人社長が語る「noteとコラボする理由」 - 03月18日(水)12:04 

「文春砲」と呼ばれるスクープの連発で知られる老舗出版社、文藝春秋。3月18日発売の『週刊文春』では、学校法人「森友学園」への国有地売却問題の対応にあたり、2018年に自殺した財務省近畿財務局の男性職員の「手記」全文を掲載し、大きな話題になった。同社は、デジタル化にも力を入れる。創刊100年に間もなく迫る月刊誌『文藝春秋』では、有料課金型のデジタル版を開設した。自社でシステムを開発するのではなく、文章や写真などを自由に投稿できる「note」を使うことにした。どんな記事を読みたいのか、Twitterでアンケートを取ったり、ネットの書き手を月刊誌でデビューさせたり...新しい試みにも挑戦している。同社のトップは、2018年に就いた中部嘉人(なかべ よしひと)社長だ。同社では、月刊誌『文藝春秋』編集長経験者らがトップにつくことが多かったが、中部社長は経理局や営業局の勤務が長い。編集系以外の就任は34年ぶりだった。作家を担当したり記事を執筆したりする「編集経験」がないトップだからこそ、文春はデジタルシフトがうまく行ったのか?中部社長にハフポスト日本版が単独インタビューを行った。文藝春秋がnoteと「組んだ」理由 ーーいま勢いのあるnoteと老舗の文藝春秋が手を組むということには驚きの声が上がりました。2019年11月にスタートしたばかりですが、なかなかいい手応えを持っています。&n...more
カテゴリー:

「白石和彌」の画像

もっと見る

「白石和彌」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる