「田中芳樹」とは?

関連ニュース

小早川俊輔が舞台「銀河英雄伝説」自由惑星同盟のヤン役に - 06月22日(金)20:20 

舞台「銀河英雄伝説」の新シリーズ「銀河英雄伝説 Die Neue These」の自由惑星同盟のヤン・ウェンリー役に、ミュージカル「テニスの王子様」でも活躍する小早川俊輔が決定。ほか全キャストの情報も解禁された。 【写真を見る】3月には舞台「白痴」で初主演。7月にはミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズン出演が控える小早川俊輔 すでに発表されていたラインハルト役の永田聖一朗ら銀河帝国のキャスト陣に続いて、自由惑星同盟の顔ぶれが公開。 アレックス・キャゼルヌ役を米原幸佑、ダスティ・アッテンボロー役を伊勢大貴、ユリアン・ミンツ役を小西成弥、ジャン・ロベール・ラップ役を碕理人、ジェシカ・エドワーズ役を汐月しゅうが演じる。 この新キャスト情報とともに、ヤンとユリアンによる第2弾ビジュアルも公開された。 田中芳樹の小説を原作に、宇宙空間に進出した人類が銀河帝国と自由惑星同盟の2国に分かれて150年に及ぶ戦いを繰り広げている、数千年後の未来の物語。 そこに現れた二人の天才、銀河帝国の"常勝の天才"ラインハルトと、自由惑星同盟の"不敗の魔術師"ヤンの激闘が描かれる。 舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」は10月25日(金)〜28日(日)に東京・Zeppダイバーシティ東京にて上演。チケットは6月26日(火)よりオフィシャル先行販売がスタートす...more
カテゴリー:

ハードな描写がかっこいい!戦記漫画ランキング - 06月22日(金)11:30 

実際の歴史や伝承、あるいはSF作品など細かなカテゴリに富んだジャンル「戦記物」。日本では平家物語などが有名で、著名作家によってリメイクされた作品がいくつもありますね。 作中では国家を揺るがすものから一兵卒が英雄になるまでの物語などスケールもさまざまですが、緻密な人間関係や大勢が関わる出来事などに妙なリアリティーがあり、好みのジャンルの一つとしている人も多いかと思います。 そこで今回は「かっこいい戦記漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。 漫画界で一番かっこいい戦記物とは、一体どの作品だったのでしょうか? 1位 キングダム 1位 アルスラーン戦記 3位 銀河英雄伝説 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『キングダム』! 古代中華戦国大河作品、『キングダム』が堂々の1位に輝きました。 今年で連載12周年の長期連載戦記物で、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、既刊累計2,200万部を超えた戦記漫画の代表作とも言える本作。アニメ化やゲーム化もされている他、度々TVで紹介・特集されたりと漫画を読まない人でも知っている方が多いですね。 紀元前の中国を舞台とした古代中華の動乱期を舞台に、身寄りがなく奴隷のような毎日を過ごす信と漂が大臣の目に留まり、さまざまな思惑や戦火の渦巻く大舞台へと投げ出される事となります。 同率1位は『アルスラーン戦記』! 王位争奪継承戦、...more
カテゴリー:

料理漫画史上最高傑作は「食戟のソーマ」 - 05月28日(月)21:55  news

コミックナタリーより、5月7日~5月13日までの週間単行本売り上げランキングをお知らせいたします。 TSUTAYA調べ 1位「アルスラーン戦記(9)」 荒川弘/田中芳樹(講談社) 2位「亜人(12)」 桜井画門(講談社) 3位「MFゴースト(2)」 しげの秀一(講談社) 4位「ちはやふる(38)」 末次由紀(講談社) 5位「食戟のソーマ(29)」 附田祐斗/佐伯俊(集英社) 6位「弱虫ペダル(56)」 渡辺航(秋田書店) 7位「ブラッククローバー(16)」 田畠裕基(集英社) 8位「よつばと!(14)」 あずまきよひこ(KADOKAWA) 9位...
»続きを読む
カテゴリー:

【舞台】<銀河英雄伝説>舞台版のヤンは小早川俊輔 同盟軍のキャスト発表 - 06月22日(金)14:56  mnewsplus

 田中芳樹さんの人気小説「銀河英雄伝説」の新舞台シリーズ「銀河英雄伝説 Die Neue These」で、ミュージカル「テニスの王子様」の宍戸亮役などで知られる 俳優の小早川俊輔さんが、自由惑星同盟軍のヤン・ウェンリーを演じることが22日、分かった。また、舞台の第2弾ビジュアルも公開された。  小早川さんのほか、同盟軍のキャストが一挙に発表された。アレックス・キャゼルヌ役で米原幸佑さん、ダスティ・アッテンボロー役で伊勢大貴さん、 ユリアン・ミンツ役で小西成弥さん、ジャン・ロベール・ラップ役で碕理人さん、ジェシカ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】『二度目の人生を異世界で』だけではない。ネット小説登竜門サイトに見られるネトウヨ的傾向 - 06月09日(土)06:33  newsplus

2018.6.8 10月にアニメ化が決定していた人気ライトノベル『二度目の人生を異世界で』が、放送中止になった。原因は、原作者まいん氏のTwitterでの中国・韓国へのかなり直接的なヘイトスピーチ。過去のツイートだけではなく、本作の主人公の設定で、日中戦争時における残虐行為を想起させる部分などがあったことも炎上を呼ぶ結果となった。  これを契機に、作品の政治性を問われ炎上し、声優の降板のアナウンスに続いて、アニメも放送中止になった。  原作者まいん氏は、この件を受け不適切な表現があったと謝罪、原作小説について...
»続きを読む
カテゴリー:

「田中芳樹」の画像

もっと見る

「田中芳樹」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる