「田園都市線」とは?

関連ニュース

【鉄道】8月15日 上田電鉄7200系(元東急)が東急電鉄沿線に戻ってくる! 1日だけで見納め? - 08月15日(水)06:39  newsplus

東急電鉄とプロサッカークラブの川崎フロンターレは、2013年から「川崎の車窓から ~東急グループフェスタ~」を開催している。 試合開始前のイベントとして、川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場の場外イベントスペースで実施する。 サッカーと鉄道はどちらも熱いファン層を持つとはいえ、異業種だし関連性は薄いと思われる。 しかし、6年も続いているというから人気の催しといえそうだ。 7月30日、今年のイベント内容が川崎フロンターレの公式サイトで発表された。 開催日はサガン鳥栖戦が行われる8月15日。 メインイベ...
»続きを読む
カテゴリー:

東急、「転落検知支援システム」を田園都市線鷺沼駅で運用開始 転落を自動検知し事故を未然防止 - 08月14日(火)10:07 

東京急行電鉄は、パナソニックと連携し、画像解析による「転落検知支援システム」を田園都市線鷺沼駅上りホームで運用を、8月8日より開始した。 このシステムは、パナソニックが所有する画像解析技術を鉄道環境に応用し、既設の構内カメラの映像をリアルタイムに解析するもので、ホーム上から転落した人物や、転落に繋がる可能性のある人物などを自動的に検知し、駅務室などの遠隔地に設置された専用の監視端末に検知映像を表示するとともに、パトライトからアラームを発報し、係員へ通知する。従来の転落報知器と違い、何を検知して発報したかを画像で確認できるため、事故の可能性を見取って、早期に対処することができる。 鷺沼駅では、2017年11月から実証実験を実施し、様々な状況下で落下物を適切に検知できたことから、正式運用を開始した。運用時間帯は午後9時から終電まで運用を行う。同社は、鷺沼駅での運用状況を踏まえ、他駅への展開などを検討する。 ⇒詳細はこちら 投稿 東急、「転落検知支援システム」を田園都市線鷺沼駅で運用開始 転落を自動検知し事故を未然防止 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

東急電鉄、駅構内カメラを活用した「転落検知支援システム」 - 08月09日(木)09:13 

東急電鉄は、駅構内カメラを活用し、ホームから線路へ転落する人物などを自動的に検知して通知するシステムを構築し、8月8日から田園都市線鷺沼駅上りホームでの運用を開始したと発表した。
カテゴリー:

【サッカー】「川崎の車窓から」再び!上田電鉄7200系が3日がかりで等々力にやって来る - 08月14日(火)17:18  mnewsplus

等々力に再び電車車両がやってくる!数々のユニーク企画開催で有名な川崎Fは15日、ホームの等々力陸上競技場に鳥栖を迎え撃つ。 ピッチ上では、今夏にAマドリードから電撃加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(34)率いる鳥栖との大激戦が予想される中、 今回もピッチ外で来場者を存分に楽しめる企画が満載。 その目玉となるのが、13年以来5年ぶりとなる電車車両の展示だ。 イベント名はズバリ『2018川崎の車窓から~東急グループフェスタ~』。その名の通り、東京急行電鉄株式会社をはじめとする東急...
»続きを読む
カテゴリー:

東急電鉄「転落検知支援システム」鷺沼駅3・4番線ホームで運用開始 - 08月10日(金)06:09 

東京急行電鉄はこのほど、ホームから線路へ転落する人などを駅構内カメラの映像から自動的に検知して通知する「転落検知支援システム」を構築し、8月8日から田園都市線鷺沼駅上り3・4番線ホームで運用を開始したと発表した。
カテゴリー:

「田園都市線」の画像

もっと見る

「田園都市線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる