「疑問視」とは?

関連ニュース

習近平失権の噂が飛び交う 専門家「政治闘争が依然、激しい」 - 07月18日(水)14:17 

先週末、習近平氏が「権力闘争に敗れ、すでに失権した」との噂がインターネットで飛び交っている。中国問題専門家の間では、習氏の失権説について疑問視する一方、最高指導部で熾烈な権力闘争が広がっているとの見方は大半を占めている。
カテゴリー:

【ドラマ】 生活保護の偏見を拭えるか?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』、原作ファンからは懸念の声も - 07月17日(火)22:30  mnewsplus

火曜ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)が17日に第1話を迎える。 原作は柏木ハルコの同名漫画。区役所に入り、福祉事務所に配属になった新人ケースワーカーが主人公だ。さまざまな生活保護受給者との交流を通じて、ケースワーカーとして成長していく物語でもある。 一方では丹念な事例取材をもとに描かれているストーリーを通し、偏見の多い生活保護について、その実情を伝える役割も担っている。 ドラマ版で主人公・義経えみるを演じるのは吉岡里帆。そのほか、えみるの教育係を井浦新、同期を川栄李奈、山田裕...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍事】F2戦闘機後継「高すぎる」国際共同開発に暗雲 予測150億円 提案200億円 - 07月17日(火)08:56  newsplus

2018年07月17日 07時58分 読売新聞  航空自衛隊のF2戦闘機の後継機を巡り、日本主導の国際共同開発を模索してきた防衛省の路線が揺らいでいる。大本命と目される米ロッキード・マーチン社の開発提案が想定より高額で、費用対効果の観点で疑問視する声が上がり始めたためだ。  ◆予測は150億円  現在約90機が配備されているF2は2030年頃から退役が始まる。戦闘機開発には10年程度を要するため、防衛省は、年末に策定する次期中期防衛力整備計画(中期防、19~23年度)に具体的な開発方針を明記したい考えだ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

自衛隊、県警と採用説明会 人手不足背景、識者は疑問視 - 07月17日(火)05:00 

 自衛隊沖縄地方協力本部(沖縄地本)は16日、那覇市小禄の産業支援センターで、県警と合同で採用者の募集説明会を開いた。本島内で自衛隊と県警が合同説明会を開くのは初めて。同地本は「(進路の)選択肢が広がるほうが学生らにとってもいい」と説明するが、識者からは「自衛隊は国防が仕事。警察とは与えられた任務...
カテゴリー:

立憲会派・真山勇一、自衛隊がコンビニ商品を緊急輸送したことに対して疑問視 ネット「災害対策基本法も知らないの?」 - 07月15日(日)14:57  seijinewsplus

http://anonymous-post.net/post-250.html (略) 首相官邸のツイート、緊急でありとりあえずよかったと思ったのですが… 自衛隊が運んだのは、被災者への救援物資 ではなく普通に店で売る商品ということのよう。ということはお金がなければ買えない?というのに引っかかるのはおかしいでしょうか。 — 真山勇一 参議院議員 (@MayamaMia) 2018年7月14日 (略) 管理人 ネットの反応 あれ~、参議院議員が災害対策基本法で、コンビニが支援対象になっているの知らないなんておかしいですよ。 — akkyi2 (@akkyi2...
»続きを読む
カテゴリー:

スーパーの約75%が導入、ユーザー数が1年で2倍―トクバイがもたらす「チラシ」の破壊的イノベーションとは? - 07月17日(火)22:31 

その日の特売情報や人気商品の入荷がわかる新聞の折り込みチラシ。以前なら、チラシで特売情報をチェックして近所のスーパーに買い物に行く主婦も多かったが、最近では新聞自体の購読率が激減し、チラシを見る機会は減る一方だ。 しかし、スーパーや小売店は販売情報を消費者に伝えたいし、消費者もまた何らかの媒体の情報を得て、できるだけ安く、いい商品を買いたい。 そこに登場したのが、チラシ情報をデジタル化し、地域の生活者の買い物体験をより便利に楽しくするサービス「トクバイ」。株式会社トクバイの取締役である沖本裕一郎氏に、その革新性について語っていただいた。 株式会社トクバイ 取締役 沖本裕一郎氏 2013年よりクックパッドの新規事業責任者として日常消費領域のO2Oプラットフォーム事業「クックパッド特売情報」を立ち上げ。2016年に事業分割の形で株式会社トクバイを設立。トクバイを、51000店舗以上の小売が参画する国内最大のプラットフォームにした。 チラシが響かない現状をデジタルで革新する 新聞購読率が20代の若者で平均6~7%しかなく、60代でも50%台になっている中で(※)、地域の小売店の広告媒体としてのチラシ効果が疑問視されるようになった。一方で、共働き世帯が増え、日用品の買い物のための時間は限られている。毎朝、専業主婦がチラシをじっくり読み込んで買い物をするというようなスタイルは...more
カテゴリー:

F2戦闘機後継200億円超 防衛省幹部「高額すぎだ。このままでは受け入れられない」 - 07月17日(火)15:47  news

航空自衛隊のF2戦闘機の後継機を巡り、日本主導の国際共同開発を模索してきた防衛省の路線が揺らいでいる。 大本命と目される米ロッキード・マーチン社の開発提案が想定より高額で、費用対効果の観点で疑問視する声が上 がり始めたためだ。 現在約90機が配備されているF2は2030年頃から退役が始まる。戦闘機開発には10年程度を要するため、防衛 省は、年末に策定する次期中期防衛力整備計画(中期防、19~23年度)に具体的な開発方針を明記したい考えだ。 後継候補は、〈1〉米空軍のF22戦闘機の機体をベー...
»続きを読む
カテゴリー:

遺体引き渡しをめぐる報道のあり方に堀潤が異議。オウム真理教の元代表・麻原「遺骨問題」の深層 - 07月17日(火)06:10 

遺体の引き渡しをめぐる東京拘置所の対応は不可解そのもの。松本元死刑囚の遺骨は当面、拘置所が保管するというが...麻原彰晃を含むオウム真理教元信者7名の死刑が執行された。その後、「麻原の遺体は四女に」と報じられたがほかの親族は反発。次女や三女が疑問視する、東京拘置所の不可解な対応とは......?* * *■母親・三女側と四女側との対立構図7月6日、オウム真理教の元代表・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚の死刑が執行された。各メディアはその後の遺体引き渡しをめぐる報道で、当局のリーク情報をもとに「関係者によると」という表現を用いて多角的な検証を放棄した。ここでは各社が伝えようとしなかった事実を書き残しておきたい。松本元死刑囚の遺体を誰が引き取るかは死刑執行前からの焦点だった。執行後も、オウムの後継団体の信者などが遺体や遺骨を利用して「神格化」を図る恐れもあるとして、公安当局などは警戒を強めていた。そうしたなか、執行翌日の7日夕方から8日朝にかけて新聞・テレビ局各社は一斉に《遺体は「四女」に引き渡す方向で検討》と報じた。松本元死刑囚が執行前に、自らの遺体を四女に引き渡したいという意思を示したことが理由だと伝えたのだ。NHKや共同通信をはじめ、このニュースの多くは「関係者への取材」でわかったと報じられていた。在京テレビ局の記者によると、「関係者」とは法務省の幹部だという。松本元死刑囚は元教団...more
カテゴリー:

「時差Biz」で通勤ラッシュは「変わらんぜよ」! ネット民が冷ややかなワケ? - 07月16日(月)10:00 

「東京の朝を、変えるぜよ。」――そもそも東京の話なのに、なぜ土佐弁なのだ?という批判があるなか、深刻な通勤ラッシュを緩和しようと、朝の出勤時間をずらすことを呼びかける「時差Biz(ビズ)」キャンペーンが2018年7月9日から始まった。このキャンペーンは、東京都が企業や自治体などと連携して去年から始めたもので、今年は11日現在、昨年の2倍以上となる782社の企業が参加している。 参加企業は、社員の出勤時間を早朝にずらしたり、在宅勤務を導入したりするほか、鉄道各社も臨時列車を早朝に運行したりして、混雑緩和策に努める。キャンペーンは8月10日まで約1か月間続くが、時差ビズは定着するだろうか。ネットユーザーの声をひろった。 いつもはすいている早朝電車が混んで「はた迷惑」 ネットユーザーはこの「時差Biz」をどう思っているのか――。ネット掲示板をみると、次のような好意的な意見もみられる。 「自分に合った時間で勤務できるのはいいね。それぞれ、バラバラの時間になれば満員電車も減るかもしれない」 「勤務のフレキシブルさを売りにしているベンチャーほどではないが、弊社では流行りの時差Bizライクな制度がある。10時~19時の勤務を9時~18時にスライドした『アーリー勤務』だ。これは、(1)お子さんの迎え(2)ビアガーデンに繰り出す(3)大学に行って勉強(4)友達とスポーツ...... と組織の中でメリ...more
カテゴリー:

香川の主治医、品川児相に連絡=一時保護時、異常を察知-5歳児虐待死 - 07月14日(土)00:26 

 東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(5)が父親から暴行を受けた後に死亡した事件で、香川県の医療機関で結愛ちゃんを診察した主治医が傷の状態から強い危機感を持ち、品川児童相談所(東京)に電話していたことが13日、分かった。 医師や歯科医師らでつくる「日本子ども虐待医学会」がこの主治医から聞き取り調査を行い、同日開いた記者会見で明らかにした。 一家は以前、香川県に住んでおり、結愛ちゃんは児童相談所に2度、一時保護されたことがあった。この際、診察をした主治医は虐待以外では考えにくい命に関わる傷を確認し、香川県の児相のほか、転居後には品川児相にも連絡していたという。 同学会は「(主治医の)発言は的確に受け止められたのだろうか」と疑問視している。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「疑問視」の画像

もっと見る

「疑問視」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる