「田中将大投手」とは?

関連ニュース

田中が練習再開=米大リーグ・ヤンキース - 06月16日(土)10:58 

 両太もも裏の張りで故障者リストに入っているヤンキースの田中将大投手が15日、軽めのキャッチボールを行った。13日に耳の感染症による体調不良で試合前に帰宅し、翌日は自宅療養していた。 ロスチャイルド投手コーチは「2日練習を休んだことが(太ももの)回復の助けになったかもしれない。できるだけ早い復帰を望んでいるが、急がせるつもりはない」と慎重な姿勢を示した。 [時事通信社]
カテゴリー:

生まれたときから下り坂…今年30歳を迎える’88世代の特徴 - 06月11日(月)08:54 

 「30歳まで新卒」という採用方針を掲げる大手企業が増えるなど、労働力不足に苦しむ日本において30歳の人材活用は急務と言えるだろう。とはいえ、最後の昭和生まれのゆとり世代は複雑怪奇。日本の未来に必要な彼らと向き合うべく、その生態を徹底調査した! ◆デフレ社会にジャストフィットした超現実主義者[’88世代]とは?  今年30歳を迎える’88世代。彼らは’91年のバブル崩壊直前に生まれ、激動の時代に育ったと言える。リクルートワークス研究所主幹研究員の豊田義博氏は「この世代から仕事への意識に明確な違いが出てきました」と前置きし、こう解説する。 「物心ついたときから経済は下向きで、’90年代末期に生まれた『格差社会』などの言葉のなかで育った。さらに’08年のリーマン・ショック後の超就職氷河期に就活し、新卒入社直前の’11年春に東日本大震災を経験した世代です。社会不安が常につきまとった彼らは“失敗したくない”という意識が強く、リスク回避志向が高い現実主義者が多いのが特徴です」  しかし、超就職氷河期で就活に失敗。今回SPA!が実施した30歳300人アンケートによれば、実に48%の人が転職を経験している。  そして、’88世代の別の特徴として芸能やスポーツの分野で活躍している人が多いという点があげられる。奇跡の世代と呼ばれ、MLBの田中将大投手などが存在。ゆえに彼らは、階層や能力次第...more
カテゴリー:

【野球】張本勲氏 大谷故障に心配顔 「走り込んでないから。投手は足で投げる」と持論も - 06月10日(日)10:23  mnewsplus

 野球評論家の張本勲氏(77)が10日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演し、右肘の内側側副じん帯の損傷で自身初となる10日間の故障者リスト(DL)に入ったエンゼルスの大谷翔平投手(23)について言及した。  右肘の内側側副じん帯の損傷に「これメス入れたら1年半くらいかかりますよ」と手術した場合、長期離脱となる可能性があると指摘。打者としての影響も大きいとし、「左打者は右手が中心にならないとダメなんです。右肘ダメだと打者としても影響ある。投手としては生命にかかわる。心配だね...
»続きを読む
カテゴリー:

【MLB】田中将大が両太もも裏の軽い挫傷でDL入り 交流戦の走塁でバランス崩す - 06月10日(日)07:17  mnewsplus

 ヤンキースの田中将大投手が9日(日本時間10日)、両太もも裏の軽い挫傷により10日間の故障リスト(DL)入りした。球団が発表した。  田中は8日(同9日)に敵地メッツ戦で先発マウンドに上がった。DH制が採用されない交流戦のために自ら打席に立つと、1点を負う6回表1死から敵失策で出塁。 その後、三塁まで進んでからジャッジの犠飛で生還した際、バランスを崩す場面があり、6回裏のマウンドには上がらなかった。初回に先頭打者本塁打を浴びたものの、 5回を投げて1安打1失点と好投していたが、無念の降板となっていた。  田...
»続きを読む
カテゴリー:

【MLB】大谷選手、肘の損傷は中程度 戦線離脱の二刀流 - 06月09日(土)17:53  mnewsplus

【ミネアポリス共同】米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑む大谷翔平選手(23)が戦列を離れる原因になった右肘の内側側副靱帯の損傷は、 3段階のうち中程度の「グレード2」だったと8日、球団が明らかにした。断裂して機能していない最重度の3と、違和感を覚える1の中間で、 部分断裂するなどしていても機能している状態を示す。  2014年に大谷選手と同様、自身から採取した血小板を使って組織の修復や再生を図る「PRP注射」による治療を受けているヤンキースの田中将大投手は、 投球練習再開まで1カ月以上、公式戦復帰...
»続きを読む
カテゴリー:

【野球】大谷、命運握る「PRP注射」 岡島秀樹「ムチャクチャ痛くて、立てないぐらい」 スプリットよりスライダーの方が肘に負担 - 06月12日(火)17:16  mnewsplus

6/12(火) 16:56配信  エンゼルス・大谷翔平投手(23)に下された「右肘の内側側副靱帯の損傷」の診断は、全米および日本列島に衝撃を与えた。7日(同8日)に「PRP注射」と呼ばれる治療を受けており、3週間後の再検査で今後の方針を決めるが、復帰まで1年以上かかるとされる靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を余儀なくされる可能性もある。かつてレッドソックスなどで活躍し「PRP注射」の体験者である岡島秀樹氏(42)が、その実態と効果を明かし、故障の要因を分析した。  大谷が命運を託した「PRP注射」は...
»続きを読む
カテゴリー:

ヤンキース田中が故障者リスト入り 試合中の走塁で太もも裏に張り - 06月10日(日)11:42 

◆ 交流戦のため打席に入り攻撃参加  ヤンキースは現地時間9日(日本時間10日)、田中将大投手が両太もも裏の張りのため、10日間の故障者リスト(DL)に入ったと発表した。  田中は8日(同…
カテゴリー:

ヤンキースの田中がDL入り=両太もも裏の張りで-米大リーグ - 06月10日(日)08:12 

 【ニューヨーク時事】米大リーグのヤンキースは9日、両太もも裏を痛めた田中将大投手を10日間の故障者リスト(DL)に入れた。田中は8日のメッツ戦に先発し、走塁の際に太ももに張りが出たため降板。9日に精密検査を行い、DL入りが決まった。復帰時期は未定で、田中は「状態を見ながらではあるが、一日でも早く戻れるようにやっていきたい」と話した。 田中がDL入りするのは右肩を痛めた昨年8月以来。今季は13試合に先発して7勝2敗、防御率4.58。ブーン監督は「重症ではないと思う」とし、オールスター戦(7月17日)前には復帰できるとの見通しを示した。 今季は日本人の先発投手に故障者が続出しており、エンゼルスの大谷翔平投手は右肘の靱帯(じんたい)を痛めて8日にDL入り。カブスのダルビッシュ有投手、ドジャースの前田健太投手もDLに入っている。 [時事通信社]
カテゴリー:

「今年最もひどいニュース」=大谷故障に米メディア-米大リーグ - 06月09日(土)20:43 

 【ミネアポリス時事】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が右肘靱帯(じんたい)の損傷で故障者リスト(DL)入りしたことに米メディアも8日に即座に反応し、スポーツイラストレーテッド誌(電子版)は「今年最もひどいニュース」と伝えた。本拠地アナハイムの地元紙オレンジカウンティ・レジスター(電子版)は、大谷を「2カ月にわたってベーブ・ルースのように卓越した活躍をした」とつづり、「代わりが(投手と指名打者の)二つのポジションで必要になる」。「二刀流」として活躍してきた大谷の離脱で、エンゼルスが苦境に立たされたことを報じた。 スポーツ専門局ESPN(電子版)は、靱帯損傷について詳報。手術を受けない治療法でヤンキースの田中将大投手やエンゼルスの同僚ギャレット・リチャーズ投手が戦列に復帰したことを紹介。USAトゥデー(電子版)は「大谷のけがはエンゼルスだけではなく、大リーグ全体にとっても痛手だ」と伝えた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【野球】<大谷、マー君…故障>アクシデント相次ぎ ネット「ダブルショック!」「平野がいる」 - 06月09日(土)11:32  mnewsplus

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が右肘じん帯を痛めたため故障者リスト(DL)入りし、さらに、ヤンキースの田中将大投手(29)が両太腿裏の張りを訴えてこの日先発したメッツ戦で5回降板。日本人メジャーリーガーの故障やアクシデントの報が続いたことで、インターネット上では残念がる声が相次いだ。 【写真】この時に…6回、犠飛で三塁から生還するヤンキース・田中  大谷のDL入りに、ネットでは早朝から「毎日の楽しみがなくなってしまった」「心配でたまらない」「無理せずしっかり治して」「試合に出ないのはさみし...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「田中将大投手」の画像

もっと見る

「田中将大投手」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる