「田原俊彦」とは?

関連ニュース

【芸能】トシちゃん、事務所独立の退職金は「えっ!こんだけ?」 - 07月13日(金)22:18  mnewsplus

タレントの田原俊彦(57)が13日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、事務所を独立した理由と退職金を明かした。 1994年に15年間所属したジャニーズ事務所を退職した田原は「ある程度いったら卒業させてあげたりとか、違うチャレンジをしたいと思ったら背中を押してあげるのもね… だって下から若い子たちが育ってくるから」と退職の理由を明かし、「僕は卒業したいんだけどと話して…結果論的には、やめた方が良かったのか、やめない方が良かったのか分からないですけど、 自分を信じてこ...
»続きを読む
カテゴリー:

綾瀬はるか、デビュー当時の苦悩を振り返る! - 07月06日(金)19:00 

7月7日(土)朝7時30分から放送の「サワコの朝」(TBS系)に綾瀬はるかが登場する。 【写真を見る】これまでに数多くの好感度ランキングで1位をとっている綾瀬はるか/(C)MBS 今や国民的女優として活躍する綾瀬の、ブレイクのきっかけとなった「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年、TBS系)から、7月10日(火)スタートの新ドラマ「義母と娘のブルース」(毎週火夜10:00-11:07、TBS系)まで、出演作品を辿りながら綾瀬の素顔に迫る。 また、広島県出身の綾瀬は子供のころのエピソードも告白。川遊びが好きで、自転車ごと溝に落ちてしまうなど、活発だったという。やがて、15歳の時に友達に誘われて応募したホリプロタレントスカウトキャラバンで、応募総数4万人超えの中から審査員特別賞を受賞し、その後16歳で上京。しかし、ここまでの道のりは長かったという綾瀬はデビュー当時の苦悩を告白する。 さらに、綾瀬は「記憶の中で今もきらめく1曲」に中島みゆきの「ファイト!」をあげ、曲にまつわるエピソードも明かす。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・「義母と娘のブルース」、綾瀬はるかが土下座の最中にうたた寝!? ・「義母と娘のブルース」で、MISIA×GReeeeN 初コラボ楽曲を! ・田原俊彦、“たのきんトリオ”時代の思い出を振り返る! ・大泉洋、自分の面白さを自覚? 「これだけ面白いですからね」
カテゴリー:

【テレビ】 話題沸騰『テレ東音楽祭』は何が凄かったのか? 視聴率8.8%を獲得 - 06月29日(金)12:09  mnewsplus

後藤真希などが集結したモーニング娘。OG、今年限りでのグループ脱退とジャニーズ事務所退社を発表した渋谷すばるの所属する関ジャニ∞がヒットメドレーを披露し、TRFやT-BOLAN、AKB48、乃木坂46、倖田來未など豪華アーティストが出演した6月27日放送の『テレ東音楽祭』(テレビ東京系)は視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を獲得。 昨年の8.4%(ともに19時以降)を上回り、ほぼ同時間帯のTBS『新どうぶつ奇想天外』3時間スペシャルの7.3%、『林修のニッポンドリル』4時間スペシャルの8.5%も上回る数字を残した。...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】田原俊彦、今のアイドルを心配「24時間緊張して」 - 06月23日(土)18:50  mnewsplus

 歌手田原俊彦(57)が23日、都内で、74枚目のシングル「Escort to my world」の発売記念ライブと会見を行った。  来年、デビュー40周年を迎える田原は「僕の世界にいらっしゃいという曲になっています。盛り上がりソングというかパーティーソング的な曲。40周年に向けて勢いをつけるダンスダンスという感じでファンと一緒に暴れて踊れる曲」とPRした。  歌って踊れる曲だが田原は「僕は歌に専念します」。取材陣からダンスはダンサーに任せるのかと問われると「そうですね」と取材陣の笑いを誘っ...
»続きを読む
カテゴリー:

93歳の料理家・辰巳芳子が登場! 忙しい主婦がおいしい生活を送る秘訣とは? - 07月13日(金)20:00 

7月14日(土)朝7時30分から放送の「サワコの朝」(TBS系)に、辰巳芳子がゲストとして登場する。 【写真を見る】スタジオでは、しいたけスープの飲み比べ!/(C)MBS 93歳の料理家として活躍する辰巳が、料理家の道を進んだのは40歳を過ぎてからのことだという。脳血栓で倒れた父親のため、口当たりがよく栄養が豊富にとれるスープに着目したことがきっかけとなったと明かす。自宅で始めたスープ教室は、22年が経った今も全国からファンが訪れるほどの人気で、阿川佐和子も辰巳のレシピに親しみがあったと告白。スタジオでは、辰巳と阿川2人の“しいたけスープ”を飲み比べも行う。 また、20代で結核を患い、15年間の療養生活を送りながら“食べることで命が刷新されていく”という理念にたどり着いたという辰巳。忙しい主婦でも“おいしい生活”を送れるようになる、生活の知恵を披露する。 さらに「記憶の中で今もきらめく1曲」には、「グレゴリオ聖歌」をあげ、幼いころから毎週日曜日に通っていた教会で歌った思い出を振り返る。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・綾瀬はるか、デビュー当時の苦悩を振り返る! ・田原俊彦、“たのきんトリオ”時代の思い出を振り返る! ・大泉洋、愛娘とのほのぼのエピソード「それでもいいから一緒にいたい」 ・大泉洋、自分の面白さを自覚? 「これだけ面白いですからね」
カテゴリー:

ザ・ベストテン サザン、五木ひろし、田原俊彦だけが持つ記録 - 07月05日(木)21:52 

今年デビュー40周年のサザンオールスターズ、39年目の田原俊彦、古希を迎えた五木ひろしだけが達成した『ザ・ベストテン』における大記録とは――。   29年半もの間“木曜夜9時”枠に君臨した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系。番組タイトルは時期によって異なる)が3月に終了し、1つの時代の移り変わりを実感させた。   それ以前の同時間帯は『ザ・ベストテン』(TBS系)の独壇場だった。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で『ザ・ベストテン』について取材し、歌手の“年別ランキング数”を出すなど詳細に分析した岡野誠氏が語る。   「『ザ・ベストテン』は78年の開始から久米宏が司会を降板する85年まで、年によって回数は異なれど、毎年視聴率30%を記録していました。その後、全盛期と比べれば数字が下がったとはいえ、リモコンが急速に普及していく中でも、相変わらずの高視聴率番組でした。88年10月に『とんねるずのみなさんのおかげです』が始まると、1ケタにまで落ち込み、翌年終了に追い込まれましたが、80年代という時代を彩る名番組でした」   『ザ・ベストテン』はランキングに嘘をつかないことで人気番組となった。逆に言えば、ベテラン、若手という芸能界の序列を取っ払い、世代交代を明確にした。『ザ・ベスト...more
カテゴリー:

カラオケで歌うと“おっさん認定”される曲が判明 - 06月23日(土)19:45  news

 次からはいよいよTOP5を発表していきたい。 ◆5位…『チェッカーズ』(36人)  前述したように藤井フミヤが同率14位にランクインしているが、その彼がメインヴォーカルを張っていたチェッカーズ(1983年デビュー)が5位。 「『ギザギザハートの子守唄』や『涙のリクエスト』といった大ヒット曲を持つチェッカーズは、今のアラフィフの青春を象徴するようなバンド。 ですから、カラオケでついつい青春時代を思い出して熱唱したい気持ちもわかりますが、20代女性からすれば“おっさんの青春”に興味が沸かない のは言わずもがなで...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】田原俊彦告白「干されたのは俺に力がなかったから」 - 06月23日(土)15:27  mnewsplus

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806230000235.html 2018年6月23日9時4分  歌手田原俊彦(57)が23日、TBS系トーク番組「サワコの朝」(土曜午前7時30分)の中で、「僕はビッグ」発言をきっかけにして仕事が激減した時期について赤裸々に明かした。  問題の発言は、結婚翌年の94年に行った長女誕生発表会見の席上で口にした。結婚や長女誕生について「何ごとも隠密にやりたかったけど、僕ぐらいビッグになっちゃうと、そうはいきません」と語った。「僕はビッグ」発言としてマスコミに取り上げら...
»続きを読む
カテゴリー:

「田原俊彦」の画像

もっと見る

「田原俊彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる