「発生確率」とは?

関連ニュース

【´Д`υ】終わりの見えない暑さ。今日、19日も猛暑。京都で39℃など予想。命に関わる危険な暑さとの認識を持って行動を - 07月19日(木)09:08  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00010000-wmap-soci きのう岐阜県の多治見と美濃では、国内で5年ぶりに最高気温が40℃を超えた(全国で今年初、7月としては14年ぶりとなる)。 きょうも列島は高気圧に覆われて各地で厳しい暑さが予想されている。命にかかわる危険な暑さという認識をもって行動する必要がある。 近畿・東海や内陸部を中心に猛暑日 京都39℃予想  きょうの西日本・東日本は多少雲の広がるところがあるものの、暑さは収まらず、近畿や東海の内陸部を中心に40℃に届きそうな猛烈な暑さが予想されている...
»続きを読む
カテゴリー:

地震危険度、秋田県沖「A」やや高い 連動地震の恐れも - 07月10日(火)07:19 

 政府の地震調査研究推進本部は9日、部会を開き、日本海溝や南海トラフで想定される地震の危険度を発生確率に基づいてランク分けする検討を始めた。事務局の文部科学省の案は、南海トラフの巨大地震や日本海溝寄り…
カテゴリー:

30年以内に「震度6弱」の地震が起こる可能性が高い地域は…? - 07月16日(月)19:00 

防災士でもある古賀涼子アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」の6月30日(土)の放送では、2018年度版「全国地震動予測地図」のポイントを紹介しました。 ※写真はイメージです 今後30年以内に“震度6弱以上”の揺れに襲われる確率は、どこでどれくらいあるのか……誰もが気になるところではないでしょうか。日本政府の地震調査委員会による最新データを地図に色分けして落とし込んだ「全国地震動予測地図」が6月26日(火)に公表されました。 まず、昨年から大きく変わった点として注目したいのは、北海道。 今回、千島海溝沿いに超巨大地震が差し迫っているという研究結果を反映させた結果、今後30年以内に北海道東部で震度6弱以上の地震が起きる確率が大きく跳ね上がっています。例えば、釧路は昨年から22ポイント上昇の69%、根室は15ポイント上昇の78%と高い確率に。 そして、気になるのが首都圏です。 今後30年以内に震度6弱以上の揺れが発生する確率が最も高いのは、千葉市で85%。このほか、横浜市も82%と高い確率となっています。 一方、東京は意外にも48%という予測結果でしたが、これは、基準点となる都庁付近の地盤が比較的固いことが理由。例えば、羽田空港の国内線第一ターミナルは80.5%、江東区・東雲駅付近は82.1%など、埋立地を中心に震度6弱以上の揺...more
カテゴリー:

大企業で導入が広がるシックスシグマとは(上)(大企業で導入が広がるシックスシグマとは) - 07月02日(月)06:00 

 1993年に米Motorolaの登録商標となったシックスシグマという名前は、統計で標準偏差を表す記号σ(シグマ)から来た。欠陥の発生確率の目標を100万分の3.4(欠陥なしの割合が99.99966%)としたことが由来だ。当初はMotorolaが自社の製造工程に向けて定めたこの目標が、すぐにバズワードとなり、標準として広く取り入れられた。
カテゴリー:

「発生確率」の画像

もっと見る

「発生確率」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる