「田中みな実」とは?

関連ニュース

テレ朝局内でも評価上々…ふたりの有望新人アナを待つ期待と不安 - 06月24日(日)06:00 

今月5日に「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION」の記者会見に出演し、マスコミの前に登場したテレビ朝日の新人、住田紗里アナと並木万里菜アナのふたり。 ともに同局らしい正統派美人だが、キャラが立っているのは並木アナだ。学生時代に「ミス成蹊2015」に輝いた美貌の持ち主でありながら、浅草で人力車を引くバイトをしていたのだという。 「バイタリティあふれるタイプで、『早く担当番組を持ちたい!』というアピールがスゴい(笑)。さまぁ~ずの大ファンで、いつか共演することが夢みたいです。バラエティ番組を中心に活躍してくれるはず」(同局の若手局員) 一方の住田アナは、スラッとしたモデル体形の知性派。 「良くも悪くも生まじめな性格。研修中も先輩からアドバイスされたことを一言一句漏らさずにメモを取っていたほど。本人は報道を志望しているようです」(前出・局員) 担当番組としては、『報道ステーション』が有力候補だというが、一部では反対する声も…。 「あの番組は担当アナを囲い込む傾向にあり、他番組にほとんど出られなくなる。うまくハマれば、気象キャスターからスポーツ担当、サブMCとステップアップできるのですが、そうじゃないと飼い殺され...more
カテゴリー:

人生は動いたもの勝ち。女優・小島聖のヒストリー #Lifeview - 06月21日(木)19:10 

半蔵門のとある一角。都会の喧騒から少し離れて、木々に囲まれたビルの一室に彼女はいた。「いつかこんな女性になってみたい」と思えるほどの、美しくてやわらかな空気感を纏った人だった。 小島聖さん、42歳。子役時代から演技の世界を生き、映画やドラマなどに多数出演。現在は舞台にも活躍の場を広げるなど、実力派の女優として知られている。 しかし彼女には女優以外に、もうひとつの顔があった。 自然の中を歩くと、自分に戻れる 「登山に目覚めたきっかけは、30歳のときにふと思い立ってネパールでトレッキングをしたら楽しかったから。もうちょっと自然の中を歩いてみたいな、と思ったんです」 そのルーツは数十年前にさかのぼる。家族でキャンプに行ったり、小さな山に登ったりしていた幼少期。ご両親が名づけた“聖”という名前は、南アルプスの聖岳から由来しているらしい。彼女に自然のよさを教えてくれたお父様は、今はもうお亡くなりになっているが、それでも「自然について思いを巡らせると、父の存在は欠かせない」と語っている。 「私にとって自然の中を歩くことは、自分を解放すること。もやもやしていたことの辻褄が合って思考が定まったり、ごはんをおいしく食べられる時間でもあります。ひとことでは言い表せないですね」 自分を解放すること。簡単なようで難しいこの行為が、自然の中ならば思いきりできるという。それだけ解放されたくなる瞬...more
カテゴリー:

【ラジオ】田中みな実、初購入CDは「反町隆史のPOISON」 - 06月20日(水)05:04  mnewsplus

2018/06/19 15:30 Written by Narinari.com編集部 田中みな実、初購入CDは「反町隆史のPOISON」 フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、6月12日に放送されたラジオ番組「ドランクドラゴン鈴木拓宅」(TBSラジオ)に出演。初めて買ったCDは反町隆史の「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」だと告白した。 田中は音楽にそれほど詳しくなく、最近の楽曲はあまり知らないそうで、好きなアーティストも高校生の頃から変わっていないとコメント。Skoop On Somebodyの「Still」や財津和夫の「サボテンの花」をリクエス...
»続きを読む
カテゴリー:

田中みな実、“週刊誌に敵意”宇垣アナに助言 - 06月19日(火)15:12 

フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、6月12日に放送されたラジオ番組「ドランクドラゴン鈴木拓宅」(TBSラジオ)に出演。宇垣美里アナ(27歳)に「週刊誌は味方だから、私たちの」とアドバイスを送る一幕があった。
カテゴリー:

女子アナに暗黙のルールが? 日テレ・水卜アナは「お付き合いしていれば自分から言います」 - 06月16日(土)11:00 

『週刊プレイボーイ』の人気連載「女子アナジャーナル」が厳選する、今週の「NGワード」イッちゃった! ヤッちゃった! 女子アナたちのアブなすぎるドッキリ発言を紹介する中で、一番ドキドキさせられたのは…? ■「(乳首が)見えちゃうんで…!」田中みな実(FREE)『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、大御所カメラマンとの撮影について言及。その際、「『ブラの肩ひもをひとつ下げてみようか』『じゃあ、両方下げてみようか』って言われて。最終的にニプレスを外すように言われて、『(乳首が)見えちゃうので』と抵抗したんですが…」と仰天告白! ■「そんなの関係ねぇ!…やだぁ(照)」加藤綾子(FREE)『有田Pおもてなす』(NHK)にゲスト出演し、トークの流れで、なぜか彼女が小島よしおのギャグに挑戦することに。「そんなの関係ねえ!」とやったところまではよかったが、よほど恥ずかしかったのか、「やだぁ」と照れ笑い ■「『今彼氏いる?』って聞いちゃいけない気がして…」滝 菜月(NIHON TV)『全国好きな嫌いなアナウンサー大賞』に出演した際、アナウンス部内での悩みを告白。それは、「普段、同僚アナと食事をするときにも、『今彼氏いる?』って聞いちゃいけない気がして…。暗黙のルールみたいな感じがある」という...more
カテゴリー:

結婚式前の山崎アナが動揺しまくりの日々? - 06月23日(土)11:00 

『週刊プレイボーイ』の人気連載「女子アナジャーナル」が厳選する、今週の「NGワード」イッちゃった! ヤッちゃった! 女子アナたちのアブなすぎるドッキリ発言を紹介する中で、一番ドキドキさせられたのは…? ■「(整形の)ビフォーアフターっていう感じじゃないですよね?」 大橋未歩(FREE)『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、横澤夏子が「大橋さんの近くには整形している人はいないんですか?」と質問。まずは自身の潔白を証明するため、彼女は高校時代の写真を公開し、「(整形の)ビフォーアフターっていう感じじゃないですよね?」と胸を張ったのだった… ■「セクシー食い?」 福田典子(TV TOKYO)『モヤモヤさまぁ~ず2』で、太腿が際どいほど露(あらわ)になるスリットの深いチャイナドレスを着た彼女。これにはさまぁ~ずのふたりも大喜びで、いろんなポージングをさせることに。その中のひとつに「セクシー食いをして」という注文があり、彼女は困惑顔で挑戦。確かにかなりセクシーだった! ■「まるで裸で立っているみたい(照)」 山崎夕貴(FUJI TV)『さんまのお笑い向上委員会』で、山崎アナとおばたのお兄さんの結婚式を放送することに。その前段階としてウエディングドレス選びをしたのだが、マーメイドライ...more
カテゴリー:

世紀の悪女を徹底解説!エリザベートとマタ・ハリ、波乱の人生に迫る - 06月20日(水)17:50 

6月20日(水)にバカリズムと西銘駿が司会を務める『悪女伝説 「皇妃 エリザベート/女スパイ マタ・ハリ」』(夜9:00-10:30、NHK BSプレミアム)が放送される。 【写真を見る】橋本マナミらが悪女たちの驚きの事実にびっくり!/(C)NHK 同番組は、世界に名をはせた悪女たちの素顔に迫る歴史エンターテインメント。 今回はオーストリア=ハンガリー帝国の皇妃・エリザベートとフランス政府の要人から軍事機密を盗んだとされる女スパイ・マタ・ハリを特集する。 エリザベートとマタ・ハリはその生涯がミュージカル化されるほど、波乱の人生を送ってきた“悪女”。 番組では、生涯ウエスト50センチを維持し続けたというエリザベートの驚異の美容法やマタ・ハリが売れっ子ダンサーへと上り詰めた手口を紹介する。 さらにコメンテーターとして「テルマエ・ロマエ」(エンターブレイン)の作者・ヤマザキマリとミュージカル「マタ・ハリ」の演出を務めた石丸さち子が出演、“悪女”たちを解説する。 スタジオゲストは加賀まりこ、ブルゾンちえみ、大久保佳代子、橋本マナミ、菊地亜美、田中みな実。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・橋本マナミ、後輩グラドルの恋愛話に大喜び「禁断~」 ・橋本マナミ「半蔵門のホテル」での出来事を追及されて赤面 ・“新旧24時間ランナー”がクイズ対決!? みやぞんとブルゾンが一騎打ち! ・吉沢亮が“年下...more
カテゴリー:

田中みな実、初購入CDは「反町隆史のPOISON」 - 06月19日(火)15:30 

フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、6月12日に放送されたラジオ番組「ドランクドラゴン鈴木拓宅」(TBSラジオ)に出演。初めて買ったCDは反町隆史の「POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」だと告白した。
カテゴリー:

風紀が乱れたキラキラ系会社の謎ルール。恋愛回数制限って何? - 06月16日(土)15:47 

 長年、会社に勤めていれば「普通でしょ」と思っている会社の決まりも、外から見たら「おかしい!」なんてこともあるかもしれません。  キラキラ企業に勤務し「感覚が麻痺しているかもしれない」と頭を抱えるユリさん(仮名・26歳)に話を聞いてきました。 ◆顔採用説も浮上するキラキラ会社  ユリさんは某コンサル系の会社に勤務しています。 「スタートアップに近い形態でとにかく勢いがある会社です。私自身も将来性とやりがいを感じて、入社しました」  ユリさんはキラキラした瞳で語ります。 「実際に、会社の売り上げも右肩上がりです。自由な社風なのでやりたい仕事があれば自分で手を上げて社内で事業を立ち上げることもできます。私も一つ新規事業を立ち上げたことがありますよ」  話を聞いている限り、やりがいにあふれるステキな会社のようです。 「いわゆるキラキラ系企業ですね。『社長は顔で採用しているんじゃないか』という書き込みを就職掲示板で見たこともあります」  なるほど、たしかにユリさんも田中みな実アナウンサーに似た美人です。 「女性はノリがよく、しっかり主張をする人が多いです。男性はイケメンというか、盛り上げ上手でチャラめの人が多いですね」 ◆乱れに乱れる社内風紀 「ノリのよさとチャラさのせいなのか、とにかく社内恋愛が多いんです。社内旅行やイベントも多いからくっつきやすいのかもしれません...more
カテゴリー:

プレッシャーなんて、どうでもいい。水川あさみ34歳のラフ思考 #Lifeview - 06月15日(金)17:10 

私にとって、働き続けることは武装だ。年齢を重ねるごとに責任やプレッシャーがどんどん乗っかって、何をするにも身軽ではなくなる。だから、いつしか年を取ることが億劫になった。何十年も働いているわけじゃないのに「こんなんで私、大丈夫?」ってときどき不安にもなる。 適当に働いて、適当に遊んで。本心をぶっちゃければ、仕事のレベルなんて一生上がらなくていい。だって、どうせ大変になるだけでしょ? そんな風に斜に構えてしまう自分がいた。水川あさみというひとりの女性に出会う前までは。 きっかけは「テレビの中のあの子になりたい」 「小さいころ、『家なき子』がとにかく流行っていたんです。放送の翌日に学校へ行くと、みんなその話で盛り上がってた。私も同じようにドラマを観て、『画面の中で怒ったり泣いたり、笑ったりしているあの子になりたい』と口にしたのがはじまりでした。でも、それを女優だとかお芝居だとかって概念では捉えていなかったんです。なんのことかさっぱり、という感じ」 それは、水川さんが小学生のころに受けた衝撃。同世代の女の子がテレビの中で喜怒哀楽を表現する姿に、彼女はわけもわからず夢中になったと言う。それから13歳でデビューするまでの気持ちを聞けば、「何もわかってなかったかな」と無邪気に微笑んだ。 「学校が終わって、オーディションを受けて、次の日また学校に向かって。それの繰り返し。部活みたいな感覚...more
カテゴリー:

もっと見る

「田中みな実」の画像

もっと見る

「田中みな実」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる