「生瀬勝久」とは?

関連ニュース

千鳥、劇場版『ヒロアカ』本人役で参戦も… 3分で収録終了「少ねぇ!」 - 07月13日(金)10:00 

 お笑いコンビ・千鳥が、堀越耕平氏の人気漫画を基にした人気アニメシリーズ初の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』(8月3日公開)に声の出演をしていることが明らかになった。本人役として登場するが、たった3分で収録が終了。ノブは思わず「少ねえ! もっとせりふくれえ!」と訴え、大悟は「ヒットするでしょうから、第2弾、第3弾とかそうなってきたら(せりふを)増やしていただいて」と早くも続編を期待した。 【劇中カット】アニメキャラになってもクセがすごい千鳥  原作は、総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持って生まれる世界を舞台に、“無個性”で生まれた主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、憧れのオールマイトに見出され、一人前のヒーローを目指して成長する姿を描く。劇場版はテレビアニメ第2期の「期末試験編」と第3期「林間合宿編」の間に起こった出来事“空白の夏”の一端を題材にしたオリジナルストーリーが展開し、志田未来と生瀬勝久がゲスト声優を務める。  千鳥は“個性応援ヒーロー”というかたちで『ヒロアカ』を盛り上げている。作品にちなみ、どのような個性がほしいか聞かれたノブは「アフレコという仕事をいただいたのに、喉がめちゃくちゃ弱いので、“強い喉・鋼の声帯”がほしい」と回答。大悟は「すべった瞬間に“ポンっ”と顔がサツマイモとかになれば」...more
カテゴリー:

鈴木福、大人の仲間入り!? 上田晋也にさん付けで呼ばれ、視聴者「違和感」 - 07月10日(火)09:30 

 7月4日に放送された『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)に鈴木福(14)が出演。愛称“福くん”で知られる鈴木が、司会であるくりぃむしちゅーの上田晋也(48)から“鈴木さん”と呼ばれていて、「違和感ある」とツッコミの声が続出している。  この日の鈴木は、有田哲平(47)率いる「有田ナイン」チームとして登場。相手チームの生瀬勝久(57)率いる「生瀬ナイン」とクイズバトルを行うことに。  鈴木は“100人アンケート”という、100人に質問したアンケート結果で作られたビンゴ形式のクイズに挑戦。最初は寿司屋100人に聞いた「夏に食べるべき寿司ネタ」という問題が出題され、鈴木に回答権が回ってきた。上田は「どうだろう。中学生、まだお寿司のネタとか分からないか」と心配するが、鈴木は「でも、お寿司屋さんには行きます。回転ずしとか」と不安はなさそう。すると上田は「では、“鈴木さん”お答えください!」と“福くん”とは呼ばずに回答を促した。  次に鈴木が挑戦したのは、漢字1文字のヒントで答える“クロスワードクイズ”。鈴木は出された「星」という文字から答えを出そうとするも、なかなか思いつかない。刻一刻と時間が迫ってくるなか、上田が「鈴木さん、残り5秒」と再び“さん付け”で鈴木を呼んでいた。  “鈴木さん”と呼ばれていたことに、視聴者もとまどったようで「なんで福くんじゃないんだよ」...more
カテゴリー:

ヒロアカ劇場版、LAで世界最速上映!デクの物語は海を越える! - 07月10日(火)05:00 

2014年7月より週刊少年ジャンプにて連載され、“友情・努力・勝利”をド直球に描くジャンプ新世代の王道漫画「僕のヒーローアカデミア」。総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持って生まれる世界で、悪事を働く敵“ヴィラン”から、人々と社会を守る職業“ヒーロー”に憧れる主人公・緑谷出久(デク)。これは、何の超常能力も持たない“無個性”として生まれた彼が、最高のヒーローになるまでを描いた物語だ。 【写真を見る】世界各国で公開決定!アメリカ版のポスターは必見/[c]2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 [c]堀越耕平/集英社 この度、そんな“ヒロアカ”初の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』(8月3日公開)が、現地時間の7月5日(木)にアメリカのロサンゼルスで開催された北米最大のアニメコンベンション「Anime Expo 2018」でワールドプレミアを迎えた。 会場には、デクの声優を務めた山下大輝、劇場版のゲスト声優、志田未来と生瀬勝久の3名が日本から駆けつけ、アメリカ版でデクの声優を務めたジャスティン・ブライナー、あらゆる物体を自らの体内から創造できる“個性”を持つ八百万百の声優、兼ディレクターのコリーン・クリンケンビアードらと共に舞台挨拶に登壇。日米の声優陣が夢の共演を果たした。 会場には本作のコスプレをした熱狂...more
カテゴリー:

劇場版『ヒロアカ』LAで世界最速上映 107の国と地域での公開も決定 - 07月10日(火)05:00 

 劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』が、米・ロサンゼルスで開催された北米最大のアニメコンベンション「Anime Expo 2018」で、ワールドプレミアを実施した。併せて、本作がフランスやイギリス、韓国、香港、オーストラリア、ブラジル、南アフリカなど107の国と地域で配給が決定したことも発表された。【写真】『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~』ワールドプレミアフォトギャラリー』 本作は、シリーズ累計発行部数1500万部を突破する堀越耕平の原作を基にした人気アニメのシリーズ初となる劇場版。 日本での公開に先駆け世界最速で本作の上映が行われたワールドプレミアには、主人公デク役の声優を務めている山下大輝、今回の劇場版ゲスト声優の志田未来、生瀬勝久の3名が日本から駆けつけ、アメリカ版のデク役の声優を務めているジャスティン・ブライナー、八百万役の声優兼ディレクターのコリーン・クリンケンビアードと共に舞台挨拶に登壇。 会場には『ヒロアカ』の様々なキャラクターのコスプレをした現地のファンが、収容人数の限界である3400名集結。上映会のために5時間以上並んだ観客や、満員により会場に入れなかったファンも続出する熱狂ぶりを見せた。上映が始まると、おなじみのキャラクターが登場する度に大歓声が沸き、クライマックスのバトルシーンでは涙を流すファンも見受け...more
カテゴリー:

明石家さんまが「人間だと思うと腹が立つけど、賢いゴリラだと思えば素晴らしい」と悟り 何をやってもダメなアホと言われた、あの男の成功物語! - 07月09日(月)15:00 

昨年、一度は完成しながらも諸般の都合で再撮影、配信が延期されていたNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』が、ついに完成。いよいよ7月20日(金)から全世界190ヵ国に配信される。明石家さんまが初めてプロデュースした連続ドラマである本作。主人公はタイトルの通り、あのジミー大西だ。物語はいじめられっ子だった子ども時代から始まり、教師の口利きでなんとか舞台の裏方として吉本興業に入社するも失敗を繰り返す日々が描かれている。さんまとの出会い、先輩たちに揉まれる中で芸人、そして画家として成長していく"ジミーちゃん"。嘘のようで本当だという数々のエピソードは必見だ。主役のジミーを演じるのは、人懐っこい笑顔ととぼけた表情の演技が本人を思わせる中尾明慶。ジミーに鋭いツッコミを浴びせながら優しく見守るさんま役は玉山鉄二が演じる。他にも佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久ら豪華な実力派俳優が揃った。配信が間近に迫る中、モデルとなったジミー大西はこのドラマをどう感じているのか? 本人に突撃インタビューを敢行!企画・プロデュース:明石家さんまーさんまさんからこの企画について初めて聞いた時は、どう思われたんですか?ジミー 僕の話をドラマ化するぞと言われただけでね。ほら、さんまさんが毎年やっているコント(舞台作品「明石家さんまプロデュース 今回もコントだけ」)に出さしてもらってるやないで...more
カテゴリー:

千鳥、劇場版「ヒロアカ」に本人役で声優出演 3分で収録終わったノブ「少ねえ!」 - 07月13日(金)10:00 

 人気お笑いコンビ「千鳥」の大悟とノブが、劇場版アニメ「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)」に声優として参加していることがわかった。本人役で声を吹き込んだが、アフレコは3分で終わったため、ノブは「少ねえ! もっとセリフくれえ!」と悲痛に叫んだ。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の、堀越耕平氏による人気漫画が原作。人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界を舞台に、何の個性も持たずに生まれた少年・緑谷出久(通称:デク)が、ナンバーワンヒーローのオールマイトに素質を見出され、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学して一人前のヒーローを目指して成長していく姿を描いている。劇場版はテレビアニメ第2期の「期末試験編」と、第3期「林間合宿編」の間に起こった出来事“空白の夏”の一端を題材にしたオリジナルストーリーを紡いだ。  千鳥出演発表にあわせて、インタビュー動画(https://youtu.be/TmSUsEp2k5I)もお披露目。「どのような個性が欲しい?」という質問には、ノブは「アフレコという仕事をいただいたのに、喉がめちゃくちゃ弱いので、“強い喉”“鋼の声帯”が欲しい」と明かし、大悟は「すべった瞬間に、ポンッと顔がサツマイモとかになれば」と独特のボケをかます。また劇中で、原作・...more
カテゴリー:

志田未来と生瀬勝久、大谷VSマエケン観戦に大興奮 - 07月10日(火)07:37 

 志田未来(25)と生瀬勝久(57)が、ロサンゼルスでこのほど開催された「アニメエキスポ2018」に参加し、ゲスト声優を務めるアニメ映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~」(8月3日公開)のワールドプレミアを行…
カテゴリー:

映画『ヒロアカ』ロサンゼルスで世界最速上映 日米の声優陣が共演 - 07月10日(火)05:00 

 堀越耕平氏の人気漫画を基にした人気アニメシリーズ初の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英(ヒーロー)~』(8月3日公開)が、米・ロサンゼルスで開催された北米最大のアニメコンベンション『Anime Expo 2018』で現地時間5日、ワールドプレミアを実施した。世界最速で上映され、主人公・デク役の声優を務めている山下大輝、劇場版ゲスト声優の志田未来、生瀬勝久の3名が日本から駆けつけ、アメリカ版のデク役の声優を務めているジャスティン・ブライナー、八百万役の声優兼ディレクターのコリーン・クリンケンビアードと共に舞台あいさつに登壇し、日米声優陣の共演が実現した。 【動画】主題歌は菅田将暉 映画『ヒロアカ』予告編  会場には、『ヒロアカ』のさまざまなキャラクターのコスプレをした熱狂的な現地のファン3400人が集結。この上映会のために5時間以上並んだ観客や、満員により会場に入れなかったファンも多数存在した。上映後のパネルディスカッションでは、まず山下が「ヒロアカをもっと盛り上げていきましょう!」と英語で呼びかけ、志田も英語で「私も皆さんと同じアニメファンです」、最後に生瀬が「I am Shohei Ohtani」とあいさつして場内は爆笑に包まれた。  日米キャストが「ヒロアカ」の魅力などを大いに語り、山下は「このクライマックスはこの劇場版でしかきっと成しえない...more
カテゴリー:

劇場版「ヒロアカ」LAで世界最速上映!ファン3400人が熱狂的歓声「PLUS ULTRA!」 - 07月10日(火)05:00 

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画を初めて劇場版アニメ化した「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)」のワールドプレミアが7月5日(現地時間)、米ロサンゼルスで開催されたアニメコンベンション「Anime Expo 2018」で世界最速上映された。舞台挨拶には主人公・デク役の声優を務める山下大輝をはじめ、ゲスト声優の志田未来&生瀬勝久が登壇。会場には熱狂的なファン約3400人(収容人数の限界)が結集し、作中で繰り返される校訓「PLUS ULTRA!(更に向こうへ)」を大合唱した。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界を舞台に、何の個性も持たずに生まれた少年・緑谷出久(通称:デク)が、ナンバーワンヒーローのオールマイトに素質を見出され、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学して一人前のヒーローを目指して成長していく姿を描く。劇場版はテレビアニメ第2期の「期末試験編」と、第3期「林間合宿編」の間に起こった出来事“空白の夏”の一端を題材にしたオリジナルストーリーを紡ぐ。  会場には思い思いのコスプレ衣装に身を包んだファンが大挙して押し寄せており、なかにはこの上映会のため5時間以上並んだ強者の姿も。上映が始まるや客席の熱気は最高潮に達し、クライマックスのバトルシーンでは涙...more
カテゴリー:

「生瀬勝久」の画像

もっと見る

「生瀬勝久」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる