「登場人物」とは?

関連ニュース

【芸能】石原さとみ 『高嶺の花』で囁かれる「キムタク化」への懸念 「何をやっても石原さとみ」★2 - 07月18日(水)21:13  mnewsplus

石原さとみ 『高嶺の花』で囁かれる「キムタク化」への懸念 7/14(土) 16:00配信 NEWS ポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20180714_720619.html https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00000015-pseven-ent 番組公式HP キムタク 作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。 つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。 ドラマウォッ...
»続きを読む
カテゴリー:

遠藤憲一「アウト&アウト」に白鳥玉季&要潤&竹中直人ら参戦! ビジュアルも披露 - 07月18日(水)12:00 

 遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説を実写映画化する「アウト&アウト」に、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」「永い言い訳」の出演で注目を集めた人気子役・白鳥玉季ちゃん、要潤、岩井拳士朗、高畑淳子、竹中直人の出演が決まった。あわせて、各キャストが演じる登場人物にフォーカスを当てた場面写真、ティザービジュアルがお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「アウト&アウト」場面写真  原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏が手がけたクライムエンタテインメント。小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能(遠藤)のもとに、一本の依頼の電話が入り、指定された場所に向かう。しかし、依頼人は既に死体となっており、そのすぐ近くには覆面姿の男。完璧な殺人計画に巻き込まれた矢能だったが、犯人の誤算を見抜き、反撃を開始する。「きうちかずひろ」名義で映画監督の顔も持つ木内氏が自らメガホンをとった。  出演が発表されたキャストの役どころは、玉季ちゃんが矢能の相棒となる少女・栞役、要が事件の鍵を握る与党議員・鶴丸清彦役を熱演。実写「心が叫びたがってるんだ。」にも出演した新人俳優・岩井が覆面姿の男を演じるほか、矢能が世話になっている婆さん役に高畑、矢能と栞を密かにサポートしている情報屋役として竹中が参加している。  「七歳の少女の相棒(パートナー)は、元ヤクザの男」「職業、探偵。」...more
カテゴリー:

二次元を忠実に三次元で再現 - 07月18日(水)10:14  poverty

 人気ヤンキー漫画を実写ドラマ化した「今日から俺は!!」(日本テレビ系10月スタート)より、主人公・三橋貴志、三橋の相棒・伊藤真司、 2人と同じ高校に通う武道家の一人娘・赤坂理子、伊藤の恋人で元ヤン・早川京子の主要登場人物4人のビジュアルが公開された。 https://www.cinematoday.jp/news/N0102281 ...
»続きを読む
カテゴリー:

マーベル、LGBTQヒーロー登場で非差別への動き活発化 - 07月18日(水)08:40 

 映画『アベンジャーズ』『アイアンマン』などを手がけるマーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギ氏が先日、女性の監督も積極的に登用していく考えを発表。またマーベル映画にLGBTQのキャラクターを登場させることにも言及した。現在のハリウッド映画を牽引しているといっても過言ではない“マーベルヒーロー”による非差別化の動きが活発化している。 【場面写真】『デッドプール2』でレズビアンキャラ・ユキオを演じた忽那汐里 ■ハリウッドが抱える性差別問題や人種差別  現在、ハリウッドは様々な差別やハラスメントの問題を抱えている。昨年、ハリウッドを揺るがしたのは、敏腕製作者ハーヴェイ・ワインスタイン氏のセクシャルハラスメント。セクハラ被害をSNSで告発する「#MeToo」運動が大きなムーブメントとなる火付け役となった。  またアカデミー賞など華やかな賞レースで近年問題視される「ホワイトウォッシュ」。いわゆる黒人差別問題で、黒人がノミネートする確率が低いのは差別があるからとする考えだ。ほか、映画『グレイテスト・ショーマン』で知られる俳優ザック・エフロンがイメチェンでドレッドヘア姿をインスタグラムにアップした際に「ドレッドヘアは黒人のもの」「文化の白人化であり侮蔑」など批判の声が多数挙がった例もある。  そんな非差別化への背景もあってだろうか、昨今マーベルでは、これに呼応した多くの動きが見られ...more
カテゴリー:

私たちが近い将来、アンドロイドと恋するようと思う3つの根拠 - 07月17日(火)21:05 

僕は休みの日にお気に入りのYouTuberのゲーム実況を見るのが趣味なのですが、最近何人かの実況者がプレイしているゲームに『デトロイト ビカムヒューマン』というタイトルがあります。このゲームの設定は、2038年のアメリカ。「人間に奴隷のように酷使されていたアンドロイド達が、そのうち感情を持ち人間に反旗を翻す」というよくある設定なのですが、登場人物に、実際の名だたる俳優さん達が演じている映像をCG化する技術を使っているので、本当にリアルで『本当に近い将来人間とアンドロイドが共存する未来が来そうだ』と思わされます。さて、そのゲームの中で、アンドロイド同士が恋に落ちたり、人間が感情を持ったアンドロイドに友情や愛情を感じるシーンが度々登場します。ここで、僕はふと思うわけです。「2038年、今から20年後に僕たちはアンドロイドと恋に落ちるようなことがあるのだろうか?」と。今回は、そんなちょっとSFちっくだけど、他人事ではない話。気づかないうちに科学技術がすごいことになってる今、僕らの知らないところでいろいろな科学技術が進んでいて、「人間の関節の動きをほとんと再現したロボット」、「人間の声帯や喉の形、鼻腔を再現して人間の出せる音の再現に取り組む研究」、「60種類以上の表情のバリエーションを持つアンドロイド」など、「これもうほぼ人間じゃない?」と思えるほど形になってるものがたくさんあります。動画...more
カテゴリー:

「探偵 神宮寺三郎 プリズム・オブ・アイズ」に,最新作「ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ」の体験版が収録 - 07月18日(水)17:29 

 アークシステムワークスは,2018年8月9日に発売予定の「探偵神宮寺三郎プリズム・オブ・アイズ」の最新情報として,シリーズ最新作となる「ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ」の体験版を収録すると発表した。「プリズム・オブ・アイズ」の登場人物の情報や最新PVも届いている。
カテゴリー:

auのCM「三太郎シリーズの好きなキャラ」ランキング - 07月18日(水)10:30 

 2015年から放送されているauのCM“三太郎”シリーズ。人気俳優たちが日本昔話の登場人物にふんし、ユニークなかけあいを繰り広げるという内容が好評で、今なお人気を得ている。そこで今回は、auの“三太郎”シリーズCMで「好きなキャラ」を、10代から50代の男女各世代50人、合計200人に聞いてみた。  まず、第5位(11.5%)には、歌と三線が得意な“浦ちゃん”こと浦島太郎(桐谷健太)が選ばれた。乙姫(菜々緒)に好意を抱き、竜宮城に通い詰めるなど、天真爛漫な性格の愛されキャラだ。選んだ理由にも「とぼけた雰囲気」(40代/女性)、「顔とキャラクターのギャップが面白い」(40代/女性)とあり、純情な性格が人気のようだ。  続く第4位(12.5%)にランクインしたのが金太郎(濱田岳)。通称“金ちゃん”で、浦島太郎や桃太郎に比べてメジャー感の薄いところがコンプレックス。ネガティブな面もあるが、基本的に思い込んだら一途なところがあり、浦島太郎や桃太郎が心配してしまう場面もある。選ばれた理由は、「なんとなく憎めないところ」(50代/女性)という声が複数あった。さらに「表情や仕草が面白い」(40代/女性)など、キャラのルックスに関する声も多かった。  第3位(13.5%)には、“桃ちゃん”こと桃太郎(松田翔太)が入った。幼少の頃、いじめられていたところを浦島太郎と金太郎に助けられ、友...more
カテゴリー:

ドラマ「高嶺の花」主演! 石原さとみさんにインタビュー - 07月18日(水)10:00 

■ 独特な言い回しの多いセリフにも注目してほしい 【写真を見る】「登場人物それぞれの言葉がすごく特徴的で、1 時間のドラマの中で、いろんな言葉遣いが見えてきます」  石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「高嶺の花」。「愛という名のもとに」や「ひとつ屋根の下」など、多くの名作ドラマを手がけてきた野島伸司が脚本を担当している本作で、石原さんは華道の名門・月島流の本家に生まれた天才華道家、月島もも役で出演。 「以前から野島さんの作品に出演してみたいと思っていましたので、お話をいただいた時はすごくうれしかったです。最初、『美女と野獣』のような、身分の違う、ギャップのある恋愛ストーリーだと聞いていたので、明るい話なのかなと思っていましたが、脚本を読んでみると、野島さんらしい影を感じさせる部分がありました。この作品では、カリスマ的な人物を演じていますが、そういう役柄は初めてなので、クランクインする前はどんなふうに演じようか悩みました」 石原さんが、注目してもらいたいポイントは「セリフ」。 「独特な言い回しが多くて、普段の生活では使わない言葉もたくさん出てきます。下町感のある血の通ったセリフから、最先端の流行語、ちょっとクラシカルなセリフまで。登場人物それぞれの言葉がすごく特徴的で、1時間のドラマの中で、いろんな言葉遣いが見えてくるので、会話やちょっとしたやりとりなどを楽しんでもらえると思いま...more
カテゴリー:

逃げ場なしホラー観覧車も登場、「恐怖もシェアする時代に」専門家に聞く - 07月18日(水)06:30 

 東京お台場・パレットタウン大観覧車と、マリノアシティ福岡観覧車“ スカイホイール”が、7月14日から9月2日(日)までの期間、夜間のみ台数限定でホラー仕様に変わる。USJの『ホラーナイト』や水族館、商店街など場所を選ばず“お化け屋敷”化の事例もあり、レジャースポットが“お化け屋敷”に変身する傾向にある。なぜ観覧車をホラー化するのかプロデューサーに話を聞くとホラーコンテンツも時代と共に進化していることがわかった。 【写真】閲覧注意の怖さ!密室で迫りくる“血バサミ女”ほか恐怖画像集 ■なぜ観覧車がお化け屋敷に? 「観覧車はホラーにうってつけの題材」  お台場&福岡で展開中のホラー観覧車“血バサミ女の観覧車”は、ヘッドフォン着用による立体音響、窓の外から霊が襲ってくるプロジェクション、振動するシート…で、乗ったら最後、1周するまで逃げられない最凶仕様。今まで、観覧車を使った恐怖モノとしては、乗りながら怪談を聴く、といったモノはあったが、今回のようにマッピングや立体音響、椅子が揺れる…という恐怖を体感するイベントはおそらく世界初とのこと。従来の観覧車のイメージを覆すプロデュースしたのは、ホラー×テクノロジーで新しい恐怖体験を作り出す株式会社 闇。設立時に公開したHPが「怖すぎる企業サイト」として1日で10万PVを記録し、話題になった会社だ。同社の代表でありプロデューサーの頓花聖太郎...more
カテゴリー:

名作フリーゲーム『Chime』がRPGアツマールでもプレイ可能に!「これ名作だからみんなやってほしい」 - 07月17日(火)20:30 

 今回紹介するのは、RPGアツマールにgalantiさんが投稿した『Chime』というゲームです。 投稿者メッセージ(ゲーム説明文より) どこにでもありそうな海沿いの小さな街、露麻(つゆあさ)町。観光地でも何でもありませんが、シンボルとして大きな塔が建っています。塔内には大きな鐘があるそうで、かつては美しい音で人々の耳を楽しませていたものでした。 そんな塔も古びてしまい、鐘も鳴らなくなって久しい現在、春も近づく頃。遠くから塔を見つめる少年、朝霧翔太。彼はある噂を思い出していました。 「鐘が鳴る時、恋が実る」 何の根拠もない噂ですが、彼には大きな心の支えです。なぜって、それは今でも想い続ける初恋相手、静石綾が彼にはとても手の届かない存在だから。 はたして鐘は鳴るのか。これは露麻町にいる人々の、塔と鐘、生と死、初恋と片思いをめぐる三日間のお話。  PCフリーゲームの名作「Chime」がRPGアツマールに投稿されました。このゲームのジャンルはミッション遂行型青春アドベンチャー。「これ名作だからみんなやってほしい」とコメントされていますが、どんなゲームなんでしょう?  ミッション遂行型青春アドベンチャーは何かというと、A氏の行動が、B氏の未来を変えてしまうというもの。たとえばA氏が通学途中に“誰か”と会話すると、同じ日に“誰か”と会うかもしれないBの未来が変わります。 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「登場人物」の画像

もっと見る

「登場人物」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる