「田中裕子」とは?

関連ニュース

家族の崩壊と再生描いた『ひとよ』が公開に。白石和彌監督と佐藤健さんが込めた思い - 11月13日(水)16:49 

白石和彌監督と佐藤健さんが初めてタッグを組んだ映画『ひとよ』が11月8日、劇場公開を迎えた。桑原裕子が作・演出を手がけた舞台を原作に、子どもたちを暴力から守るために夫を殺してしまった母が、15年ぶりに子どもたちと再会する物語を描いた。一度崩壊してしまった家族は、どう繋がりを取り戻し、再生していくのか――。『日本で一番悪い奴ら』や『凪待ち』など、社会の片隅に生きる人たちの“疑似家族的”な関係を描いてきた白石監督だが、本作では「血の繋がった家族」に焦点が当てられた。 白石監督と佐藤さんに、初タッグを組んだ感想や、この作品が問いかける家族のあり方について、考えを聞いた。 <あらすじ>物語は、夫を殺害した母親・こはる(田中裕子さん)が、出頭から15年後に3人の子どもたちと再会するところから始まる。家族は自営業でタクシー会社を運営しており、夫は子どもたちに日常的に暴力を振るっていた。こはるは子どもたちの将来を思って夫を手にかけたが、父親から解放されたからと言って、彼らの人生が順風満帆に進んでいるわけではない。主人公・次男の雄二(佐藤健)は兄妹からは距離を置き、しがない風俗ライターとして働いている。吃音を抱えている長男の大樹(鈴木亮平)は夫婦関係に思い悩み、長女の園子(松岡茉優)は美容師の夢を諦めてスナックの従業員として地に足がつかない生活を送る。&...more
カテゴリー:

【 鈴木亮平「田中裕子さんに抱きしめられ甦った.. - 11月11日(月)06:03 

【 鈴木亮平「田中裕子さんに抱きしめられ甦った母の安心感」】 理屈じゃない、本能的に惹かれる匂い。もちろん自分の母親の匂いとは違いますが、田中さんに抱きしめられたときに母親のことを思い出しました。 #鈴木亮平 #ひとよ #映画 #女性自身[@jisinjp]
カテゴリー:

=西村雄一郎のシネマトーク=(1759) 「ひとよ」 どこか危なっかしい家族 - 11月08日(金)11:00 

毒気があって、今一番面白いのは、白石和彌の映画である。「凶悪」(2013年)にしろ、「孤狼の血」(18年)にしろ、彼が描くのは、どこか危なっかしい家族ばかりだ。その白石監督が、またしても危なっかしい家族を描いた。「ひとよ」である。 父親からDVを受けていた三きょうだいを守るために、母親(田中裕子)はその父親を殺す。たった一夜(ひとよ)の出来事によって、家族の人生は劇的に変わる。15年後、その母は出所してきた。成長した三きょうだいは、それぞれの立場で、母と向かい合うことになる。
カテゴリー:

映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優 相性バ.. - 11月12日(火)07:03 

映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優 相性バッチリだった三兄妹 #白石和彌 #佐藤健 #鈴木亮平 #松岡茉優 #田中裕子 #映画 #インタビュー @ryoheiheisuzuki @hiratahirata14
カテゴリー:

血がつながっていると、甘えてしまう──家族はなぜ壊れてしまうのか、どう直るのか - 11月09日(土)10:41 

白石和彌監督がメガホンをとった『ひとよ』は、15年前に母が父を殺したシーンから始まる。残された3兄弟と母はどうやって家族を再生させるのか。佐藤健 、鈴木亮平 、松岡茉優、田中裕子ら俳優たちが演じる世界とは。View Entire Post ›
カテゴリー:

注目映画紹介:「ひとよ」家族のやっかいさ痛感させる佐藤健主演作 兄妹… - 11月07日(木)20:10 

 俳優の佐藤健さんが主演し、鈴木亮平さん、松岡茉優さんがその兄妹に扮(ふん)した映画「ひとよ」(白石和彌監督)が、11月8日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。田中裕子さん演…
カテゴリー:

「田中裕子」の画像

もっと見る

「田中裕子」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる